FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP2013年11月 DMZ非武装地帯を巡る旅 華川・七星展望台、金化・勝利展望台 ≫ 38度線を越えて~いつか北の水冷麺を食べるのが私の夢♪北朝鮮を望む勝利展望台から

38度線を越えて~いつか北の水冷麺を食べるのが私の夢♪北朝鮮を望む勝利展望台から

七星展望台から山を降りると、お昼の時間。車に同乗して展望台まで往復を一緒にした、
山陽(サニャン)軍将兵案内所のお姉さんオススメの、町の食堂で食事をすることに。

P1020268_2014021010083569f.jpg

山陽軍将兵案内所を出て直ぐ前の通りを、左手方面に見た華川の町の様子です。

P1020338_201402101002008c7.jpg

お昼時とあってか、町の食堂の前には、軍用車も多く駐車していました。

P1020343_20140210100208985.jpg

山陽軍将兵案内所前を出て通りを左に、数メートルの距離にある食堂に入ります。

P1020345.jpg

メニューはありますが、昼食は定食だけとのこと。つまり座ったら食事が出ます。
若い娘さんがすすめる店でしたが、ワイルドな風情の食堂でした。
ここにも「ステキ♥韓国」なんてものは、1つもありません。

P1020350_20140210100219b7b.jpg

ホテルの朝の食事とは真逆、無骨なパンチャンの数々。そしてタシダの大根スープ。
店のおばさんは、何回も「いっぱい食べなさい」と、すすめてくれます。
日本人が3人も入って来て、食事をするのが珍しかったのか、親切でした。

あむちゃん曰く、このあたりの町の労働者の、一般的な昼の献立らしいです。
入れ替わり立ち代り、店に入って来るお客さんが、これまた揃って無口で無愛想。
ただ黙って座って、飯をかき込む姿に、私は見入っていました。食体験としては、いい経験をしました。

☆ソンア食堂、송아식당

Baidu IME_2014-2-11_12-48-4

江原道 華川郡 上西面 山陽里 493-4番地
강원도 화천군 상서면 산양리 493-4
033-442-0898

ランチ以外なら、
タクポックムタン、닭볶음탕、鳥炒めスープ 15000ウォン
サムゲタン、삼계탕 7000ウォン

などが食べられます。


P1020379.jpg

七星展望台を出発したのが12:00、食事を済ませ店を出たのが12:50とメモしています。
これから私たちは、この日2つ目の展望台を目指します。

P1020380_20140210102958708.jpg

いや~あむちゃんの運転の滑らかなこと、通い慣れた道って感じでした。
子供が3人も居る、日本人主婦が車で走るような町ではありませんが、
生きている。この町で、家族と共に生活をしている逞しさを、私は感じました。

P1020381_20140210103004b84.jpg

こちらの軍用施設は、以前もブログに書きましたが、
有事の際、いち早く爆破して倒し、敵の侵入を防ぐため、道路を塞ぐブロックです。

しかし、敵の侵入は防ぐかもしれませんが、地元の人は、どうやって逃げるのでしょうか。
道が塞がれたら、車は使えないです。走って逃げろとでも、言うのでしょうか。

誰か教えてください。

Baidu IME_2014-2-16_14-46-31

ここでも検問証、通行許可証が必要です。
民間人出入統制線内を出入りするさいには、その都度必要です。

P1020355_201402101008470d7.jpg

そして注意事項は、前と同じです。

1.本検問証は、車両フロントガラスの指定された箇所に貼付する。
2.本検問証を他の車両に貸与及び、贈与をしてはならない。
3.本検問証を紛失及び拾得時は、師団事務所に即時申告すること。
4.本検問証を貼付したとしても、(勝手な行動は控え)統制哨所の指示に従うこと。

P1020356.jpg

車で走ること約30分、勝利展望台チケット売場に到着しました。
周囲には、これといって何もありません。突然現れた事務所です。
やはり、この鉄原を起点としたDMZ観光は、案内の人が居ないと見学は難しいでしょう。

IT先進国の韓国ですが、国境近くの町は、Wi-Fiは立ちません。
地図を見て歩き、韓国語を話す地元の人に道を訪ねて探すのは、かなり勇気がいります。

Baidu IME_2014-2-16_14-53-17

あむちゃんが手続き、精算もしてくれます。本当にいろいろとお世話になりました。

P1020364.jpg

勝利展望台チケット売場を出発したのが、13:15でした。
そして勝利展望台へ到着したのが13:30。案内所から約15分走った山の頂です。

ここでもチケット売場の係りのおばさんが、あむちゃんの車に同乗して展望台まで往復します。
この係りのおばさんが仕事とは思えない、どうでもいい態度。
早く見学を終わらせて、帰りたい気持ちでいっぱい。最初、私は戸惑いましたが、
そんなおばさんの気持ちには、気づかないふりして、せっかく訪ねた勝利展望台を見学します。

P1020361.jpg

勝利展望台(スンニチョンマンデ:승리전망대)は、ソウルから108キロ、春川から74キロ離れ、
朝鮮半島の東西に伸びる休戦ラインの、ほぼ中央に位置する展望台です。

第十五步兵師團(제15보병사단: The 15th Infantry Division)、
通称「勝利部隊」が管轄する展望台で、2002年オープンしました。
ここは、1989年北朝鮮人民軍兵士キム・ソニルが脱北してきた地点として韓国では有名です。

国境沿い各地の展望台の中でも、ここ勝利展望台は、
北朝鮮の動向がよく観測できる地点として知られ、北朝鮮軍の移動の様子はもちろん、
北朝鮮人民の生活の様子、金剛山に向かう鉄道路線なども鮮明に眺めることができます。

P1020368_20140210103524386.jpg

勝利展望台から眺める2013年11月21日の国境。北朝鮮方面です。

この眺望を見てから数週間後・・・
北朝鮮の№2、張 成沢(チャン・ソンテク: 장성택、1946年2月6日~2013年12月12日)は、
粛清されました。ニュースを聞いて私は、この景色が思い浮かびました。

P1020372.jpg

そしてここでも、この日担当の兵士が、私たちに最後までアテンドして、韓国語で案内してくれます。
七星展望台もそうでしたが、実際に部隊に配属された兵士が、時には模型も使って、
微に入り細に入りのDMZの説明をしてくれます。説明を通訳するのは、あむちゃんと旅人。

P1020367_20140210103955dde.jpg

眼下に広がるDMZ、国境を、自分の眼で実際に見て、駐屯する兵士の解説を聞くのです。
背後で、おばさんが、何か言おうとも聞こえないふり。本当に興味深いものでした。

ここ勝利展望台では、13:30に到着して14:00出発。約30分の見学時間でした。

Baidu IME_2014-2-9_15-34-55
※このイラストは以前起きた、脱北した北朝鮮兵の事件を解説する記事に使用されたものです。

DMZを見学しながら、軍人にナマで解説を聞いたことも合わせて、以下まとめておきます。

☆MDL(군사분계선、クンサプンゲソン、軍事分界線、military demarcation line)
休戦や停戦時、対立する両軍の兵力を完全に分離させるために設定された、基準線。
その他のラインは、すべて、この基準線を元に、設定されたと言えます。

☆DMZ(비무장지대、ピムジャンジデ、非武裝地帶、demilitarized zone)
休戦時の協定によって、MLDから南北それぞれ2kmの地域をDMZに指定された。

☆GOP(일반전초、イルバンジョンチョ、一般前哨、general outpost)
部隊が行軍後の停止時に、主力部隊が敵の奇襲を受けないよう、
主力部隊からは、かなりの距離を置いて配置されるのがGOP。
私たちが見学してきた各展望台はこのGOPの一種と考えても良さそうです。
配置されたGOPは、敵の接近を早期に探知し、自軍の主力部隊に異変を伝達するとともに、
敵の攻撃開始を最大限、遅らせたり、敵に最大限の打撃を加えることが最大の任務。

☆GP(휴전선 감시 초소、ヒュジョンソンカムシチョソ、休戰線監視哨所、guard post)
南北両軍のDMZ内に配置された最前線の監視小屋。ここでは両軍とも、当然、
武装してはいけませんが、両国合計して100ヶ所近くのGPを配置していること自体が、
停戦協定違反なので、直ちに撤廃せねばとの指摘もある。

P1020377.jpg

朝鮮半島の国境を意味する2つのライン。38度線と軍事境界線は意味合いが違います。

日本が敗戦した1945年の9月、米国とソ連が占領地域を分けるため引いたのが38度線。
その後、1953年7月、朝鮮戦争によって民族が分断されたのが軍事境界線。
2つのラインは重なっているようで、微妙に違います。

53年7月27日に休戦協定が成立。いまだに北朝鮮と韓国は休戦状態。
いつの日か、ソウルから京元線に乗って北へ行き、水冷麺を食べてみたというのが、
のどか過ぎると笑われますが、私の夢です。



華川(ファチョン)の七星展望台からも近い、金化(キマ)の勝利展望台と合わせて、
今回は2つの展望台から、国境であるDMZ非武装地帯を見学しました。
※ちなみに地元の人は、勝利展望台を金化と呼びますが、実際の住所は鉄原です。

勝利展望台(スンニチョンマンデ:승리전망대)
江原道 鐵原(チョロン)郡 近南(クンナム)面 馬峴里(マヒョルリ)2番地
강원도 철원군 근남면 마현리2


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキングに参加しています。クリックお願いします(^^;


2013年11月の韓国旅行記
華川・七星展望台から金化・勝利展望台そしてソウルへ~DMZ非武装地帯を巡る旅その2 を、
最初から読むには、 明日から初雪が降った韓国へ♪ ←ここをクリックしてください^^

関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL