ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP韓国の財閥系 ≫ 韓国財閥系家系図♪ ~サムソン分家【CJ】編~

韓国財閥系家系図♪ ~サムソン分家【CJ】編~

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


韓国財閥系ロイヤルファミリー♪ 三星【サムソン】グループ家系図です
↑   ↑   ↑
以前の記事にも「家系図」を追加しました。



476895_article.jpg
CJ第一製糖本社ビル

CJグループざっくり歴史:
父親イ・メンヒが爺ちゃんや弟のイ・ゴニから目の敵にされたため、
サムソン電子の戦略企画室理事待遇の時の1997年、
長男のイ・ジェヒョンが、37歳の若さで、第一製糖を譲りうけたことが、
CJグループの始まりです。(2002年、CJに改称)

Baidu IME_2014-10-22_19-52-51
※その時の新聞タイトル:サムソン家の初孫イ・ジェヒョン氏
第一製糖のオーナーになった。

といっても、90年代中盤までは、第一製糖と言えば、
人々の認識は、砂糖や小麦粉を製造するタダの食品会社。
しかし、イ・ジェヒョン会長の気持ち的には、
ビョンチョルじいちゃんが始めた砂糖メーカー
「第一製糖工業」が、朝鮮戦争後、
それまで輸入品に頼っていた韓国で、初の砂糖国産化に成功させ、
韓国の食生活改善に大きく寄与したという気持ちが強く
「サムソンの本家はCJ」というプライドがあるみたいです。

14739_16323_2351.jpg
※「サムソンの本家はCJ」という気持ちの現れ?
CJ本社にあるサムソングループ創業者イ・ビョンチョルのホログラム胸像
何か、かつての共産圏の偶像崇拝みたい・・・


そうは言ってみても、
タダの砂糖会社で終わりたくないという気持ちもあり、
今では、薬品、ホームショッピング、エンターテインメントと
領域をドンドン拡大していくことに・・・

社内風土:
国内の大学出身で、留学組でもないのに、進歩的な考え方の会長という評価。
韓国初、会社での服装自由化&フレックスタイム制導入。
韓国では役職で呼び合うのが通常だが、
CJでは、上下関係なしで、社員は、お互いを(名前+様)で呼び合うそう。

サムソン本家との関係:
邪魔者イ・メンヒが海外で生活していたこともあり、
CJとサムソンは友好的な関係だったそうですが、
2012年、イ・メンヒがイ・ゴニ相手に
「お前が、もらいすぎた財産を返せ!」訴訟を起こしてから
お互いの関係は急速に悪化。
イ・メンヒは下級審で負けましたが、まだ上告する意思があるようで、
息子のイ・ジェヒョンが「オヤジ、裁判はもうやめて!」と
説得しているという報道も。

イ・ビョンチョル葬儀
「サムソン VS CJ」全てはこの時から始まった!
1987年、イ・ビョンチョル三星創業者の葬儀で。
長男イ・メンヒ(右)、三男イ・ゴニ(右から3人目)

この1987年、三男のイ・ゴニがサムソングループの会長になると、
海外で流浪生活を開始したイ・メンヒ。(20年以上も海外生活)
彼が後に発表した回顧録では、
「確かにオヤジ(イ・ビョンチョル)と仲は良くなかったが、
サムソングループは長男の僕に譲ってくれるものと信じていた」と
当時の驚きと悲しみを語っています。


CJ最近のイシュー:
現在、絶不調のCJグループ。
昨年、CJの海外秘密資金問題が浮上し、
長女、次男は出国禁止命令が下って、家宅捜索。
パク・クネ政権による財閥強硬姿勢も影響し、
ついには、脱税、横領、背任の容疑でイ・ジェヒョン会長は起訴され、
現在も裁判が進行中。(懲役3年の実刑判決を受けて、上告してます)


Baidu IME_2014-10-22_20-29-52
※先月、裁判を終えて、出てきたイ・ジェヒョン会長。
昨年、末期の腎不全で、奥さんの腎臓で移植手術を受けましたが、
移植の後遺症に苦しめられてるみたいです。

これまでの政権、財閥に大甘でしたが、
パク・クネになって、かなり変わった印象です。


では、手作り家系図にイキマス。


スライド1
スライド2b



新世界のヨンジンお坊ちゃまと比べて、
マスコミの露出は少ないCJ会長ですが、
数少ない写真はこんな感じです。

1310_322_01.jpg
※新婚旅行(左)と新婚生活の様子(右)

1310_322_03.jpg
※子供たちとパチリ

cover2-1.jpg
※10年くらい前、練炭配達のボランティアをする会長


以上です。


おまけ

2ヶ月前にUPされたネットニュースで会長の自宅住所が公開されてました。
周辺はサムソン家関連の物件が多数の模様。

Baidu IME_2014-10-22_21-41-32

興味本位で、CJ会長のご自宅をストリートビューで探してみました。
因みに、自宅は、ソウル市中区獎忠洞【チャンチュンドン】に位置し、
東大門の南、いわゆる観光地「豚足ストリート」の裏側あたりです。



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

私も興味本位で行ってみました。立派なアパートやお宅が並んでいる区画ですねえ(O_O)
2014.10.22Wed 23:48 ≫ 編集
Re: ヘンボクさま
ヘンボクさま

次回のソウルでは、不審者に思われない程度に、
そのへんを散策したいと思います。
2014.10.23Thu 22:24 ≫ 編集
興味深い
皆さま、不思議とキャラを想像させる人相をなさっています。
生き様が顔を作る、というほうが正しいのかな。
孫福男さん、女性に「男」を付けるのは、韓国でも珍しいのでしょう?
2014.10.23Thu 23:37 ≫ 編集
Re: まお さま
まお さま

そうですね、ポイントは顔ですね。
同じ兄弟姉妹でも、それぞれの家庭になると
また顔つきが変わるので、面白いですね。

名前に関しては、前職芸能担当パク某に聞きました。
僕も気にしていた部分でしたので。
彼女によれば、
韓国人の場合、子供が産まれる前に、
信頼している人や「作名所【장명소、チャンミョンソ】」というところで
子供の名前を事前に決めてもらう例が多いとのこと。
そこで、男みたいな名前をつけてもらったら、
例え、生まれてきた子供が女だろうが、
もらった名前のままでいっちゃう例が確かにあるようです。

パク某の女友達にも、男みたいな名前は確かにあるようで、
友人に直接聞いてみると、上のような話だったようです。

因みに、中国女性の名前でも、
漢字だけ見ると男名前、結構あります。
僕の記憶では、文化大革命時代は
「ブルジョアと戦う」という意味で、
女でも男のような名前をつけたなんて
話を聞いたことあります。


2014.10.24Fri 10:18 ≫ 編集
なるほど!
オルネリョさん、詳しくありがとうございました。

福男さん、漢字表記が主流だった子供時代には苛められたかも?
名前は時代を映す鏡ですね。
昭和世代の私の名は今や少数派?の「○子」
(HNのまおは実は飼い猫の名ですe-251
自分の人相も気になる年代になってきましたe-264
2014.10.24Fri 14:23 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL