ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP韓国ドラマ ≫ 韓国でも廃人続出!SBSドラマ「主君の太陽、주군의 태양」♪ 視聴前の予備知識 その1

韓国でも廃人続出!SBSドラマ「主君の太陽、주군의 태양」♪ 視聴前の予備知識 その1

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


先日ご紹介した“海外ファンが選んだ最高の韓ドラ”で
1位の栄冠に輝いたSBSドラマ「主君の太陽、チュグネテヤン、주군의 태양」
(韓国OA期間:2013年8月7日~2013年10月3日、制作会社:ポン・ファクトリー)

Baidu IME_2014-1-11_19-0-17

その結果を受け、僕、年末年始を利用して、全17話を完食しました。

結論から申しますと、選ばれただけあって、皆様にお勧めできる
ちょっと変わった“ロマンティック・ラブコメディー&ホラー”でした。

見終わった後、番組ホームページを確認したところ・・・

監督が・・・
「燦爛たる遺産、찬란한 유산」、
「検事プリンセス、검사프린세스」
「シティーハンター、시티헌터」のチン・ヒョクPD(SBS局員)。

Baidu IME_2014-1-11_15-33-14

ここが重要ですが、
脚本には読者の方々の推薦で以前ハマった「幻想のカップル、환상의 커플」、
「美男ですね、미남이시네요」
「僕の彼女は九尾狐<クミホ>、내 여자친구는 구미호 」、
「最高の愛、최고의 사랑」の“ホン姉妹”(ホン・ジョンウン&ミラン)。

Baidu IME_2014-1-11_15-18-23
※前作2012年KBSドラマ「ビック、빅」がコケてたので、業界では心配されていたそうです。


けちで傲慢なショッピングモール“キングダム”CEOの
チュ・ジュンウォン(ソ・ジソプ扮)と
幽霊を認識して、会話することができる怖がり娘、
テ・ゴンシル(コン・ヒョジン扮)がメインで絡むドラマです。

僕、実は、昨年の夏、1話の途中まで見ておきながら、お化けが番組に登場したので、
このドラマ、挫折してました。

Baidu IME_2014-1-6_11-57-23
※この2人の共演シーンは第6話の冒頭部分です。

しかも、ラブコメディーなのにタイトルが「主君の太陽」っていう
時代劇っぽいのも気に入りませんでした。

今回、タイトルに何か隠された意味があるのかと考え、
韓国人のブログを拝見して、いろんな意見の中から、
日本人に納得しやすい解説をする方がいたので、ご紹介します。

○“主君(チュグン)の太陽(テヤン)”=“周(チュ)くんの太嬢(韓国語発音:テヤン)”

これは、ソ・ジソプの役名が“チュ(漢字:周)・ジュンウォン”、
コン・ヒョジンの役名が“テ(漢字:太)・ゴンシル”。
韓国でも、男の子への呼称に“君”という言い方もあり、
若い女性への呼称に“嬢(韓国語発音:ヤン)”がよく使われますし、
“太(テ)”さんという名前は、韓国に実在する苗字なので、
一応、話に整合性はあると思います。

あと、面白い意見として、このドラマに資金援助しているスポンサーに
“太陽(テヤン)自動ドア(태양자동문、英語名:sunautodoor)”という会社が
名を連ねているので、タイトルに“太陽”は不可欠だったという意見も。

Baidu IME_2014-1-12_14-40-57
Baidu IME_2014-1-11_18-40-18

小ネタはこの辺にして、このドラマを通して見ての印象は、“OSTの良さ”ですね。
結構、回を重ねるごとに、次々と新しい曲を繰り出してくるのですが、
いい曲ばかりで驚きました、正直。

ドラマOSTの総合プロデュースした方が、
「花より男子、꽃보다 남자」、
「信義、シニ、신의」、
「シティーハンター、시티헌터」のOSTを
作曲してきたオ・ジュンソン氏(오준성、1966年6月25日生)でした。

Baidu IME_2014-1-12_7-57-50
※2010年シンガポール、2012年沖縄、2013年ソウルと
この方の名前で“OSTコンサート”を成功させたとのこと。

今回は、メインとなった番組OSTの8曲を貼り付けて、締めたいと思います。
※曲名をクリックで歌詞に飛びます。


昼と夜(ナックァ パム、낮과 밤)
主君の太陽 OST Part 1
コミ(거미) | 2013.08.07

Baidu IME_2014-1-11_23-32-42
※コミの“整形前後写真”。歌はうまいです。

Baidu IME_2014-1-11_12-2-57


※脇役陣の回想シーン、キスシーンなどで使用。
作曲は、SBS「その冬、風が吹く」のOST“雪の華、눈꽃”のキム・セジン。



お前とオレ「ノワ ナ、너와 나」
主君の太陽 OST Part 2
ホン・デグァン(홍대광) | 2013.08.14

Baidu IME_2014-1-11_12-3-19


※主人公が相手女優に惹かれる瞬間に挿入される“トキメキソング”として主に使用。
歌手はオーディション番組「スーパースターK」出身者(OSTの参加は初めて)



狂わせて「ミチゲ マンドゥロ、미치게 만들어」
主君の太陽OST Part 3
ヒョリン(シスターのリードヴォーカル、씨스타・효린) | 2013.08.21

Baidu IME_2014-1-11_23-19-55
※シスター・ヒョリンの卒業写真。歌はうまいです。

Baidu IME_2014-1-11_12-3-36


※ソ・ジソプとコン・ヒョジンの抱擁シーンに多用された曲
作曲は、少女時代テヨンの「愛してます、사랑해요(アテナOST)」
ダビチ「ご存知ないのですね、모르시나요(アイリス2 OST)」のアン・ヨンミン



タッチラブ(Touch love)
主君の太陽 OST Part 4
ユン・ミレ(t윤미래) | 2013.08.28

Baidu IME_2014-1-11_12-3-53


※5・6話でコン・ヒョジン-ソ・イングクのトキメキソング&エンディング曲など
ヘビーローテーション曲でした。

ソ:あー、怒ったよ。お前、クビだ。再びオレの前に顔を出すな!消え失せろ!
コ:今、私が3つ数えてあげたら、怒りを静めてくれる?
チュ・ジュン1(ジソプの役名の一部“ウォン”の発音が韓国では英語のoneに相当)、
チュ・ジュン2、チュ・ジュン3

この曲は、昨年末の音楽祭で「OST部門賞」を獲得しました。
ユン・ミレ的には久々のOST参加ということですが、
僕的には彼女の昔の歌ならコレです。


※2001年「時が流れた後に・・・、시간이 흐른 뒤 (As Time Goes By) 」は、名曲っす。
オープニングのコメ「全部英語で歌うとアレなので、1番韓国語、2番英語で歌います。」



ミステリー(Mystery)
主君の太陽 OST Part 5
チョン・ドンハ(정동하) | 2013.09.04

Baidu IME_2014-1-11_12-4-5


※1・2・3話のエンディング用インスト曲をきっちり1曲に仕上げた作品とのこと。
作曲は総合プロデューサーのオ・ジュンソン本人。
歌うチョン・ドンハは昨年まで、ロックグループ“復活(プファル)”の客員ボーカルでした。

コ:私は・・・ただ・・・
ソ:出て行けって。クソ喰らう犬でないなら、出てけと言えば、
(黙って)消え去るもんなんだ!消え失せろ!



オールアバウト(All About)
主君の太陽 OST Part 6
メロディーデイ(멜로디데이) | 2013.09.11

Baidu IME_2014-1-11_12-4-20


※いわば、“コン・ヒョジン”のハッピーソング(笑顔のシーンで頻出)として挿入された曲です。

コ:社長は私がこうして触っても、なんでもないでしょ、そうでしょ?
ソ:お前、オレが本当に、大理石で作った“防空壕”だと思ってる?

この“メロディーデイ”は以前も調べたのですが、よくわかりません。
某サイトの掲示板には、所属事務所はOSTの制作会社でもあり、
アイユーの所属会社でもある“Loen(ローエン)エンタ”。
女性ボーカル4人組で、まだ正式デビューはしていないそう。
よって、どこのサイトにもプロフィールは存在しないとのこと。
でも、その割には、「私の娘ソヨン」、「淸潭洞アリス」他多数のOSTを歌っています。
某サイトの掲示板には、“メロディーデイ”メンバー1人と高校のクラスで
同級生だって言う人がいたのですが、去年の夏の時点で、
カンナムにある淸潭(チョンダム)高校の3年生ということでした。



恐れも知らず(コプド オプシ、겁도 없이)
主君の太陽 OST Part 7
ソ・イングク(서인국) | 2013.09.17

Baidu IME_2014-1-11_23-37-4
※ソ・イングクの卒業写真。歌も演技もうまいです。

Baidu IME_2014-1-11_12-4-36


※作曲はキム・ヒョンジュン「彼女が笑ってるじゃない、그녀가 웃잖아」、
チョ・ソンモ「涙が出ます、눈물이 나요」、
テイ「愛は香りを残して、사랑은 향기를 남기고」を書いたファン・セジュン。
叙情的な曲で、ソ・イングクの役柄の心情とうまくリンクしている曲といえそうです。



ラストワン「Last one」
主君の太陽 OST Part 8
ユミ、유미(Feat. チュソク、주석) | 2013.09.25

Baidu IME_2014-1-11_12-4-55


※ユミは音楽番組「不朽の名曲」の出演で最近注目されてるアーティストとのこと。
結ばれない愛だったけど、あなたは私の人生で最後の人でした、という内容の歌詞で
作曲はメインプロデューサーの作品です。


最後に、ドラマの終了前日の2013年10月2日に2枚組のOSTが、発売され、
OSTとしては異例の8万枚(通常OSTは1・2万枚売れて大ヒットらしい)を出荷したそうです。


このネタ、続きます・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
ご訪問ありがとうございました。
応援クリックもできましたら、
よろしくお願いいたします。
関連記事

Comment

ソ・イングクくん
歌も演技もうまいイングクさんの顔、どこをどう直したんでしょう。一重はそのままですよね?
今BSジャパンで「応答せよ1997」を見ていますが、イングクくんの見せる表情が何とも良くて、うまいな~と感心しています。
チョン・ウンジちゃんも自然体でイイですしね。

そして「主君の太陽」も期待大!
俳優陣も製作陣も私の好みにどストライクv-10
BSのどこかで放映してくれないかな~。
ネタの続き、楽しみにしています。
2014.01.12Sun 22:54 ≫ 編集
NoTitle
オルラッタネリョッタ!さん、こんにちは^^
久しくご無沙汰しててすみません。
今年もどうぞよろしくお願いします♪
「主君の太陽」、ジソペンの友達に以前から
かなりおすすめされていたので観たいと思ってたんです。
私もはじめ時代劇かと思ってたタイトル名もそういう
意味もあったんですね~~。
OSTのメンバーもすごすぎる。
聞かせていただきましたがほんとみんないい曲ですね。
ちょうどJYJのジェジュンのソロライブに行った時に
YGから移籍したコミがゲストでデュエットしたんですが
あまりのうまさにビックリでした。
次も楽しみにしてま~す♪
2014.01.13Mon 12:10 ≫ 編集
Re: まおさま
まおさま

僕としては地上波で買ってもらえると嬉しいです。

整形ビフォーアフターというサイトで紹介されてましたが、
僕も自然な成長過程と思いますです。

「1997」はまた見てもいいドラマですね。
年末、韓国で終了した「1994」の場合、
主演のコ・アラがどうしても我慢できず2話で断念したので、
なおさら「1997」に気持ちが戻ってしまいます。

今回もソ・イングクの演技はよかったです。
ただ、彼のラブラインに感情移入ができなかったのが残念だったかも。
相手女優のせいです。僕の好みではなかったので。ウンジが懐かしいっす。

2014.01.13Mon 12:50 ≫ 編集
Re: makorin さま
makorinさま

明けまして~。

こんなに充実した曲が揃ったドラマって、久々です。
僕的にはバービー・キムが参加してた「銭の戦争」以来かもです。

ソウルのホールで聞きました、コミ、2009年。
鳥肌が立つほどの歌声でした。
今思い出してもゾクゾクしてきます。
ライブに行きたくなりましたです。
2014.01.13Mon 12:57 ≫ 編集
NoTitle
このドラマ、リアルタイムで見れなくて諦めてましたけど、
オルネリョさんの記事を読み、必ず見たい!と思いました。
ありがとうございます。

去年の秋、ロッテ主催のコンサートに行った時、
このオ・ジュンソンさんがメインで仕切ってまして、
どこのおっさんかな~と思ってましたが、凄い方だったんですね~
私はチョ・ソンモさん目当てで行ったので、「主君の太陽」に
思いが行かず、今になって残念。ちゃんと聞いとけば良かった(>_<)

タッチラブは違う方が歌ってらしたような記憶ですが、
上手でした。でも、8万枚って凄いですね~
2014.01.14Tue 01:26 ≫ 編集
Re: sachiko1004 さま
sachiko1004 さま

コンサートを楽しまれたようで、とても羨ましい限りです。

各種記事には
オ・ジュンソンで「第三の韓流」を目指すと意気込んでます。

オンラインニュースで確認しましたが、
9月14日ですかね。ロッテの冠がついたコンサートですので
間違いないと思いますが・・・

http://enews24.interest.me/news/article.asp?nsID=234329

コンサート告知ニュースによれば、
“Touch Love”は、ユン・ミレが歌う予定になってたみたいです。

その他
エイリー「フルハウス テイク2」“愛、初めての感じ”
ホ・ヨンセン「花より男子」“私の頭が悪くて”
フォーメンのシン・ヨンジェ「信義」“歩きが遅くて”
Ali「信義」“Carry on”
チョ・ソンモ「結婚の女神」“Someday”
パク・ワンギュ「結婚の女神」“Always”
などのラインナップが予定されていると記事には記述されてます。

このドラマ、もし、地上波・BS・レンタル系出ましたら、ご覧下さい。
損しません。

2014.01.14Tue 02:12 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL