ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP韓国の財閥系 ≫ 韓国財閥系家系図♪ ~サムソン本家編~

韓国財閥系家系図♪ ~サムソン本家編~

TEXT BY オルラッタネリョッタ!


韓国財閥系ロイヤルファミリー♪ 三星【サムソン】グループ家系図です
↑   ↑   ↑
以前の記事にも「家系図」を追加しました。


サムソンのネタは、皇太子がらみで、かなり扱っているので、
今回は、前説なしで、手作り家系図のみでイっちゃいます。



スライド1
スライド2
スライド3

※ホン・ラヒ女史が秘密資金で購入したとされる美術品リストはコチラ


おまけ

日本シリーズが今日から始まりましたが、
阪神優勝へのキーマンになりそうなのが、
抑えの切り札、呉 昇桓(오승환、オ・スンファン、1982年7月15日生)投手。

Baidu IME_2014-10-25_23-43-44

彼の韓国プロ時代の所属が「三星ライオンズ(本拠地:大邱)」でした。

Baidu IME_2014-10-25_23-31-27

Baidu IME_2014-10-25_20-43-53

皇太子イ・ジェヨンは、実質的な球団オーナーとして、
子供たちと頻繁に球場に通っており、
オ・スンファン選手を可愛がっていたらしいっス。

e0059388_4e338a7148172.jpg

彼の息子イ・ジホが、特にオ・スンファン選手の大ファンらしく、
記念写真もおねだりしてます。(黄色シャツ、隣は友人と妹)

ライオンズファンの間では、イ・ゴニが球場に来ると、負けの確率が高く、
皇太子が見に来ると、勝率が高いことで知られているそうです。


以上です。


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


関連記事

Comment

おもしろいです!
日本の大企業一族もこんなにおもしろいネタあるんですかね〜
韓国嫌いですが韓国財閥ネタは三度の飯より好きなんでこれからも
更新たのしみにしてます。
2014.10.26Sun 18:56 ≫ 編集
いつも楽しみに拝読しております
何度も皇太子を球場でお見かけしました。相当お暇なようです。
それから姫のムコ殿はもともとボディーガードだったという説もあります。
2014.10.26Sun 20:45 ≫ 編集
Re: かわ さま
かわ さま

ありがとうございます。
ハングル文字見るの疲れてきたので
休むかもしれません。
残りのハンソルと、今はなきセハンは
自分でも調べきりたいので、
年内には、UPするつもりです。スミマセン。
小ネタはもちろん続けます

2014.10.26Sun 22:11 ≫ 編集
Re: 愛読者 さま
愛読者 さま

恐縮です。実際、財閥系を見たこともない人間が
ただネットで調べてるだけなので、スミマセン。

今回もテーマを決めて調べていて、
文字情報では、結婚秘話みたいなもの、
知っているものばかりだったのですが、
離婚速報後、
ニュースチャンネルのYTNをみていたら、
離婚ネタで某評論家が呼ばれた時に、
ボディガード説の話をしてました。

基本、ムコのボディガード説はデマだそうです。
根拠はあの理系出身のムコでは、ボディガードは務まらないということと、
有名大学の地方キャンパス出の彼がサムソン物産に入社できたのは、
電子電算学科卒だったということ。
当時、コンピューターの知識ある人は
韓国でもあまりいなかったということなんでしょう。

当時、サムソンは系列社の「エス1」という会社で
セコムのシステムを輸入していたのですが、(多分現在も)
イゴニの家をリフォームするプロジェクトでセコム導入の話が出て、
新入社員のムコが電子電算学科卒ということでエス1に出向させられ
今で言う、システムエンジニアとして
イゴニの自宅にセコムを設置したというのが本当に近い話らしいです、

ですので、当時、エス1(韓国人的にはただの警備会社)の社員と発表されたので、
人々は、「エス1」と聞いて、ムコ殿が、警備員と勘違いしたということです。

イブジンにしたら、ボランティアで仲がよくなった男が、
家に帰っても、彼が働いていて、
「あら?奉仕活動でもお会いしましたね」なんて
話が盛り上がって、アツアツになっちゃったという説明でした。
本当か否かはわかりませんが・・・

2014.10.26Sun 22:34 ≫ 編集
オルラッタネリョッタ!様

とても丁寧なご返信、ありがとうございます!
なるほどなるほどと読ませていただきました。
今後も楽しい話題、期待しております!
2014.10.27Mon 04:07 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL