ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP韓国ドラマ ≫ 韓国で放送開始♪MBCドラマ「ミスコリア、미스코리아」を5倍くらいに楽しむ方法!

韓国で放送開始♪MBCドラマ「ミスコリア、미스코리아」を5倍くらいに楽しむ方法!

TEXT BY オルラッタネリョッタ!



☆2001年ミスコリア1位、キム・ミンギョン(1981年8月10日生、現タレント)の昔のウワサ

Baidu IME_2013-12-23_12-38-2001kim

Baidu IME_2013-12-23_17-39-18
※現在もドラマ等にちょこちょこ出演してます。

少し前、“2001年ミスコリア選抜大会”で1位(眞【チン、진】)に選ばれた
キム・ミンギョン(東國大學校演劇映像学科2年、19歳)の母親が1975年以来、
多数のミスコリア入賞者を輩出した地方都市テグ(大邱)の
ソンジュク美容室(大邱広域市中区公平【コンピョン】洞62‐3)の
院長キム・オクスン(52)氏と判明したことで、様々な憶測を呼び、
インターネット掲示板には、キム・ミンギョンに関する誹謗中傷が
多数書き込まれている。その内容とは…

1.キム・ミンギョンは8億ウォンをかけて、整形手術をした。
2.母親が審査委員に賄賂を渡したおかげで、娘はミスコリア1位に受賞した。
3.キム・ミンギョンは大学に補欠で入学し、男関係が複雑で尻軽女だ。
4.昨年テグの地方予選で落選したので、今年はソウルの予選に参加した。

ソンジュク美容室から輩出されたミスコリア入賞者は…

☆1975年1位(眞【チン、진】)、ソ・ジヘ

Baidu IME_2013-12-23_10-75seo

☆1982年1位(眞【チン、진】)、パク・ソニ

Baidu IME_2013-12-23_11-11-82park

☆1987年1位(眞【チン、진】)、ミスユニバース2位(韓国初)、チャン・ユンジョン

Baidu IME_2013-12-23_11-34-87jang

☆1989年3位(美【ミ、미】)、イ・ユニョン

Baidu IME_2013-12-23_11-48-89lee

Baidu IME_2013-12-23_11-56-27
※ちなみに、この年の2位は、コ・ヒョンジョンでした。

☆1997年3位(美【ミ、미】)、ヨ・ヘジョン

Baidu IME_2013-12-23_12-4-97yeo

☆1999年入選(韓国日報賞)、ソン・ヘイム(ソン・テヨンの実姉)

Baidu IME_2013-12-23_12-16-99son

Baidu IME_2013-12-23_12-14-99han
※ちなみに、この年の2位は、
2000年KBSドラマ「秋の童話、가을동화」に出演したハン・ナナでした。

☆2000年3位(美【ミ、미】)、ミスインターナショナル2位、ソン・テヨン

Baidu IME_2013-12-23_12-27-2000son

Baidu IME_2013-12-23_12-20-2000kim
※ちなみに、この年の1位は、キム・サランでした。(左から2人目)

☆2001年2位(善【ソン、선】)、ソ・ヒョンジン(現MBCアナウンサー)

Baidu IME_2013-12-23_13-48-2001seo


このミスコリアに関する疑惑は当時、かなり長い期間にわたり、収まらなかったようで、
2001年、母親のキム・オクスン氏が雑誌「女性東亜」のインタビューに応じ、
一連の疑惑を否定する発言を載せた記事を見つけました。

Qお嬢さんは、テグの予選に落ちて、翌年ソウル予選に移ったとされていますが…

A.事実でありません。テグの事務局で調べればすぐわかることじゃありませんか。
正直、私は今騒ぎになっている疑惑のようなものが出てくると予想していました。
だからこそ、娘にはソウルから出場するようにしたのです。
出場の準備もウチの美容室では行わず、ソウルの美容室にお任せしました。
娘はテグ予選に出たいといったのですが、私が止めたんです。
ウチの美容室でもテグ予選のために準備している女の子が7人いたんです。
私は、娘が本選で3位までには入ると考えていました。
ですので、娘がテグ予選に出場したら、
私が責任を持って任されている女の子たちが
予選で落選する可能性が高くなるではないですか。
私の大事な生徒さんを一人でも多く、本選に出場させるのが
私の仕事なので、もしも落選させたら、親御さんに対して申し訳なくて。
本当は私、自分の娘のヘアメイクをしたかったんです。だって、自分の娘ですよ。
でも、世間に誤解を与えることはしたくなかったので、我慢したんです。

Q.お嬢さんが、8億ウォンかけて整形したというウワサは?

A.絶対にありません。ただし、目元を二重にする簡単な整形手術だけはしています。
手術は主人がよく知っているテグの小さな病院で行いました。
もし、ミスコリアで入賞するために整形するのであれば、
ソウル・カンナムの整形外科を訪ねていますよ。

Baidu IME_2013-12-23_12-40-2001kim
※キム・ミンギョン、中・高の卒業写真です。

Q.生徒(お客)さんから数千万ウォンという巨額のカネを受け取っているというウワサは?

A.それも事実無根です。昨年、ウチの美容室で輩出した
ミスコリア3位のソン・テヨンに聞いてください。
私、15年前からお客様から一人あたり300万ウォンを受け取っているだけです。
数か月、ウチの美容室でトレーニングを受けていただいておりますが、
適切な料金と考えています。

Q.娘さん、大学は補欠入学だったという点は?

A.娘はもともと演劇映像学科を志望してはいませんでした。
名門・延世大学を2度落ちた父親の無念を晴らすために、
娘は小さいころから勉強熱心でした。
高3になって志望を変えたので、センター試験も367点という、
演劇映像学科志望者にしては比較的高い得点だったと思います。

Q.娘さんに高得点を与えた審査委員が親戚のおばさんというウワサは?

A.私の故郷はテグですよ。皆さんが疑惑の審査員とされている方の故郷は
光州(クァンジュ)ですので、親戚関係にありません。
確かに、私がウチの美容室のお客さんのためにドレスの制作を
その方に依頼したことはあります。ただ、それだけの関係です。


そして、以下が雑誌「女性東亜」に掲載された
ソンジュク美容室の院長、キム・オクスン(当時52歳)氏のプロフィールです。

Baidu IME_2013-12-23_12-50-48

現在、大韓美容師協会副会長という重責を任され、
1975年以来、4名のミスコリア1位を輩出した。
昨年の2000年、MBC「セクションTV芸能通信」のMCソン・テヨンなど
これまで30年の間に、数十名のミスコリア入選者を輩出しており、
テグ地域では“ミスコリアの母”と呼ばれている。
ソンジュク美容室は“ミスコリア士官学校”と呼ばれるほど、
ミスコリア志望生たちに独特なトレーニングを施すことで有名だ。
キム氏は、たとえ道端でも、有望だと確信した女の子を見つけ次第、スカウト。
自分の美容室に連れて、教育させるなど、積極的に活動している。

Baidu IME_2013-12-23_12-50-30
※現在のソンジュク美容室。結婚式場、皮膚管理室なども併設しているようです。


Baidu IME_2013-12-23_17-0-7

なぜ、今回、ミスコリアネタで、こんなインタビューをいちいち訳したかと言えば、
先週、12月18日から韓国で放送が始まった
MBCドラマ「ミスコリア、미스코리아」に登場する
マ・エリ(イ・ミスク扮)という美容室の院長役が、
今回のキム・オクスン氏をモデルにしているのかな~?と思ったからです。

IMG_0728a.jpg

IMG_0730b.jpg
※イ・ミスク扮する院長が、自分の生徒の訓練として、
地下鉄車内で笑顔のウォーキングをさせる奇抜なシーン


第1話を見たのですけど、この院長が主役でデパートのエレベーターガール役の
オ・ジヨン(イ・ヨニ扮)をクラブで見つけて、その後、スカウトするシーンも登場します。

Baidu IME_2013-12-23_17-22-39

時代背景は、韓国が通貨危機で国家破綻の可能性があった1997年。
多くの中小企業の社長がハンガン(漢江)に飛び込み自殺をした大恐慌時代に
“VIVIクリーム”という新商品を開発したけど、どこにも相手にされず、
暴力団の借金取りから苦しめられる弱小化粧品メーカー社長(イ・ソンギュン扮)。
追い詰められた彼が、編み出した会社再生のための、起死回生の打開策が、
会社の新商品を使用して、ミスコリアを輩出することだった…

IMG_0739c.jpg
※イ・ソンギュン扮する化粧品メーカー社長が、高校時代、近所に住む商業高校生だった
年下のイ・ヨニと再会。「俺がお前をミスコリアにしてみせる」と勧誘するシーン


こんな感じのストーリーなのですが、
まだ1話しか見ていないので、化粧品メーカー社長と美容室院長がどのように
絡むのかわかりませんが、来年の夏前には、日本でも放送されるかもしれません。
今回のネタが、このドラマ視聴時のご参考になれば、幸いです。


※ドラマ「ミスコリア」初回放送前の予告編です。


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ご訪問ありがとうございました。
応援クリックもできましたら、
よろしくお願いいたします。
関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL