FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP2014年4月 片道3000円LCCバニラエアキャンペーン春旅 ≫ 滙豐食品公司(ホイ・フォン食品)の「シリラチャ ホット チリ」まさかソウルの新世界百貨店でみつかるとは!!

滙豐食品公司(ホイ・フォン食品)の「シリラチャ ホット チリ」まさかソウルの新世界百貨店でみつかるとは!!

韓国ソウルの旅、買物嫌いなオルネリョ!さんと一緒のため、背後からの、
「早くしろビーム」を感じ、大好きなデパ地下もサラサラサラ~と流してしか見て回れず、
新世界百貨店の本店地下ですが、代わり映えしないし、まあ~いいか~と思った瞬間です。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
↑↑↑
韓国旅行ランキングへGO!

P1040383_2014060903231427e.jpg

「ありゃ~まさか韓国で、見つかるとは!!」

ボトルを手にして、ちょっと鼻息荒々しく興奮しました。「滙豐食品公司」の文字が印象的な、
Sriracha、Hot Chili Sauce(シリラチャ ホット チリ)を、私は、もう何年も探していたのです。
この味を知ると、他のチリソースが物足りなくて。

記事を書くにあたって検索をしたら、日本でも現在は、どうやらネット販売していますが、
私は東京の主要な輸入食品店を探しても見つからず、日本での購入をあきらめていました。

P1050260.jpg
すみません。すでに開封して使用しているので、ボトルの中身のカサが減っています。

オルネリョ!さんがアメリカ企業に勤務していた時代、職場の仲間には、
米英はもちろん、カナダ、フランス、中国、韓国、スリランカ、ロシア、豪州、ほかと、
その国籍は様々。多様多種の人種と一緒に、オルネリョ!さんは勤務していました。
まさにグローバル。

そのせいか、彼らが帰国、旅行をすると、世界各地からのお土産が、
我が家にも届き、その一つに「シリラチャ ホット チリ」がありました。
「これ美味しいです」とくれたのは、アメリカ生活が長かった日本人ですが。

中華はもちろん、イタリアン、エスニックと、このチリソースは料理を選ばず、
(インスタントラーメンに少し加えるだけでも、ぐっとインスタントが美味しくなります)
まさにグローバルなチリソース。この味は、何なんでしょうか。はまる辛さです。

P1050265.jpg
ソウルの新世界百貨店に陳列されていた商品は、韓国輸出用でしょうか、
ボトルを見ると、MADE IN U.S.Aですが、ハングル文字がプリントされています。

「シリラチャ ホット チリ」について、オルネリョさんが、
アメリカ・ウィキぺディアより要約して、翻訳してくれました。

ホイ・フォン食品(中国語: 滙豐食品公司)は、
ロサンゼルスのチャイナタウンで1980年に設立された会社。
この「シリラチャ ホット チリ」という商品で、
アメリカの調味料市場でリーディングカンパニーとして成長しました。

社名の由来は、創設者のベトナム人のデイビッド・トランが、
1978年ベトナム戦争後、アメリカへの密航のため乗り込んだ
古いパナマの貨物船「Huey Fong」に由来します(いわゆるボートピープル)。

1945年にベトナムで生まれたデイビッド・トランのおじいちゃんは、
中国・潮州からの華僑で、一家はその時からサイゴンで生活していました。

アメリカに亡命後、創業者がロサンゼルスで生活している時に開発したのが、
大ヒット商品の「スリラチャ ホット チリ ソース」。

この商品のヒットにより、現在では創設者のデイビッド・トランの息子が社長、
長女が副社長として会社を経営しています。


(アメリカ・ウィキぺディアより要約)

原料:唐辛子(68%)、砂糖、調整塩、ニンニク、食酢、キサンタンガム(増粘安定剤)、
次亜硫酸ナトリウム(合成保存料、酸化防止剤)
(以前はセラーノ唐辛子を原料にしていましたが、現在ではハラペーニョを使用)


商品のストーリーも、とても興味深いです。

中国、潮州からベトナム、サイゴンへ、そしてアメリカ、ロスへ渡った家族。
そしてアメリカのお土産として日本の東京で口にした私が、韓国ソウルでまた出会う。

4月の韓国ソウルの旅で、偶然みつかった滙豐食品公司の「シリラチャ ホット チリ」、
早速、料理に使っていますが、やっぱりこの味、クセになります。

「滙豐食品公司」Huy Fong Foods, Inc.のホームページ  
http://www.huyfong.com/


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
   にほんブログ村
↑↑↑
韓国旅行ランキングへGO!うさぎさんのクリックお願いします^^









関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.06.09Mon 10:46 ≫ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.06.09Mon 10:53 ≫ 編集
Re: コメントいただいた方へ
コメントいただいた方へ
再度、検索してみましたが、アメリカの滙豐食品公司の、
「Sriracha、Hot Chili Sauce」は、日本市場では見当たらないような???
検索の仕方が悪いのかもしれませんが。
このニワトリのイラストも印象的なのですが、本当に完成度が高いチリソースです。
アメリカで買うと、おそらく3ドル程度の商品だと思いますが・・・
ソウルで買うと12000ウォンと、ちょっと高いですが、思わず手にして買ってしまいました。
2014.06.10Tue 03:43 ≫ 編集
こんばんは。初めまして。
先日オルネリョ!さんにコメントさせて頂きました者です。
ブログいつも楽しく拝見しています^^
このソースとても興味深いです。探してみようと思ってます。
2014.06.10Tue 21:44 ≫ 編集
Re: らむさんへ

らむさんへ
コメントありがとうございます。
国外ではメジャーでも、日本では知られていない調味料って、かなりありますよね。
例えば「吉田ソース」も、そうじゃないでしょうかね?
日本でも、その地域だけで知られている調味料とか・・・
私の実家あたりでは「宮島醤油」がスタンダードでしたが、こちら東京では「はあ?」です。
沖縄のマヨネーズも独特だな~なんて思ったら、あちらでは「エゴ」がスタンダードだとか。
面白いです^^
2014.06.12Thu 09:01 ≫ 編集
はじめまして。
いつも読み逃げしてますが、アップを楽しみにしています。
このソース、カルディーで手に入りますよ。
2014.06.14Sat 00:32 ≫ 編集
Re: crayolaさんへ
crayolaさん情報ありがとうございます。
私は確認していませんが、どうやらカルディーで入手出来るものは、
タイ産らしいです。会社も違うかどうか、分かりませんが?
しかし同じチリソース、味比べもいいかもです^^
2014.06.14Sat 12:31 ≫ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.07.08Tue 01:19 ≫ 編集
Re: コメントいただいた方へ
コメントありがとうございます。
そうですか、金浦空港のロッテマートにありましたか。
帰国のさいに立ち寄るには、便利な場所ですね。
市販のソースに、ちょっと加えると、これがたちまち味がしまります。
中華にイタリアンにと、重宝しまっせ^^
2014.07.08Tue 09:31 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL