ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP2013年12月 済州の魅力を大満喫! 2泊3日 あったか冬旅行 ≫ ここはアモーレパシフィックランド!OSULLOC TEA MUSEUM(哦雪綠お茶博物館)でTea Stone(韓国茶礼)体験♪

ここはアモーレパシフィックランド!OSULLOC TEA MUSEUM(哦雪綠お茶博物館)でTea Stone(韓国茶礼)体験♪

済州島ファムツアー怒涛の体験プログラムの2日目、次のミッションはTea Stone体験。

日程表には「Tea Stone体験」と書いてあり「???」の私でしたが、皆さんとご一緒に、
innisfree Jeju house(イニスフリー チェジュハウス)から、徒歩で数分の建物に移動します。

P1020015.jpg

やって来たのは、OSULLOC TEA MUSEUM(オソルロク ティー ミュージアム)。

韓国緑茶の代表ブランド「雪綠茶」を生産している、アモーレパシフィック社が、
広大な24万坪の済州島の茶畑に、2001年9月1日にオープンさせた韓国初のお茶の博物館。

P1020025.jpg

そしてここは2013年3月29日オープンの、茶文化体験施設「OSULLOC Tea Stone」
施設の名前だったんですね。Tea Stoneとは。すっきりしました(オルネリョ!さん調べ)。
OSULLOC TEA MUSEUM(オソルロク ティー ミュージアム)とは、別棟になっています。

隣接するinnisfree Jeju house(イニスフリー チェジュハウス)と合わせて、
韓国№1の化粧品会社アモーレパシフィック社の、化粧品とお茶のテーマパークでしょうか!?

P1020028.jpg

そしてあらためて気づいたのですが、オソルロクさんには、お世話になっていました。
(そうそう~韓国で暮らすと、知らず知らず韓国の大企業のお世話になっているものです)

わずか1年少しの韓国ソウル生活でしたが、日本から持参した緑茶は大事に大事に飲んで、
日常飲むお茶は、韓国の緑茶ブランド、オソルロクのお世話になっていました。
美味しいとは言えない韓国の緑茶。いろいろ飲み比べてオソルロクに落ち着いたのです。

P1020020.jpg

オソルロクを漢字で表すと「哦雪綠」見慣れない漢字「哦」は感嘆を表す意味があるらしい。
(この辺りの知識はオルネリョ!さんから聞きました)

お茶文化は、日本も韓国も中国伝来。漢字で表したほうが、すっきりとします。
「OSULLOC」よりも「哦~!雪綠」です。漢字は素晴らしい~。

P1020021.jpg

うんで、ここ、東洋と西洋がメランジした素敵な空間で、我々ブロガーは何をするのでしょう?
先ずは、インストラクチャーのお姉さんの講義を、日本語で聞きました。

本当に感心します。日本人が中国人に「中国語」でお茶の解説が出来るでしょうか?
韓国人から「日本語」で、お茶についてのお話をうかがうなんて、私は超~びっくりでした。

韓国慣れした方はご存知と思いますが、韓国で言うところのお茶は通常、土俗茶。代用茶です。
伝統茶とも言いますが、麦茶、とうもろこしのヒゲ茶、ゆず茶、ナツメ茶、
トゥングルレ茶などが代表的。それと漢方茶。免税店でも見かける、正官庄の紅参茶が有名ですね。

お茶の木から採取する茶葉で淹れる緑茶は、韓国では滅多にお目にかかれません。

アモーレパシフィック社は、先見の明があったのでしょう。
1970年代から、済州島でお茶、緑茶の栽培を始められたそうです。

「Come back 緑茶!」です。「哦~!雪綠」ですね。わかるかな~わかんないだろうな~。

P1020023.jpg

小学校で学んだと思いますが、日本は仏教の伝来と共にお茶文化も中国から入って来ました。

韓国も日本と同じく、中国から入って来た仏教の影響で、高麗時代まではお茶文化が盛んでした。
しかし李氏朝鮮時代になると儒教文化に変わり、仏教弾圧と共にお茶文化も衰退。

一部、貴族と役人、道教の思想家、そして山奥に逃げた僧侶たちの間で、
お茶文化が残ったとは聞いていましたが、ここで韓国人のお姉さんから日本語で解説されるなんて、
少し驚きましたね~。済州島は半島と何か違います。

迫害を受け衰退した韓国のお茶の作法、茶礼。時間が少なく、ほんの少しの時間でしたが、
Tea Stoneで、少しだけ韓国のお茶の精神、「茶礼儀式」に触れた時間でした。

P1020030.jpg
オソルロクお茶博物館のカフェは素通り~。

今でも韓国ソウルの安食堂で出されるのは通常、プラスティックの容器に入った「水」。
いつの日か普通に、急須で湯呑茶碗に入れた「緑茶」が提供される日も来るのかな~?

P1020039.jpg

広大な茶畑に佇む、素敵なお茶の博物館でしたが、私は写真は数枚しか撮れませんでした。
時間があって、茶器ギャラリー、茶文化室・展示館、茶器名匠展示館、茶生活文化館なども合わせて、
見学が出来たら、韓国のお茶について理解が深められそうです。

P1020041.jpg

当初、ガイドのアミさんの話だとお茶畑も見学する予定でしたが、時間が押してバタバタ。
茶畑歩きたかったですが、このあとも体験プログラムが続きますから大忙し!

P1020033.jpg

時間が無いらしい~!急がないと!と思って、私は気が焦るのですが、そうでもないみたい。
ここらあたりの緩急が、済州島というか韓国らしく、いつも戸惑います。私だけかな???

展望台となっている屋上に上がりました~。
何やら見えている建物は、今年2014年開業の航空宇宙博物館らしい~。済州は博物館が多いわ。

P1020037.jpg

そして遠く見える山は、城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)だったと記憶してますが?
違ったら誰か教えてください。

P1020050.jpg

この日体調が良いとは言えなかったワタクシ。自己責任ですからワ~ワ~言いませんでしたが、
まだまだ体験プログラムが続くかと思い、ちょっと重い足取りでバスへ向かうのでありました。


オソロクティーミュージアム(오설록 티 뮤지엄)/ Tea Stone併設
西帰浦市安徳面神話歴史路425(제주특별자치도 서귀포시 안덕면신화역사로 425 )
TEL 064-794-5312



Baidu IME_2013-12-10_5-53-14
supported by 済州特別自治道

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

クリックよろしくお願いします^^


2013年12月~済州の魅力を大満喫! 2泊3日 あったか冬旅行 の始まりはここから
これはJejuの神様からのお誘い?~12月の済州島へ出発しました♪ ←ここをクリック

尚、前回参加した2013年9月の済州島の旅行記~イントロはここから始まります。
パワーチャージの旅 in 済州 2泊3日に参加します ←ここをクリック!

そして本編は、ここから始まります。
ワッタカッタ!さんのBLOG初の試み~supported by
韓国観光公社&済州特別自治道~済州島の旅の報告が始まります♪
 ←ここをクリック!

時間があったらどうぞ~記事には済州島の魅力がたっぷり詰まっています!!


関連記事

Comment

NoTitle
エーーーー!
この日、体調悪かったんですか??
全く気がつかず、いつもの様にワイワイしてしまい
すみませんでした。
2014.01.03Fri 09:58 ≫ 編集
Re: ル〜♪さんへ
ル〜♪さんへ
あの楽しい雰囲気の中で、体調が優れないなんて、とてもそんな顔は出来ません。
皆さんとワイワイやっているあいだは、元気でしたが、部屋に入ると・・・
自己管理が大切ですが、12月は、ちょっと忙しすぎと楽しすぎでした^^
2014.01.03Fri 15:12 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL