ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2013年9月 パワーチャージの旅 in 済州 2泊3日 ≫ 済州島~Black Food Villageクメスプ(夢の森)よく混ぜないで食べるカラフルピビンバプ♪

済州島~Black Food Villageクメスプ(夢の森)よく混ぜないで食べるカラフルピビンバプ♪

パワーチャージの旅 in 済州 2泊3日の旅の2日目の昼食です。
ふ~っやっと旅行記も中盤、折り返しです。どうしよう~記事は今週締切だわ・・・。



細いあぜ道をバスが走り到着したのは、クメスプ(夢の森)。
バスの中で「ここ通るのですか?」と、思わずガイドさんに聞いてしまいましたね。
まさにこれは夢の森の店?童話の中に出てくる一軒家のような、素敵なお店。

個人旅行で、たまたまみつけることは難しい~でしょうね。ここの店は。
連れて来ていただいて、本当にありがとう~です。
場所は私、説明出来ませんが、茶喜然からバスで5分も走らなかったような。茶喜然の近くです。

P1000980.jpg

事前に受け取った予定には、2日目昼食「ブラックフード」と書いてあり、
私の頭は真っ黒でしたが、並べられた料理の色合いが鮮やかなこと。

料理を見て先ず「わぁ~キレイ」と、またまた思わず口にしました。
旅の2日目は思わずの連続。想定外の体験と料理にテンション上がりっぱなしです。

P1000984.jpg

色合いが美しい上に、このパンチャン、サービスのおかずの美味しいこと。旨いこと。
どれもこれも、素材の旨さを引き出した上品なお味です。
ソウルの安食堂の味も好きですが、それには相反する味。思わず唸ってしまいました。

P1000982.jpg

オーナーさまの畑で取れた丹精込めた野菜を、丁寧に料理したピビンバプ。
7000ウォンだそうです。やっぱり夢?何だか申し訳ない気持ちになります。

心を込めて作っていただいた料理。感謝してありがたく、いただかせていただきました。

P1000988.jpg

黒米を混ぜて炊いたごはんを、パカっと野菜が並んだ丼にあと乗せ~。

P1000989.jpg

サックリと混ぜるだけ。美味しいピビンバプは、これで十分です。

P1000992.jpg

少し味を見て、好みでコチュジャンを少し。
ラーメンと同じです。スープの味を少し味わってから胡椒を振る。
美味しいピビンパは、くれぐれもコチュジャンを入れすぎないように。

P1000993.jpg

コチュジャンを入れてからも、けして混ぜすぎないように。
この程度の混ぜ方で、十分私は、美味しくいただけました~。

韓国留学時代、オルネリョ!さんと親しくしていただいていたスニム(僧侶)は、
ピビンパプをさっくりと箸で混ぜて食べていました。箸?最初私は不思議に思いました。
スニムは、スッカラ(スプーン)ではなくチョッカラ(箸)で混ぜる方が、美味しいと。

私たち日本人の多くは、石焼ピビンバから韓国の混ぜるごはんに入門したせいか、
混ぜ過ぎるほど混ぜて、なかには餅になるまでグルグルと練り上げて、
さらに石で焦がしてパリッパリで食べる習慣が身についてしまったようです。

韓国では石で焼くスタイルより、焼かない混ぜるだけのピビンパプが主流ですね。

安食堂のピビンバプは、混ぜて混ぜて混ぜ込んで食べたが美味しい~ように感じますが、
丁寧に作られたピビンバは、さっくりと米が立つくらい混ぜて食べたが、
野菜の味、米の味が、それぞれ引き立って、美味しい~ように私は感じます。

まっこれは好みですから・・・好きなようにして食べるが1番です。

P1000996.jpg

赤くないトッポキは昔のスタイルで、宮中トッポッキ9000ウォン。

女学生が好む屋台のおやつ、コチュジャンベースの辛い辛いトッポキとは違います。
こちらの店は、醤油ベースで味付けされた大人の味の餅料理になっていました。
おかずとして食べるには宮中トッポキが、美味しい。

ところで、黒米で作った黒い餅は初めて見ました。

P1000770.jpg

夢の森は・・・Black Food Village.

友野さん、私は分かりましたよ~。昼食はブラックフードの意味。
ここ夢の森のキーワードはブラックだったんですね。
黒豆に黒米そして赤くない醤油味の黒餅のトッポキ。

なるほど~オーナーのこだわりは、ブラックフードにありましたか~。

P1000998.jpg

黒豚サムパプ、흑돼지제육쌈밥(フクテジチェユクサムパプ)11000ウォン
海鮮鍋、해물뚝배기(ヘムルットゥッペギ)8000ウォン
石焼ビビンパプ、돌솥비빔밥(トルソッビビムパプ)8000ウォン
野菜ビビンパプ、산채비빔밥(サンチェビビムパプ)7000ウォン
純豆腐鍋、순두부뚝배기(スンドゥブットゥッペギ)7000ウォン
キムチのチヂミ、김치전(キムチジョン)7000ウォン
葛【クズ】で作った冷麺、칡냉면(チンネンミョン)7000ウォン
宮中トッポッキ(2人前)、궁중떡볶이(クンジュントッポッキ)9000ウォン

※ピビンパブかピビンパか表記は迷うところですが、この記事はピビンパプに。

メニューは料理だけご紹介しますが、お茶の種類も豊富でカフェとしてもこの店はいいかも。
そしてお酒の種類も魅力的なラインナップでした。夢の森、何回も足を運びたいお店です。

P1000774_20131005075403b62.jpg

店の隅には楽器もありました。

P1000777_201310050754112ff.jpg

興に乗ればピアノを弾いて、オルガンも弾いて、ギターも奏でて・・・

聞けば店主は、ソウルからここ済州島にやってきて、
畑に食堂、そしてペンション経営まで手がける・・・方とか・・・。
夢の森は、夢ではなく、夢が実現した森ということでしょうか。

P1010009.jpg

裏庭も素敵です。

P1010003.jpg

済州島のムグンファ(むくげ)は、9月始めが満開なんですね。この店も満開でした。

P1010007.jpg

店舗の裏のおすまい。ここに住んでいらっしゃるようです。
美味しい料理と素敵なお店、オーナーさまはどんな方でしょうか?

P1000781.jpg

日焼けした素顔が素敵です。お料理そのままのお人柄にお見受けしました。
野菜たっぷりのカラフルピビンバプ、たいへん美味しゅう~ございました。


クメスプ(夢の森:꿈의숲)

済州市朝天邑善屹里2072(제주시 조천읍 선흘리2072)

TEL 064-782-9181

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

クリックよろしくお願いします^^

Baidu IME_2013-9-10_12-21-45
supported by 韓国観光公社&済州特別自治道


関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL