ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2013年9月 パワーチャージの旅 in 済州 2泊3日 ≫ 済州島~心が奪われた私~優秀観光事業体「済州民俗村博物館」 前編

済州島~心が奪われた私~優秀観光事業体「済州民俗村博物館」 前編

旅の最終日は、中文リゾート地にある済州新羅ホテルを東に向けて出発。
済州島の南から東、そして空港がある北へと一周道路(1132)を、ぐる~っと半周。

パワーチャージの旅 in 済州 2泊3日の最終日は、島の東部見学がメインです。



表善面にある「済州民俗村博物館」に到着で~す。

「民俗村」が行程表にあるのを見て、私が最初の済州島の旅で訪れた「城邑民俗村」を、
懐かしく思い出しましたが、今回は済州特別自治道指定の優秀観光事業体の、
「済州民俗村博物館」を訪ねます。「城邑民俗村」も悪くはなかったけどなあ~。
某有名掲示板では、何か評判悪いんですよね。

私たちも何も知らずに訪ね、まんまと物売り小屋に閉じ込められると、ボランティアガイドが豹変。
押し売りが始まり・・・あの薄暗い草家の中で、私は震え上がりましたね。セールスが終わり、
「これを買わないと、ここから出られませんか」と、オルネリョ!さんが悲壮な顔をして、
韓国語でつぶやくと、仁王立ちのボランティアガイドは、何も言わず獲物を放してくれました。

そこから一目散で逃げました。そして大笑い。「城邑民俗村」も悪くはないです。スリリングで。

P1000984_20131014094458280.jpg

旅の3日目は朝からお天気が良く、この通り済州島の空がとても青かったですね。
島のトップガイド「私は(ギャラが)高い」と自負するガイドさん。キム・アミさんと一緒に、
「済州民俗村博物館」を見学します。
ボランティアガイドが居る「城邑民俗村」と、お間違えなく~~~。

P1000993_20131014094324912.jpg

ここ「済州民俗村博物館」では、19世紀の済州島の歴史、民俗を知ることが出来ます。

島の山村、漁村を再現した約100軒の昔の家屋や、約8000余りの民俗資料の展示、
工芸品作りの見学と体験など、済州島の昔を見て楽しんで体験出来る公園です。

P1010016.jpg

まだ午前中の早い時間でしたが、9月とはいえ真夏のような日差し。
しかしガイドさんは、3日間通して、ず~~~~っと熱心でした。
我々ブロガーに、済州島の魅力を熱く熱く語り通しで、すっかり私は済州島のファンに!

また済州島を訪れたいと、帰国してオルネリョ!さんに熱く語りますが、
イマイチ分かってくれません。観光はやっぱりガイドさんの印象も大切ですね。ホント。

P1010014.jpg

島の昔の生活道具、水汲み用の壺「ムルホボク」を背負っているのは、
旅ガールblogの石井サユリちゃん。江戸っ子のサユリちゃんですが、違和感のない可愛さ!

P1010015.jpg

知らない者同士が集まったブロガー招待の旅ですが、
3日目となると、どこかの社員旅行か慰安旅行といった雰囲気に。

P1010011_20131014094731e7d.jpg

初日、下加里の石垣の村でも、もうたっぷり説明がありましたが、
な・ぜ・かここでも、トットンシの説明に力が入るガイドさん。好きなのかも。

P1010012.jpg

私は熱意の折れてハイハイ写真を撮りました。済州島の昔の厠です。

P1010025.jpg

こうなったら、もうノロノリで、先ほど登場したサユリちゃんがまたもやモデルに。

P1010024.jpg

う~~~んノリが良い♪やっぱりこれは慰安旅行の雰囲気になってきました。

P1010030.jpg

ガイドさんの案内は続きますが、私は可愛い仔牛に心が奪われてしまい・・・。

P1010038.jpg

私は子供の頃から授業中に、よそ見ばかりして先生に注意される注意散漫な児童でした。

P1010044.jpg

へぇ~これが牛小屋。私の関心事は、仔牛と牛小屋に。

P1010041.jpg

トウモロコシ、これが飾りかと思ったら・・・

P1010042.jpg

ホンモノ。いい感じで乾燥しています。

P1010046.jpg

中を見ると、本当にここは牛小屋。私は団体から遅れてしまい・・・。

P1010060.jpg

皆んなに追いつかないと!とは思いましたが、今度はオンドリに心が奪われ・・・

P1010061.jpg

待って待って~オンドリちゃん。足取りが可愛くてオンドリを追い回す私。

P1010062_20131014100002fca.jpg

子供の頃、チャボを飼っていた私。卵を抱えると、いつヒナが生まれるか、
楽しみで楽しみで時間さえあれば、チャボ小屋の前に座っていました。

P1010069.jpg

チャボは警戒心も強いですが好奇心も強く、人の様子をうかがっては寄ってきたり離れたり。
追い回すのを止めたら、物陰から飛び出して来て、この軽快なステップで私の前を素通りするオンドリ♪

P1010070.jpg

このオンドリちゃんも、私に興味はあるけど、つれない態度。ツンデレオンドリだ~。

P1010050.jpg

鶏を追い回していると妙なモノに出くわし・・・ここで説明を見ると・・・

P1010053.jpg

「チョムハン」雨水を受け止めて、飲料水として貯めておく壺らしい~。
今は韓国№1の集荷量を誇るミネラルウォーター三多水が有名ですが、
昔々は済州島は水が貴重だったみたいです。ふ~んと勉強して、さてと皆に追いつかないと!

P1010087.jpg

ガイドさんは、すでに黒豚の説明は終わったみたい・・・。完全に私は遅れました。

P1010099.jpg

黒豚ちゃんの尻尾がクルンとカールして可愛い~~~。黒豚に心が奪われた・・・。
これまた子供の頃近くに養豚場があって、これまた飽きずに仔豚を眺めていました私。

P1010096.jpg

いや~本当に食べたくなるぐらい可愛い!と見とれていると、先ほどのオンドリちゃん。

P1010095.jpg

黒豚を見ているのか私を追って来たのか・・・いずれにしても仔豚もオンドリも可愛い~。

P1010097.jpg

私は済州民俗村で何をしているのか!?

P1010098_201310141008200a4.jpg

早く皆んなに追いつかないと!!後編へ続きます!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

クリックお願いします^^

Baidu IME_2013-9-10_12-21-45
supported by 韓国観光公社&済州特別自治道


関連記事

Comment

楽しい
サユリさん、いい仕事しています(笑)
そして股間をベストショット!!
ワッタカッタさんの才能に感動しています
いや~、やっぱり面白い!!
さすが文才があり続きが早くみたいです
2013.10.15Tue 12:28 ≫ 編集
Re: 豊年満作 さんへ
豊年満作さんへ
いつも褒めていただいてありがとうございます。
続きですか?登場しますよ^^
楽しみにしていてください!
2013.10.16Wed 04:12 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL