FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP2013年11月 DMZ非武装地帯を巡る旅 華川・七星展望台、金化・勝利展望台 ≫ 韓国DMZの町、鉄原~寶貨食堂(ポファシクタン)で~トウモロコシの生マッコリとタットリタン♪

韓国DMZの町、鉄原~寶貨食堂(ポファシクタン)で~トウモロコシの生マッコリとタットリタン♪

11月の韓国の旅は、ホテルと航空券がセットされたパックツアーでしたが、
ソウル泊りの一泊目のホテルは放棄して、金浦空港から鉄原へ一直線、鉄原に宿泊します。

鉄原に暮らす、あむちゃん夫婦と、夜は一緒に過ごすことにしたからです。
可愛い3人のお子様たちは、近所に住むシオモニに預かってもらい、町へ繰り出しました。



車から降りたら見覚えのある、モーテルのネオン。バスターミナル周辺に来ました。
以前ここ鉄原で、私たちは韓国のモーテルデビューを果たしました。記念すべき鉄原の夜。
韓国の地方に行けばホテルの数は極端に少なく、バスターミナル周辺はモーテル街の様相です。

P1020098_20140204090403395.jpg

車を止めて少し歩くと、この辺り前に歩いたことあるわ~なんて思い出し、
久しぶりの町の風景にキョロキョロしていると、あむちゃん夫婦の足が止まりました。
「うん!?ここ!」
ここのビルの前も旅友と以前歩いたけど、ここが店の入口なんて、思いもしなかったわ~。

P1020099.jpg

「どこに行きたいですか?」と聞かれて、
「地元の人が通う地元の店」と即答した私たち。

バスターミナルの並びにあるコンビニ、セブンイレブンの隣りのビルの2階の店。
寶貨食堂(ポファシクタン:보화식당)へ。ポファ(보화)とは宝物という意味だそうです。

ポファシクタンは、あむちゃんの旦那さんの親友のお母さんが、切り盛りする店。
我が子の親友は我が子同然の韓国。あむちゃん夫婦は、家族同然に迎えてくれるそうです。

しかしあむちゃんの旦那さん、大酒飲んだ夜、店で泊めてもらうこともあるそうですが、
滅多にお店には顔を出さないそうです。
なぜなら、友人のご両親が過剰なサービスをしてくれるので、気が引けてしまうそう。
なんて心優しい旦那さん。

サービスに喜ぶ韓国人は大勢いますが、悪いと思う、あむちゃんの旦那さんって。
なんとなく、日本人が鉄原に嫁に行く覚悟が出来た理由が少し分かったような気持ちです。

P1020102.jpg

店に入ると、DMZの町の店って感じがします。

旅友がポファシクタンって、どんな店だろう~とNEVERで検索すると、出てきました。
韓国女子のブログが。兵役中の彼氏に会いに行って、久しぶりに再会して、食事をした。
彼氏は、少し見ない間に、軍隊に入って、たくましくなっていた・・・うんぬんと・・・
旅友さんが、韓国語のブログを日本語に訳して声を出して読みます。

P1020105_2014020409042069d.jpg

町の食堂だし、モーテルも多いし、なんて想像して、私は美人女優シム・ウナ主演の名作愛憎劇、
1999年放送のSBSドラマ「青春の罠」のワンシーンを思い出しました。
シム・ウナとイ・ジョンウォンが、こんな雰囲気の店で食事するシーンがありましたね。

ソウルの店の多くが、無駄に洗練されて昔ながらの韓国の匂いが消えて、寂しくなってきましたが、
地方に行くと、まだまだ昔ながらの韓国らしさが残り、鉄原まで遠かったですが、
煙突がついたダルマストーブを見ながら、やっぱり来て良かった~なんて思います。

P1020100.jpg

そして目を引いたのは、ひと袋20キロの米袋。鉄原は韓国有数の米どころです。

以前にもブログに書きましたが、朝鮮戦争の激戦、白馬高地の戦いは、
鉄原の美味しい米、穀倉地帯の争奪戦でした。血を流しても欲しかった鉄原オデサル。

弓裔(クンエ)鉄原オデサルとは?

60年もの間、手つかずの自然が残る、世界で唯一残るDMZ非武装地帯。
そこから流れる清らかな水と、海抜250メートルの高地に吹く風がもたらす、
寒暖差がある気候。そして豊かな黄土と、米作りに最適な環境の鉄原。

自然環境豊かな土地、鉄原産の米は、鉄原オデサルという名称で韓国では人気の米。
分断の歴史が皮肉にも、DMZブランド「弓裔(クンエ)鉄原オデサル」を生んだのです。

P1020101.jpg

ちなみに弓裔(クンエ)とは?

歴史を遡ること10世紀初め、新羅打倒による高句麗復興を叫んだ
「後高句麗」の覇者で、後高句麗(摩震、泰封)を建国した王、弓裔(クンエ)。
その居城が、DMZ非武装地帯にあったそうです。

以前訪ねた鉄原平和展望台から、弓裔(クンエ)の居城跡が見えました。
鉄原は、歴史ファンをワクワクさせる古代ロマンあふれる場所でもあります。

そしてこの店、ポファシクタンは、鉄原オデサル推奨の店に指定されていました。
新潟に行って、コシヒカリ推奨の店なんてあまり聞きませんが、
韓国って、そういうナンチャラ推奨の店って称号が好きな国ですね・・・。

P1020121.jpg

ずらずらずら~~~っと並んだパンチャン。サービスのおかず。素朴なオモニの味でした。

息子の親友が連れて来た日本からのお客さんだから、サービスが良いわけではありません。
韓国人ブログを見ると、同じようにパンチャンが並んでいました。
ちょっとだけサービスしているかもしれませんが?残飯減量を叫んで久しいせいか、
最近の韓国の食堂で、これだけ皿数が並ぶのは珍しいですね。

P1020128_20140204090808096.jpg

店には、生マッコリがありませんでしたが、どうしても「生」が飲みたいと、
お願いしたら、買って来てくれました。韓国の店の良いところ。融通がききます。

P1020129_20140204090814ea5.jpg

「乾杯!」鉄原に来たら、やっぱりこれ!トウモロコシの生のマッコリでしょっ!

P1020125_20140204091457bb1.jpg

このボトル、見覚えがあります。前回、鉄原のスーパーで買ったボトルはハズレ。
酸っぱくなっていましたが、今回は当たり!飲みごろでした。やっぱり「生」は管理次第かな。
韓国の食堂もですが、マッコリも1回食べたり飲んだりしただけでは、ワカリマセンね・・・。

사임당 옥수수 생동동주(サイムダン オクスス セントンドンジュ)。
師任堂 とうもろこし 生トンドンジュと書いてあります。

国産米50%、とうもろこし(輸入)25%、小麦粉(輸入)15%、とうもろこし澱粉10%
添加物:アスパルテーム(人工甘味料)0.0018%
アセスルファムカリウム(人工甘味料)0.0036%
アルコール度数:6%
メーカー:강원주조、江原酒造
강원도(江原道) 원주시(原州市) 문막읍(文幕邑) 포진리(浦津里)245番地
TEL 033-746-3006

Baidu IME_2014-2-4_17-43-36

師任堂は1500年代の朝鮮“良妻賢母”の代名詞で、
5万ウォン紙幣にも描かれた申師任堂(シン・サイムダン、故郷が江原道)から引用したと推定。

P1020130_20140204091503f57.jpg

冷え切った北の果てでいただく韓国の鍋料理は最高です。身も心も暖かくしてくれます。
汁だくのタットリタン。これも韓国オモニの味でした。

P1020111_20140204091453765.jpg

ポファ食堂 メニュー

김치찌개、キムチッチゲ、キムチチゲ 6000ウォン
된장찌개、トゥェンジャンッチゲ、味噌チゲ 6000ウォン
동태찌개、トンテッチゲ、冷凍スケトウダラの鍋 8000ウォン
순두부、スンドゥブ、田舎風豆腐 6000ウォン
내장탕、ネジャンタン、内臓スープ 7000ウォン
육계장、ユッケジャン 7000ウォン
갈비탕、カルビタン 7000ウォン
주물럭、チュムルロク、肉、玉ねぎ、ネギ等をコチュジャンソースに絡めて炒める料理
(200g)ご飯は別売り


삼겹살、サムギョプサル(200g) 8000ウォン
닭도리탕、タクトリタン、鳥肉とジャガイモの辛く煮た料理、トリは日本語由来との説も
ご飯別売り
(소、ソ、小) 20000ウォン
(대、テー、大) 30000ウォン

오리훈제、オリフンジェ、カモ肉の燻製 
(소、ソ、小) 20000ウォン
(대、テー、大) 40000ウォン

공기밥、コンギパプ、ご飯 1000ウォン
소주、ソジュ、焼酎各種 3000ウォン
맥주、メクチュ、瓶ビール 3000ウォン
오가피、オガピ、五加皮の木の根や枝(腰痛などによいとされる)を原料にした酒
5000ウォン

暖まったところで、二次会へ行きます!

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキングに参加しています。クリックお願いします(^^;




Baidu IME_2014-2-4_9-56-24

寶貨食堂(ポファシクタン:보화식당)
江原道 鐵原郡 東松邑(トンソンウプ)二坪里(イピョンニ)681-27番地
강원도 철원군 동송읍 이평리 681-27
TEL 033-455-4280


2013年11月の韓国旅行記
華川・七星展望台から金化・勝利展望台そしてソウルへ~DMZ非武装地帯を巡る旅その2 を、
最初から読むには、 明日から初雪が降った韓国へ♪ ←ここをクリックしてください^^


関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL