ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP韓国芸能人Xファイル ≫ 「韓国芸能人Xファイル」をおさらいします!その11 ~カップル編~

「韓国芸能人Xファイル」をおさらいします!その11 ~カップル編~

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


※注意書きです。
2005年に流出したこの文書に関する真偽のご判断は、皆様に委ねたいと思います。
日本の方々には、事情が込み入りすぎて、わかりにくい内容や
反社会的な「ウワサ」は割愛いたしました。



㉙2005年の結婚では、多くの男性を敵に回した俳優Y

Baidu IME_2013-12-19_13-31-35moz


○2004年MBCドラマ「愛するつもりだ、사랑을 할꺼야」でちょっと顔が知られた程度だが、
父親が俳優ヨン・ギュジンという2世タレントの看板は大きい
○かなり以前から女優のハン・ガインと交際している
○女性タレントの立場からは、熱愛説が世間に出ることは、芸能活動に多大な影響を与えるので、
否定したり、騒動が早急に収まることを期待するのに、
彼とハン・ガインのケースでは、2人の熱愛騒動を収束させる意志はないようだ
○誠実さもないし、俳優としての自己管理もできていない。そして、根性もない。
俳優の仕事をしておきながら、「オレは事業家になる」と公然と周囲に語っている
○裕福な家庭で育ち、ある程度、年齢を重ねた世代にとっては、父親の後光が感じられる
○父親のおかげで、業界の雰囲気にもよく馴染んで、周囲とはうまくやっている方
○ソン・スンホンの後釜として周囲からは期待されており、
金鍾學(キム・ジョンハク)プロダクション所属として大きな支援を受けている
○主婦からも支持を受けそうな甘く洗練されたマスク。
反抗して離れて行っても、再び戻ってくるような気にさせるので、
安定的で安心できるイメージを大衆に与える
○分別のない子供のように見えるので、男性層からの好感度は低いが、
女性層からの人気は安定的。
しかし、残念ながらスター性はなく、実に平凡で、インパクト不足
○演技力は安定しておらず、一部では演技が貧乏臭いという評価も。
演技の基本は備えているが、優れているとは言えない
○英語力は優れており、アタマは賢い
○来年下半期に軍入隊予定。
映画では「足長おじさん、키다리 아저씨(with ハ・ジウォン)」、
「恋愛術師、연애술사(with パク・チニ)」にキャスティングされている

Baidu IME_2013-12-19_13-17-32moz



㉚デビュー前から大注目。23歳での結婚で多くの男性ファンをどん底へ、女優H

Baidu IME_2013-12-19_13-27-50red

Baidu IME_2013-12-19_13-23-1moz


○2004年KBSドラマ「愛情の条件、애정의 조건」でのキャラクターと好演で注目される
○今後の発展の可能性に関しては概ね、高い評価を受けており、
彼女には多くのCFや作品の企画が舞い込んでいるが、
キム・ヘスと共演した染毛剤のCF選択は大失敗のケース



○所属事務所は移籍する予定で、各社が彼女の争奪戦を繰り広げている
○俳優ヨン・ジョンフンとは、幼い頃から旧知の関係で、公認カップルとして有名
○互いに愛し合っている関係なので、最低でも今後6ヶ月は別れることはないと予想
しかし、来年、彼女が今以上の人気を得たり、ヨン・ジョンフンが兵役に行けば、
別れることになる可能性も。とにかく、今後の行方は彼女次第である
○基本的には賢く、頭は切れる方なので、男性問題や借金問題を起こす可能性は少ない
○芸能人としての欲があまりない
○俳優ヨン・ジョンフンとの恋愛説でCFの提案があまり入ってこないので、
所属事務所はイメージ管理に苦心している
○男性が好む顔で、バストショットは韓国最高水準。
男性が守ってあげたくなる本能を刺激する女優としては、
ソン・ヘギョに次ぐ2番手。
だが、下半身のスタイルは良いとは言えないので、フルショットには耐えられない
○顔のツヤもGOOD、目鼻パッチリと業界でも高評価。
ジョディー・フォスター、シム・ウナに近いスタイル。
芸能人というタンタラ(昔芸能人を卑下した俗語)イメージは全くない
○デビュー前、KBSバラエティー「挑戦!ゴールデンベル、도전! 골든벨」に出演。
ソウルの名門、慶熙大學校ホテル経営学科に首席入学したというもっぱらのウワサ

Baidu IME_2013-12-19_12-29-54

○多様な役柄をこなすことが可能で、善人・悪人すべてうまく演じる。
異国的雰囲気があり、今後の有望株(特にメロ演技で)であることには違いない
○悲恋の女主人公役をもう一度すれば、成功の確率はグンと上がるが、
少しの人気で傲慢な態度に豹変したら、足踏み状態になることもありうる


おまけ

今回の2人に関する、数年前にネットで流れた与太話では・・・

誠実でシッカリしているイメージを持つ女優Hは、実際、男選びが選手級らしい。
結婚前のHは、男がいないと生きられないタイプで、相当の面食いで浮気症。
特に、酒の席では男は必須。一杯飲んだだけで、そのままホテルに直行するので、
マネージャーは頭を抱えている。
一方、彼女の旦那のタレントYもやはり、
デビュー前の明知(ミョンジ)大學校美術学部在学中から
ナンパ師の中のナンパ師との呼び声が高かった。
そんな2人の結婚なので、いつまで続くか全国民が注目。

Baidu IME_2013-12-19_13-15-37


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ご訪問ありがとうございました。
応援クリックもできましたら、
よろしくお願いいたします。
関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL