ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP2013年9月 パワーチャージの旅 in 済州 2泊3日 ≫ 済州島~城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)10万年前の海底噴火によってできた巨大岩山に登ってみた♪

済州島~城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)10万年前の海底噴火によってできた巨大岩山に登ってみた♪

空撮した下の一枚の写真。韓国観光公社さんからお借りしました~。

274176_1_3.jpg

巨大な岩山の名前「城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)」は知らなくても、
ガイドブックや旅のパンフレットなどで、この写真は見たことある方も多いのではないでしょうか。

私はハワイのダイヤモンドヘッドに似ているなあ~なんて、最初思いました。
ハワイのダイヤモンドヘッドには、ずいぶん昔に登ったことがありますが、
こちら韓国済州島の城山日出峰は岩山を目の前にしたことはあっても、登るのは今回が初めて!



「城山日出峰」は標高182メートル。なんとこれは5千~10万年前に、突然湧き出た噴火口。

ハワイの「ダイヤモンドヘッド」も済州島の「城山日出峰」も、
マグマの水蒸気爆発で形成された火砕丘で、種類も同じタフコーン。姿が似ているのは当然かも。

済州島が東洋のハワイと言われるのは、ダイヤモンドヘッドに似ている、この岩山が所以?

ところでそろそろ「東洋のハワイ」とか「東洋のナポリ」とか、観光地を呼ぶのは止めにしたいです。
ハワイはハワイ。ナポリはナポリ。そして済州(チェジュ)は済州(チェジュ)でいいではないでしょうか。

登山口から見ると、ゴツゴツとした姿の「城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)」。
北海道有珠郡壮瞥町にある「昭和新山」にも、形が似ているなあ~なんて思ったりもします。

P1010309.jpg

山裾には広大な草原が広がり、観光用の馬がいます。
こちらの緑の風景は、九州阿蘇山の草千里の景色にも似ていますね。

ちなみに熊本阿蘇山の米塚は、種類はスコリア丘で火砕丘。草千里も米塚も火山が作った景色。

阿蘇山には、子供の頃の家族旅行、そして修学旅行、オルネリョ!さんとの初めて九州旅行と、
度々と訪ねた場所。ここ済州島で、九州、熊本の山を懐かしく思い出しました。

P1010307.jpg

パワーチャージの旅 in 済州 2泊3日の旅の最終日、いよいよここがツアーのハイライト。
2007年に世界自然遺産に登録された絶景「城山日出峰」に、我々は登ります。

ゆっくり登っても片道30分。登山道も整備されているからラクラク~なんて、誰が言った!
この日お天気は晴れ。日差しがキツイと普段運動不足の身体には、ちょっと大変かも。

P1010354.jpg

登山道の途中~一軒の売店がありました。登山口で水を買い忘れた方には、
ここで買ってもいいですが、登山道が、ラクラク直線コースと迂回コースとに、
途中で枝分かれしています。こちらは直線コースですから、ご注意を。
(迂回コースに売店があったかどうかは不明なので)

P1010351.jpg

ここの売店でみつけた、済州島らしい~ドリンク。
迷ったら買わない私。やっぱり買えば良かった。今度から迷ったら買うことにしましょう。

P1010321_201310160943497b4.jpg

「城山日出峰」、済州島の最東端に位置するため、ここから昇る初日の出を拝もうと
お正月には多くの登山者が集まる済州島の名所であって、日の出の名所でもあるそうです。

P1010317.jpg

お正月でなくても、ご来光を拝みたいものです。名前の由来は日の出からでしょうか。
「城山日出峰」と書いて「ソンサンイルチュルボン」。一度聞いただけでは覚えられません。

P1010325.jpg

私は「城山の日の出の峰」と頭にインプットして「ソンサンイルチュルボン」と変換しています。
漢字って便利です。

P1010328_201310160950098b6.jpg

私は片道30分で「城山日出峰」の山頂に到着~。登ってみれば確かにラクラクかも。
靴は運動靴の方がベターですが、登山の装備を特にしなくても、軽装で登れました。

P1010349.jpg

ただ水だけは、お忘れなく。登山口の売店に半凍りの水が売っています。

P1010330.jpg

記事の最初の一枚、空撮された写真から考えると、こちらの景色が西方面ですね。

P1010344_20131016095030391.jpg

そしてこちらが東方面とすると、日の出を拝めるのはこちらでしょうか~。
この火口の向こうの海から昇る太陽・・・う~ん今回は想像だけでしたが、
「城山日出峰」からの日の出を、ぜひ見てみたいです。

P1010338_20131016095022cef.jpg

ここ「城山日出峰」は、火山活動で噴出した火砕物(かさいぶつ)によって形成された丘。
一見すると丘に見えますが、私が立ったのは、ぐる~っと積もった火砕物の断崖?

100メートルほどの高さの断崖で取り囲まれた、直径600メートルの火口。
城塞の中を、のぞいているような感じもします。

274176_1_3.jpg

あらためて空撮された写真を見ると、海に浮かぶ、お皿のような岩山です。
皿の渕まで片道30分で登山。自然が作った皿の渕から眺める雄大な景色。

たしかに30分の登山で見られる、火山島~済州島が生み出す絶景でした。

P1010342.jpg

人の目も気にせず、ここでも撮影会。ひらひら~のスカートで登ってきたのね~。

P1010346.jpg

名残惜しいですが、さてと下山しますか。かなり急な傾斜で混み合っています。

ロングスカートはOKですが、ミニスカートはNGかも。
でもしかし、韓国の人も中国の人も開放的~で挑発的~。気にしない気にしないみたい。
気になるのは日本の人だけ?!

P1010350.jpg

済州の守護神トルハルバンに見守られながら、ヨタヨタと下山します。
山でのマナーは、ここにいろいろ書きたいところですが、せっかくの景色だったのでやめました。

P1010355.jpg

私の前を軽快な足取りで歩く友野さん。もうすぐ麓も近いです。

P1010358.jpg

登山で平衡感覚がおかしくなったのかと、思いましたが、強風のため木が斜めに伸びています。
この日はお天気が良かったですが、やはり山ですから、用心に越したことはないでしょう。

P1010361.jpg

そして人目も気にせず、ここでも撮影会。決めてみたいわ、私もあんなポーズ。
観光地の楽しみ方は人それぞれ・・・です。

P1010365.jpg

トルハルバンも、そう言っています。

P1010416.jpg

朝から済州民俗村博物館をたっぷり歩き、城山日出峰も登り、これで午前中の予定は消化。
私はもう燃料切れです。これから昼食。ここでまたパワーチャージしないと・・・。

えっと午後の予定は?歩くの?走るの?飛ぶの?
ここはパワースポットの島かも。皆んな揃って本当に元気でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

クリックお願いします^^

Baidu IME_2013-9-10_12-21-45
supported by 韓国観光公社&済州特別自治道


城山日出峰 (성산일출봉:ソンサンイルチュルボン)」

西帰浦市城山邑城山里114 (제주특별자치도 서귀포시 성산읍 성산리114)

TEL 064-783-0959

関連記事

Comment

登るの大変ね
よく登りましたね。私は大変でした。先がわからないから なんだか 焦ってた感じでしたね。確かに 整備されてましたけど 急に狭かったり 勾配がきつかったりで 疲れましたね。ヤッパリ 9月だったかな?暑かったから 大変でした。頂上には 野うさぎが居たのだけど 会いましたか?
2013.10.17Thu 08:52 ≫ 編集
Re: ちかにゃん!さんへ
ちかにゃん!さんへ
標高が180メートル程度だと、人によって感想はバラバラですね。
普段の運動量がモノを言うと思いますが、ラクだと言う人も居れば、
エライ大変と言う人も居て、どうなんでしょうか。
一度登ると、ペース配分ができるので、ちかにゃん!さん次は、きっとラクラクですよ。
ただ日差しが強くて、私はここで思いっきり日焼けしました。
野うさぎには会いませんでした。ここにうさぎが居るんですか!!ちょっとびっくりです。
2013.10.17Thu 10:00 ≫ 編集
お疲れ様でした
ん~やはり描写が詳しい
何気ない一枚一枚が雰囲気伝わってきます。
それにしても疲れましたよね
迂回路あったんですかね。
自分はなだらかな迂回路目指したかったのですが
分かれ道がわからず、同じ道歩きました。
日頃の運動不足を悔やみました(笑)

2013.10.18Fri 12:40 ≫ 編集
Re: 豊年満作さんへ
豊年満作さんへ
私は下山するとき、もう片方の登山道を下ろうと思っていましたが、
道が分かりませんでした。どこだったんでしょうか^^
運動不足だけではないと思いますよ。
前日にあれだけ飲んで、朝から活動していたから・・・
いやとにかく皆さん元気で・・・。
2013.10.19Sat 08:53 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL