ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP2014年4月 片道3000円LCCバニラエアキャンペーン春旅 ≫ 「ソウル食べ尽くしリターンズ!」を片手に論峴の「彦陽プルコギ」へ!韓牛の焼肉が旨い!

「ソウル食べ尽くしリターンズ!」を片手に論峴の「彦陽プルコギ」へ!韓牛の焼肉が旨い!

旅の2日目、ソウル城郭ハイキングのあと食事をしたら、急に疲れが出て、ぐったり。
ホテルに戻りシャワーを浴びて、一休みしました。ほんの一休み。ちょっぴりの休憩。
たったの2泊しかしない韓国旅行ですから、休む時間も惜しい~。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
韓国旅行ランキングへGO!


※ちょうど日本で視聴中のKBS1月~金ドラマ「사랑은 노래를 타고、愛は歌に乗って」の
再放送がOA中でしたので、マジ見の最中でした By オルネリョ!

ホテルがある市庁エリアから漢江(ハンガン)を渡り、
江南(カンナム)エリア論峴(ノニョン)へ。
テレビを見に来たのではありません。これからソウル2日目の夜の始まりです。
夜が待てなくて、夕方の早い時間からスタート。どんだけ夜が待ち遠しかったのか。
スタートが早すぎて、店にはまだお客さんが一人も居ませんでした。

P1040279_20140524115200201.jpg

パンチャンが並びます。ぐったりは忘れてワクワクしますね。
お店の紹介をしていませんでした。こちらの店は「彦陽プルコギ」。

ソウル旅行の初心者もリピーターも必携「ソウル食べ尽くし」の続刊の「リターンズ!」が、
今年の初めに出版されましたが、そちら続刊のP8に紹介されている店です。
旅の出発の前、行きたい店に付箋を貼り、現地で直前に行きたくなった店へGO!という寸法。

P1040282.jpg

うひゃ~これが、筆者のファン・スンジェさんが駆け出しの頃から現在まで、
いちばん足繁く通った焼肉屋の肉ですか~。これは美味しそう~と、肉を前にうっとりです。
プルコギ1人前200グラム、20000ウォンを2人前いただきます。

ご多分に漏れず、私たちもソウルの食案内本「ソウル食べ尽くし!」には、お世話になりました。
初版が2007年。それから7ぶりの続刊の発売。オルネリョ!さんが思わず手に取り購入。
今回のソウルの旅、こちら「彦陽プルコギ」が、続刊を参考にして訪ねた店の1号になります。

P1040284.jpg

本によると、肉は韓牛のブランドで有名「忠淸南道・洪城(ホンソン)産」だけにこだわり、
慶尚道の彦陽スタイルで、お客に出す直前に味付けした肉を炭火で網焼きをしていただきます。

P1040289_20140524115519ff0.jpg

「旨い!」

御託はいりません。「旨い」の、ひと言に尽きます。
感心したのは、その牛肉のカットの仕方。これが絶妙で、ヤンニョムの絡み方も良いですが、
焼いていて、ボロボロと崩れることがなく、網の下の落ちません。
しかも口に入れるのにちょうど良い大きさ。
いや~韓国の人の肉の扱い、肉を知り尽くしているって感じがします。

そうそう私、彦陽の名物「彦陽プルコギ」をチェックはしていましたが、まだ行けていません。
肉をいただきながら、いつか慶尚道の彦陽にも行ってみたいと、あらためて思いました。

P1040281.jpg

パンチャンはいくらか少なめですが、焼肉にはこれ、白い妖精があれば、私は十分です。

私には、白い妖精に見える白キムチ。これが大好き!
日本の白菜漬けに、見た感じは似ていますが、これ似て非なるもの。

大邱名物のチムカルビにも、白キムチが付き物ですが、発酵した酸味がさっぱりして、
お肉と一緒に食べると、いくらでもお肉が食べられる危険な妖精です。

P1040292.jpg

よせばいいのに、プルコギで勢いついてロースの塩焼きも注文。
ロースは200グラム30000ウォン。

P1040297_20140524115523331.jpg

脂身が熱で溶け炭火に落ちファイヤー!あぶられるあぶられる!!
塩味で食べる焼肉、肉の脂が良質なのか、肉本来の旨みで口の中がいっぱいに。

P1040296.jpg

これ中高年には危険な味。中性脂肪が気になる中高年も虜にするロース肉の脂でした。

P1040291.jpg

メニューは2つ。プルコギとロースの塩焼き。この潔さ。
こういう韓国の店って、味の良い店が多いです。

P1040286.jpg

日本語メニューもありました。

P1040287.jpg

マッコリは無いかと思いましたが、やはり韓国の店。
他のテーブルのお客さんがマッコリを注文すると、出て来ていました。
近所で買って来たのかもしれませんが。

P1040303.jpg

「ここはまた来たいね」なんて話をしながら店を出て・・・あれっと気づきました。

私たちはバスに乗車してここまで来ましたが、本の案内で説明すると、
7号線論峴(ノニョン)駅2番出口から直進して、この写真のテーラーの角を曲がります。

P1040302_20140524120753faf.jpg

すると左手にあるのが「彦陽プルコギ」です。そして店がある路地の突き当たりが・・・

P1040299.jpg

あの貝焼きで超~有名な「ケッポレチンジュ 3号店」ではないですか。
そうかご近所さんだったんですね。
この日、午前中仁川で貝焼きを食べたばかり、2軒目は貝焼きとはなりませんでしたが・・・

P1040301.jpg

「ケッポレチンジュ 3号店」のある論峴(ノニョン)の通り、左を見ても・・・

P1040300_20140524120421e46.jpg

右を見ても・・・夜はこれから・・・さて2軒目行きますか~!

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
   にほんブログ村
↑↑↑
韓国旅行ランキングへGO!うさぎさんのクリックお願いします^^

P1040526_20140524121851674.jpg

実業之日本社刊 「ソウル食べ尽くし!」と「ソウル食べ尽くしリターンズ!」
やっぱり続刊も、美味しい店満載かも。食べ歩きの参考にしたいです。

☆언양불고기【彦陽(オニャン)プルコギ】
※「彦陽」とは、「蔚山【ウルサン】広域市 蔚州【ウルジュ】郡」地域の昔の地名

Baidu IME_2014-5-25_14-24-33

住所:ソウル特別市 江南区 論峴洞 164-1
    (서울특별시 강남구 논현동 164-1)
TEL:02-548-2684
営業時間:12:00~22:00 月1回不定休
交通:7号線「論峴【ノニョン】駅」2番出口から330m、徒歩5分






関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL