ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2013年9月 パワーチャージの旅 in 済州 2泊3日 ≫ 済州島~同じ日の同じ鍋でも辛さが違う!?ウリボン食堂で海鮮トゥッペギ!&名品ハルラボンアイスクリーム6号店で爽やか柑橘アイスを♪

済州島~同じ日の同じ鍋でも辛さが違う!?ウリボン食堂で海鮮トゥッペギ!&名品ハルラボンアイスクリーム6号店で爽やか柑橘アイスを♪

「パワーチャージの旅 in 済州 2泊3日」の募集の謳い文句に、嘘や偽りはありませんでした。

「大自然あふれる済州で心も身体もパワーチャージ!」と、書いてある通り、
私たちは本当に盛りだくさんのパワーを、済州島からいただきました。



乾杯!

城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)を下山して、登山口の近所で昼食です。
山登りが堪えたのか、グラスを合わせるタイミングとシャッターチャンスがイマイチ合いません。

ここに集まったメンバーですが、前日の夜遅くまで、ホテルでお酒を飲んでいたとは・・・
さっきまで一緒に飲んでいた顔ぶれと夜が明けて、またまた昼間から乾杯!です。

そしてこれが最後の乾杯!

お天気が良くて景色も良くて、昼呑みしたビールが美味しかったこと!しびれる旨さでした。

P1010368.jpg

バスが到着したのは、ウリボン食堂。これが今回のツアー最後の食事となります。

ところで、一汗かいたあとバスに乗り込めば、黙っていても食堂に到着します。
こんなラクな旅をしたのは、もうどれくらいぶり?しかも美味しい店ばかり。ホテルも最高。

オルネリョ!さんと、スッタモンダしながら店を探したり宿を探したりするのも、
楽しいですが、上げ膳据え膳の至れり尽くせりの旅・・・しばらく忘れられないかも・・・。

P1010371.jpg

2日目の昼食は「海鮮トゥッペキ」と、旅の行程表にメニューが書いてあり・・・
鍋か・・・私はバスから降りると、走るように店に入りました。

よもや!

またまた店のおばちゃんが、私たちが乗車したバスが到着するやいなや、
熱々の鍋をテーブルに並べていたら・・・大変!と、私は黒豚のことがあって焦ったわけです。

済州島~何がそんなにブロガーを慌てさせたのか!?
黒豚焼肉の晩餐「30年伝統オソン土俗(トソク)飲食店」で♪
 ←その時の様子。

P1010372.jpg

鍋のグラグラの写真が撮れなくなる!?おばちゃん鍋出すのは、ちょっと待ってね~!
上げ膳据え膳の至れり尽くせりの旅ですが、我々には旅行記を書くという使命があります。

P1010386.jpg

う~ん良かったよ~。大丈夫でした。グラグラと煮えたぎった「海鮮トゥッペキ」。
セーフ!それにしても韓国の食堂って、料理を出すのが早いわ。どんだけせっかちよ。

P1010390.jpg

韓国では「以熱治熱(イヨルチヨル)」と言います。熱をもって熱を制するですね。
暑い日の熱い鍋、最高~。汗も鼻水も止まりません。ワタリガニもエビも旨い!

思いのほか山登りがこたえたのか?ピントが合っていませんが。

P1010392.jpg

カニにエビにムール貝と海鮮の出汁がよく出ていて、私は夢中でいただきました。

そう、少しも辛いとは感じず。あとから他のブロガーさんの、この時の記事を見てびっくり。
えっ!?辛かった!そうか辛かったのか?私の舌は、韓国の辛さに慣れてしまったようです。

他に考えられるのは、韓国の青唐辛子も、日本のししとうと同じで、
特別辛いのが、たま~に混じっていることがありますね。

もしかして、むせるほど辛かった鍋にあたった満作さんの鍋には、
当たり!の青唐辛子が入っていた!?

P1010395.jpg

ガイドさんの口からも「辛い」という言葉は聞かれせんでしたね。
食べ慣れているからかな。
辛さの感じ方は個人差がありますので、辛さばかりは何とも言えませんが・・・。

食事が、もう終わる頃、私たちの食べる様子を見ていた、物静かなドライバーさんが、
もう見ていられない!とばかりに、立ち上がりました。

P1010394.jpg

「海鮮トゥッペキ」は、こうして食べる!と、カニの身をほぐし鍋に入れます。
なるほど~こういう食べ方もあったのか。ほぐした身からも味が出てスープが美味しい。

なるほど~今度は試してみようと私は見ていました。
このドライバーさん、なかなかのこだわり屋さんでした。

P1010374.jpg

ウリボン食堂また来よう~。

P1010375.jpg

갈치조림 カルチジョリム
済州島産太刀魚の辛煮
大50000
中40000
小30000

갈치구이 カルチグイ
済州島産太刀魚焼き 20000

옥돔구이 オクトムグイ
甘鯛焼き

輸入産  15000
済州島産 25000

오분작뚝배기 オブンジャクトゥペギ
トコブシの小鍋
12000

전복뚝배기 チョンボクトゥペギ
国内産アワビの小鍋
15000

해물뚝배기 ヘムルトゥペギ
海鮮の小鍋
10000

오분작뚝배기 オブンジャクトゥペギ
済州島産天然トコブシの小鍋
16000

해물전골 ヘムルジョンゴル
海鮮鍋
大50000
小40000

성게미역국 ソンゲミヨックク
ウニとワカメのスープ
10000

고등어조림 コドゥンオジョリム
サバの辛煮
12000

고등어구이 コドゥンオグイ 
サバ焼き
15000

한치물회 ハンチムルフェ
ヤリイカの冷汁
10000

자리돔물회 チャリドムムルフェ
スズメダイの冷汁
10000

전복물회 チョンボクムルフェ
アワビの冷汁
13000

갈치회덮밥 カルチフェトッパプ
太刀魚の刺身丼
13000

한치회덮밥 ハンチフェトッパプ
ヤリイカの刺身丼
10000

P1010376.jpg

우리쌈세트 ウリサムセット  2人前35000 3人前50000

①갈치조림+우리봉뚝배기+쌈
 太刀魚の辛煮+ウリボン小鍋+包み用野菜

②갈치조림+갈치구이+쌈
太刀魚の辛煮+太刀魚焼き+包み用野菜

③갈치조림+한치물회+쌈
太刀魚の辛煮+ヤリイカの冷汁+包み用野菜

追加時:包み用野菜 3000/ 締めのチャーハン2000

コメ・キムチは国内産使用

P1010388.jpg

パンチャン(サービスの小鉢)もウリボン食堂は申し分無し。本当に美味しかったです。
ジャガイモとトコロテンの酢の物、キムチもだったかな?は、おかわりしました。

さてとお腹もいっぱいと出発の支度をしていたら、アイスクリームを食べに行くとのこと。
デザートについては、行程表にありませんでしたので~サプライズでキャ~嬉しい~♪

P1010412.jpg

ウリボン食堂の斜め道向かいの名品ハルラボンアイスクリーム6号店。

6号店と書いてあるので、これはチェーン店かと思い、早速、店のホームページを調べました。
空港近くや済州市内にも店がみつかればと思ったのですが・・・。

P1010406.jpg

我が家のリサーチャーのオルネリョ!さんが検索しても、ホームページは出てきません。
お~い1号店から5号店はどこに?よく分からない6号店です。

P1010408.jpg

ここも中国人のお客さんが多いのかしら?しかし漢字は便利です。
何となくですが、済州島の原材料にかだわったアイスクリームだと読み取れます。

P1010396.jpg

海の家みたい。カラフルな店にジャージーのおじさん。

P1010398.jpg

おじさんが13人分のアイスクリームを絞り出します。

P1010405.jpg

アイスは2種類。バニラにはナッツが。私はハルラボンをいただきました。
あっさりしているのに、ミルクのコクもあって、これは美味しい~。

P1010418.jpg

済州の名所、城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)登山もしくは見物。
そしてウリボン食堂で舌鼓を打ち、爽やかな柑橘のハルラボンアイスで口直し。

これいいわ。この3点コース推奨します!

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

クリックお願いします^^

Baidu IME_2013-9-10_12-21-45
supported by 韓国観光公社&済州特別自治道


ウリボン食堂(우리봉식당)TEL 064-782-0032
西帰浦市城山邑城山里157-1(제주특별자치도 서귀포시 성산읍 성산리 157-1)

名品ハルラボンアイスクリーム6号店(명품한라봉아이스크림6호점)
ウリボン食堂斜め道向かい






関連記事

Comment

NoTitle
えー!!!!
1 号店〜5号店まであるって完全に信じてたのに!!!
出た出た「韓国マジック♥︎」そうゆう所 好きよ♥︎
2013.10.18Fri 22:37 ≫ 編集
Re: ル〜♪ さんへ
ル〜♪さんへ
そうでしょう~6号店なんて書いてあるから、チェーン展開しているのかと思います。
ここの店も、ウリボン食堂も、韓国のブログにザクザクと紹介されています。
人気みたいです。メニューを見ると昼食だけで立ち寄りには、もったいないような店。
この辺りのゲストハウスに宿泊して、昇る太陽を見て、ここで宴会もいいかな~^^
2013.10.19Sat 09:01 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL