ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2013年12月 済州の魅力を大満喫! 2泊3日 あったか冬旅行 ≫ アワビ刺し♪アワビ粥♪アワビの石鍋ご飯♪アワビあわび鮑の済州大行進の夜♪ファジンチョンボクにて♪

アワビ刺し♪アワビ粥♪アワビの石鍋ご飯♪アワビあわび鮑の済州大行進の夜♪ファジンチョンボクにて♪

「済州の魅力を大満喫!2泊3日あったか冬旅行」の初日、予定の見学を終え、
懇親会で済州の郷土料理を堪能したブロガー集団は、ホテルへ入りました。

そのラマダプラザ済州ホテルの話は後にして、この夜の二次会の話からご紹介します。

チェックイン後、解散となった団体さん。「お疲れ様でした~」と、分かれましたが、
前回の済州ツアーにもご招待いただいたブロガー4人で、このあとの予定を、
ヒソヒソと打ち合わせしておりましたら、ロビーですからヒソヒソもありませんが、
目敏くマッコリ♡さんが「ご一緒したい」とのことで、二次会には都合5人の参加者に。

まるで就学旅行の夜のようです。消灯後の打ち合わせのようですね。

そこに引率の先生が通りがかり、他でもありませんが、仕事が終わった済州事務所の友野さん。
友野さんには前回もお世話になったので、ここはあ・うんの呼吸?ですが、
思い切って友野さんもお誘いして、夜の町に6人で繰り出すことになりました。

P1010884.jpg

店はアワビ料理専門店です。前回の済州ツアーでは、店の前に立つも、惜しくも時間切れ。
済州の夜は早く、ホテルの前のアワビ料理専門店の一角は10時には、どの店も終了します。

5時過ぎ、龍頭岩に到着した時から私の頭は、6時に懇親会が始まり約2時間としたら、
ホテルには8時半には入れるわ。これは行ける行ける、間に合うと喜んでいたのです。

お目当ての店はあったのですが、済州に精通したベテランガイド、アミさんがいます。
ラマダプラザ済州ホテル前に数軒並ぶ、アワビ専門店の評判を聞き出し、
ふむふむ~あそこは観光客が喜ぶ味、ここは地元の人も昔ながらの味との評判の店と聞き出し、

ここは当~然、昔ながらの済州の味と聞いたファジンチョンボクに決定!です。

P1010885.jpg

国際自由都市を目指す済州島~。看板を見るとここが韓国なのか中国なのか?分からなくなります。

P1010887_2013122203114091e.jpg

こちらからお誘いしたのですが、結局、仕事が終わった友野さんに、あれこれお世話になり恐縮です。

P1010891_20131222031144d73.jpg

軽く一杯飲むだけの予定が、一同メニューに釘付け。そりゃ~そうだ~。
一杯飲んでアワビ粥でしめるには、済州の専門店まで来てもったいなさ過ぎです。
郷土料理とアワビは別腹?6人決めるのが早い!アワビの刺身だ刺身~!と意見が一致。

P1010893.jpg

刺身のあとはお粥もいいけど、トゥッペキも捨てがたい。
こうなったら6人だし、少しずつ分けて食べよう~ということで決まり。話が早かった~。

ところで済州島は、国際自由都市を目指す島。

アワビ粥は「rice porridge with abalone 」
アワビの石窯鍋(トゥッペキ)は「stone pot rice with abalone and nuts」

英語だと、こうのように表記するのか~なんて、変に感心したりもします。
漢字は短く表記出来て便利です。

P1010896.jpg

6人で乾杯!せっかくのリゾートホテルでしたが、ホテルでヌクヌク過ごせない性分!?
seoulmikiさん、豊年満作さんとはこの日、成田空港から数えたら何回目の乾杯でしょう~。

さて誰でしょう~。瓶で乾杯するのは?

P1010894_20131222031716ed0.jpg

・済州市指定模範飲食店、郷土飲食店 ・2002年第一回済州郷土飲食競演大会銀賞受賞
(箸袋の表記)

いやはや朝は早かったですが、済州の遠赤外線効果?マイナスイオン効果?元気です。

P1010901_20131222031724e12.jpg

ベテランガイドのアミさん、済州事務所の友野さんが太鼓判を押す店だけあって、
ここファジンチョンボクのパンチャンも、すごく美味しかったです。

P1010903_20131222031727005.jpg

つまみはもうこれで十分というくらい丁寧な料理。ホバクとセウの炒め物。これは美味しかった。

P1010906_2013122203270020b.jpg

そして登場したアワビの刺身。済州島に来て良かった~。呼んでいただいて感謝です。
段取ったのはワタクシですが、注文かれこれはseoulmikiさんだったのかな~。

seoulmikiさんのブログには、以下のように書かれてありました。へぇ~そうっだのか。
注文のときワタクシ何をしていたのか、まったく知りませんでした。

あわびのお刺身は人数分入ったものを頼みました。
お値段は150,000ウォン (約15,000円/1kg)、100,000ウォン (約10,000円/大)、
70,000ウォン (約7,000円/中) 。6人なので6枚入りの中を注文したと思います。
注文の際はご確認願います。 *1円=10ウォンにて。価格は変更になることがあります。


いつもお世話になっております。そういう事情だったのか・・・。

P1010909_20131222032705e89.jpg

「アワビの大きさが分かるように、持ち上げましょうか~」と言い出すと・・・

P1010912.jpg

ブロガーのため快く応じてくださった友野さん。いやすみませんね。お疲れのところ。

P1010913_20131222032713175.jpg

修学旅行の夜は、こうして更けていくのでありました。

P1010915_201312220327166a4.jpg

おしゃべりに夢中~。食べるのにも飲むのにも夢中~。
そして写真を撮ることも忘れません。いやはや皆さん人気ブロガーですから大忙し。

P1010917.jpg

このプリコリの甘いアワビが一人一個の幸せ~。
欲を言えば、醤油とワサビ、日本から持って来るかマートで買っておくべきだった。

P1010919_20131222033437140.jpg

ビールが空きマッコリ1本も、たちまちカラに。

P1010920_20131222033441c94.jpg

海産物には、やっぱり韓国焼酎~が合う合う。ということでハルラサン焼酎。

P1010923_20131222033445841.jpg

またまた乾杯。そして済州の夜は更けていきます。いい仲間の出会えて幸せ。
済州の神様が引き合わしてくれた、ご縁です。大切にしたいなあ~。

P1010928.jpg

時間を忘れていました。店は10時には閉店です。いや10時に閉めてくれて助かります。
いつまで話が続くかワカリマセンから。初日かた飛ばして明日から大丈夫だろうか~。

6人で分けて食べたアワビ粥。当然、美味しかったです。
前回食べた済州の高級ホテルの味とも、ソウルで食べた有名店の味とも違います。
これが地元で、昔ながらの味と言われるアワビ粥の味なんだな~なんて、しみじみとしました。

P1010932_20131222034202457.jpg

そしてここでもまたまた済州島の忘れられない味に出会ってしまった~!
6人で分けた一つの鍋。アワビの肝の香ばしさ。忘れられません。

アワビの石鍋ご飯(トゥッペキ)です。3日目の昼食でいただいた味とはまったく別物。
店によって、アワビ料理もいろいろ味付けが違いますね~。何度も訪れたくなる済州になりました。

P1010933_201312220342068f0.jpg

石鍋ご飯には、お湯を入れてヌルンジにして最後の一滴まで飲み干します。

P1010936.jpg

いや~大満足でした。6人で割り勘にしたので、驚く程お安く済んだような記憶。

P1010937_20131222034215e1c.jpg

ちょっと軽く飲んでお粥で仕上げる予定でしたが、そうはいきませんでしたね。
長い長い一日でした。お疲れ様でした~!

Baidu IME_2013-12-22_18-46-30
美味しかった店は地図付き!?

화진전복(ファジンチョンボク)
済州市三徒2洞1201(제주특별자치도 제주시 삼도2동 1201)
TEL 064-752-2280

Baidu IME_2013-12-10_5-53-14
supported by 済州特別自治道

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

クリックよろしくお願いします^^


店を10時に出た私たち。このあとはホテルの並びに立つe・martへ。

P1020850_20131222191814473.jpg

e・martは夜11時までの営業。満作さんとル~さん♪が行くというので、
結局ワタクシとseoulmikiさんも、アルコールの勢いで一緒にくっついて行き・・・

P1020851.jpg

行けばハンドクリームが欲しくなり・・・

P1020852.jpg

マグカップを2つ買って・・・

P1020853_20131222191833e95.jpg

よくわかりませんが、私は商品券が当たり・・・

P1020855.jpg

seoulmikiさんから全員、栄養ドリンク「バッカス」をご馳走になりました。
こうして修学旅行の夜は更けていきました。ホテルに戻ったのはこのあとです。



2013年12月~済州の魅力を大満喫! 2泊3日 あったか冬旅行 の始まりはここから
これはJejuの神様からのお誘い?~12月の済州島へ出発しました♪ ←ここをクリック

尚、前回参加した2013年9月の済州島の旅行記~イントロはここから始まります。
パワーチャージの旅 in 済州 2泊3日に参加します ←ここをクリック!

そして本編は、ここから始まります。
ワッタカッタ!さんのBLOG初の試み~supported by
韓国観光公社&済州特別自治道~済州島の旅の報告が始まります♪
 ←ここをクリック!

時間があったらどうぞ~記事には済州島の魅力がたっぷり詰まっています!!


関連記事

Comment

おいしかった~
この記事は番外編で紹介しょうと思ってました
さすが描写が詳しくて忘れていたことを
思い出しました。さすがです
仲良し6人組の誕生です
次はどこに行くのかな~(^-^)

2013.12.23Mon 17:33 ≫ 編集
Re: 豊年満作 さんへ
豊年満作さんへ
偶発的に集まった6人でしたが、誰が欠けても、あの可笑しさはなかったかと。
歳も性別も社会的な立場も違いますが、一点だけ同じなのは、
「韓国に興味がある」ご縁の感謝します^^
2013.12.24Tue 06:46 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL