ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP2014年2月 仁川アジア競技大会開催記念FAMツアー ≫ 韓国最大の国際空港~仁川(インチョン)電気使い放題Wi-Fiも使い放題!いつでも世界につながるエアポート♪

韓国最大の国際空港~仁川(インチョン)電気使い放題Wi-Fiも使い放題!いつでも世界につながるエアポート♪

韓国仁川国際空港(인천국제공항)に到着。

P1040334_201402260406514d2.jpg

仁川国際空港は、仁川広域市中区の沖、永宗島と龍遊島の中間に位置する埋立造成地に、
2001年3月29日開港した、韓国最大の国際空港としてソウルの玄関口となっています。

旅客ターミナルは、イギリスの建築家テリー・ファレル氏の設計。地上4階・地下2階建て、
面積50ha、東西1.6km、南北150m、高さ33m、総工費は 1兆3,816億ウォン。
http://www.airport.kr/jpn/ ←仁川国際空港公式H.P

今回の韓国ご招待は、仁川広域市の広報のお手伝いと聞いて、
あらためて仁川国際空港についても調べて、私なりに考えて歩いてみました。

P1040335.jpg

東京出発組は、東京支社の南波さんも含めて5人。ここからは団体行動です。

P1040336.jpg

検査場を出たところで、デ・ニーロに遭遇~。
ブログには書いたことありませんが、ワタクシ、ロバート・デ・ニーロさまの大ファン。
まさか韓国カジノのポスターに、彼が収まっていたなんて知りませんでした。

P1040337.jpg

到着ロビーに到着。明るく開放的、そして最先端の設備を備えたインテリジェントビル。

韓国さんが依頼してイギリスさんが考えた国際空港ターミナルとは・・・

建物の外観は、空気と水の力学的な流れをイメージし、大型船舶の帆を想う柔軟なリズム感、
そして安全性をイメージする芸術的造形美を取り込んで設計。
また建物の内部は、経済・科学技術の発展をイメージ。というコンセプトらしいです。

こちらの空港は、私も何度となく利用していますが、あらためて建築家の思いを知って、
仁川国際空港に立ってみるのも面白いものです。

P1040338.jpg

先ずはここで、ガイドのイ・ミギョンさんが、私たち東京出発組をキャッチ。
このあと、大阪出発組と福岡出発組と合流しました。現地の職員さんとガイドさんは、
日本各地から飛んで来るブロガーを、待ち受ける空港でキャッチするのに、大変。

今回の韓国モニターツアーは、日本各地5ヶ所、東京、大阪、名古屋、福岡、宮崎空港から、
それぞれ出発。仁川国際空港は、それだけの数、日本各地と空の便を結んでいるというわけですね。
この企画、私たちが日本全国から集合出来たのも仁川空港のお陰かしら。う~ん素晴らしい~。

P1040340_20140226043245bfa.jpg

ここで韓国観光公社さまが用意していただいたWi-Fi端末をレンタル。
これはもう韓国旅行の常識!?ネットにつながると、韓国の旅は便利で快適です。

ツアー参加のブロガーさん、満作さんに教えていただいたのですが、
こちらの仁川国際空港は、無料、無料ですよ!実は無料Wi-Fiがビュンビュン飛んでいます。
一度キャッチすれば端末が無くても、行きも帰りも、空港内で無料で世界に繋がります!

素晴らしい。これは一つ羽田、成田でも見習って欲しいものです。
羽田国際空港で、パソコンを利用すると10分100円。どうかならないものでしょうか?

P1040343.jpg

東京出発組は到着した出口から移動して大阪出発組と合流。そしてここで福岡出発組を待ちました。

私たちはブロガー集団。カメラはもちろん、携帯電話、パソコンは必需品。目ざとい!
まるで砂漠で、喉が渇いたシマウマやキリンが、水辺に集まるように私には見えました。

「のどが渇いたぜ~!ジュースが足りない!水をくれ~!」コードの先は・・・

P1040348-1.jpg

ジュース?水?いいえ電気。しかも電気は無料!タダ!ここでは電気も飲み放題!使い放題!

P1040345.jpg

仁川国際空港ですが、空港内は無料Wi-Fiがビョンビョン飛んでいるし、電気の供給もサービス。
ブロガー集団に限らずビジネス、観光に訪れる旅客にもこれは嬉しいサービス。

誰でもが歩く到着リビーに、しかも通路の真ん中にベンチまで用意して、
Wi-Fiにつながってブログアップの準備。待ち時間もぜんぜん退屈しませんでした。

P1040357_20140226044616362.jpg

東京、大阪、福岡空港出発組が揃ったところで、バスは出発。
時間の都合で、このあと名古屋、宮崎空港出発組は、あとから合流です。


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
クリックが励みになります。よろしくお願いします^^

2014年2月仁川~ソウル~京畿道FAMツアーの旅の本編はここから始まります。
韓国旅行ご招待も3回目~ワタクシ暴言を吐かないか地雷を踏まないか
細心の注意を払いましたが(^_^;)先ずはお礼の挨拶♪ ←ここをクリック!


Baidu IME_2014-2-25_10-40-9
supported by 韓国観光公社
関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL