ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP2014年2月 2900円格安航空券で行くソウル食い倒れ・統一展望台の旅 ≫ 恨み節~DMZ(非武装地帯)を望みながら烏頭山統一展望台から歩いて下山しました!

恨み節~DMZ(非武装地帯)を望みながら烏頭山統一展望台から歩いて下山しました!

4月の韓国の旅から帰国したのが、日付が変わった日曜日。

13日の日曜日は、午後からイベントに参加して、夜遅くまでいろいろと人に会い、
そして右手を負傷してしまいました。全治2週間の靭帯損傷らしい。

昨日の月曜日は、同居しているお義父さんがクルーズの旅から帰国。

沖縄、台湾を航海して戻って来た豪華客船は、早朝に横浜港に着岸。
9日間の船旅なので、70歳過ぎのお義父さん、さすがに疲れて帰って来るかと思ったら、
出発前より元気になって戻って来ました。

帰宅して早々に部屋で着替え、出かけると言うお義父さんの姿を見て嫁は絶句。

アロハシャツに短パンで立っています。

またまたこれからリゾートにお出かけですか!?
出かける姿を見送ったあと、まだ4月。寒くはないのかと心配していたら、戻ってきました。

「おい東京は、まだ寒いな~」

お茶目なお義父さんです。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
韓国旅行ランキングへGO!GO!

P1040169.jpg

左に見えているのが、国境を隔てる臨津江(イムジンガン)。

登った山は下らないといけません。わずか海抜118メートルの山ですが、山は山。
北朝鮮との国境が見える烏頭山(オドゥサン)を、歩いて下ることになりました。

4月の旅も報告したいことが山ほどありますが、一旦下山するところまで報告します。

P1040163.jpg

DMZ(非武装地帯)観光で知られる、烏頭山統一展望台に行かれた方の数は、
多いとは思いますが、ここを歩きで下った日本人は少ないのではないでしょうか。

夫で旅友さんと旅をすると、往々にして、よからぬことが起きます。
良い子のみなさんは、マネしないようにお願いします。

P1040164.jpg

安全は保証出来ない国境地帯、軍事ラインの直ぐそばの山を、歩きで下ります。

P1040166-1.jpg

烏頭山を歩いて下るように、薦めたのは、駐車場で働く親切なおじさん。
その話に乗ったオルネリョ!さんもオルネリョ!さん。

P1040171.jpg

4月半ばの東京、アロハシャツと短パンで出かける爺さんの遺伝子を引き継ぐ男。

P1040172.jpg

滅多なことでは信念を曲げません。家族は大迷惑ですが。
一緒に暮らす嫁も嫁。この私ですが、もしかして私は、変態ではないかと思います。

P1040173_201404092240057ad.jpg

「お~い待って~」

男の姿が小さくなりました。国境地帯の山を、女一人で歩かせないでくれ~。
多少くたびれて来ましたが、嫁のパスポートの性別は女になっております。
私は「オオニシケンジ」ではありません。

P1040174.jpg

話は日曜日に戻りますが、都心から帰宅する電車は寝過ごして、まんまと乗り過ごし。

ハタと目が覚めると、家から遠い駅に電車が停まっています。
一人慌てて電車を降りて、ハタと夫が居ないことに気づきました。

隣りの車両に乗車していたオルネリョ!さんは、寝ている嫁を置き去りにして下車した模様。
携帯から連絡すると、一人さっさと家に帰っていました。

P1040175.jpg

道が二手に別れます。多少は人間の情が残っているのでしょうか。
待っていてくれました。ここで置き去りにされたら、私は地雷を踏んで死にます。

P1040176.jpg

右は「車道:チャド、차도」左は「人道:インド、인도」と書いてあります。
エンジンはついていないので、当然私たちは左の道「人道」に進みます。

P1040177.jpg

そう人の道から外れてはいけません。嫁を電車に置き去りにしないでください。

P1040178_20140409224407690.jpg

山から下山する途中には、橋のタモト、国境を監視する兵士の姿も。

P1040182_20140409224426a31.jpg

何回もブログに書きましたが、韓国と北朝鮮は休戦状態です。
砲弾が飛んで来るかもしれません。
しかし私たちは、最前線の山を、のどかに歩いて下って行きます。

P1040179.jpg

烏頭山統一展望台から下山途中、陸橋から眺める国境地帯。
この道路「国道77号(漢江の北側を走る道路)」の先は、イムジンガン駅周辺で
北朝鮮の町へとつながる国道1号(統一路、ソウル駅北東100m地点が起点)と合流しますが、
現在は往来出来ません。

P1040180_20140409224420312.jpg

そして反対サイドは、ソウル方面です。いつまで対立するのか。しぶとい民族です。

P1040183_2014040922443260e.jpg

橋の中央あたりから振り返って見える監視小屋。
無人偵察機に気づかなくても仕方がありません。

P1040184.jpg

もう少し歩きます。

P1040185_20140409224758ec0.jpg

テレビの中では知識人文化人が眉をひそめて、北朝鮮情勢をコメントします。
まるで見てきたかのように。本当ですか!?と、ツッコミを入れたくなります。

P1040186.jpg

彼らにこそ、国境沿いの統一展望へ足を運んでいただきたいものです。
現地新聞社が用意した社用車ではなく、是非とも公共の乗物、電車とバスそれと徒歩で。

P1040187.jpg

民家が見えて来てほっとしました。

P1040189.jpg

はい烏頭山を下山しました~。

なぜかここで喜び、江南スタイルを歌い踊るオルラッタネリョッタ!さん。
私には想像を超える男です。なぜ江南スタイルなのか?なぜ歌い踊るのか?

なぜ疲れて眠る嫁を電車に置き去りにするのか?

P1040191.jpg

シャトルバスの発着所すぐそばが、登山路の入口です。

P1040193.jpg

さて昼飯です。またまたここから歩いて行きます。
駐車場のおじさんから場所は聞いていますが・・・。


つづく

P1040803.jpg

烏頭山統一展望台のパンフレットの地図です。
2月の韓国の旅、国境近くの山からの、まさかの歩きの下山でした。

Baidu IME_2014-4-15_11-51-43


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
韓国旅行ランキングへGO!


所要時間メモ(個人旅行される方参考にしてください)

ホテル 08:00出発

孔徳駅 08:15出発

金村駅 09:00着
    09:30出発

烏頭山統一展望台 
無料シャトルバス発着場

    10:05着
    10:30出発

展望台 10:35着
    11:30出発

(この間歩きで移動です)

昼食場所12:05着
    13:20出発

900番バス乗車 13:40出発
        
金村駅 14:10着
    14:20出発



     



関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.04.15Tue 13:40 ≫ 編集
同感
静かに 怒っていますね。

実は私も死ぬまで忘れない事が 夫に対して 御座います。
2014.04.17Thu 00:26 ≫ 編集
Re: コメントいただいた方へ
コメントありがとうございます。
FAMツアーにご招待していただいた団体の職員の方に、
「私たちブロガーがブログを書いて、どんな効果がありますか?」と、
先週ソウルで聞いてみました。
「少なくても韓国は安全だとわかります」という答えが、私は1番気になりました。
確かに国境地帯の山をブラブラと歩いても、問題はありません。
しかし、今週起きてしまった、韓国旅客船沈没事故には心痛みます。
交通の安全に一層の配慮をお願いしたいです。

2014.04.18Fri 08:37 ≫ 編集
Re: ちかにゃん! さんへ
ちかにゃん!さんへありがとうございます。
怒りが昇華すると、人は無言になること、最近知りました^^
2014.04.18Fri 08:43 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL