FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP2014年10月 済州観光応援サポーターFAMツアー ≫ Jejuの神様に感謝♪ラマダプラザ済州ホテル~ジュニアスイートルームに宿泊しました♪♪

Jejuの神様に感謝♪ラマダプラザ済州ホテル~ジュニアスイートルームに宿泊しました♪♪

1週間のご無沙汰でした~ワッタカッタ!でございます。
(伝説の番組「ロッテ歌のアルバム」司会者、玉置宏風に読んでください)

Jejuの恋人 済州自治道~提供、Jeju旅のアルバムは、ワッタカッタ!さん、
まさかの風邪のため、中断余儀なくしておりましたが、これより再開します。



済州国際空港から、車でわずか10分の立地にあるラマダプラザ済州ホテルは、
済州市内にありながらも、塔洞(タットン)海岸沿いに佇み、都市の利便性と、
リゾートホテルとしての魅力も兼ね備えた、2003年開業の大型特1級ホテルです。

豪華客船をモチーフに設計された大型ホテルは、海岸に停泊している客船のようで、
その姿は、外観は際立っていますが、館内は高い吹き抜けになっていて開放的。

また吹き抜けを囲むように配置された客室の窓から望む海側の景色は、
丘にいながらクルージングの気分と、洒落ています。

1954年に創設されて以来、世界各国に6,300軒以上のホテルを持つ、
ラマダインターナショナルグループに所属する、ラマダプラザ済州ホテル。

「ラマダ」とは「心やすらぐ心地よい場所」という意味らしい~。

「ラマダ」のブランドは、ラマダプラザ、ラマダホテル&スウィート、
ラマダアンコール、そしてラマダインなどのグループに分けられ、
今回、私たちが宿泊した「ラマダプラザ」は、ラマダインターナショナルグループの、
最上のブランドとして、格調高いサービスと施設を備えているそうです。


過去の自分のブログを読み返しても、まあまあ上手く書けとるやん・・・と、自画自賛?
今回も1泊目は、ラマダプラザ済州ホテルさんに、またまたお世話になりました。

2013年9月
ラマダプラザ済州ホテルその1

ラマダプラザ済州ホテルその2

ラマダプラザ済州ホテルでいただく朝食は~アワビ粥定食♪


2013年12月
ラマダプラザ済州ホテル315号室~
世界のホテルブランドラマダが考えた韓洋折衷のオンドル部屋♪


ラマダプラザ済州ホテルの朝食♪
味の秘密はタクチョンセウ(딱총새우)タクセウにあり!
ホテルの美味しい~海鮮トゥッペキ♪


P1060179.jpg

昨年の12月は工事中だった2階レストランエリアも、新規オープンしていました。
まるで大型客船のレストランに居るかのような、素敵な空間にリニューアル。

P1060153_20141101115508325.jpg

さてさてお部屋の鍵渡しです。
ホテルサイドのお迎えの背広組の数が、前回、前々回に比べても、多いことにびっくり。
私たち済州観光応援団に課せられている「期待と責任」を、ここでもずっしりと感じます。

P1060357.jpg

渡された鍵を手に、部屋の前に立ち、今回はハルラ山サイドだな~なんて、
ラマダプラザ済州ホテルに宿泊するのは3回目、部屋の方角で私は分かりました。

P1060358_20141101114250500.jpg

ハルラ山サイドにはベッドは無いのでしょうか~。

P1060363.jpg

ちなみに前回は和洋折衷というか韓洋折衷のお部屋。前々回はツインの部屋でした。
今回は?オンドルの部屋?ここに布団を敷いて寝ますか~!?

P1060360.jpg

歓迎のウェルカム・ドリンク&フルーツの向こうにベッドルームが見えます。
そうなんです。1室、Jrスイートルームが、どのたかに当たると聞いていましたが、
まさかの当たりでした。ベッドルームが独立したJrスイートに私が宿泊させていただきました。

P1060365.jpg

ベッドルームにも大きな窓があり、リビングと仕切られていますが開放的な感じです。

P1060364.jpg

この日は夜遅くまでスケジュールが詰まり、
部屋でゆったり過ごすという時間が、たっぷり取れないことが残念ではありましたが・・・

そしてリビングで充電していたiPhoneにセットしていた目覚まし時計機能ですが、
ベッドルームまで目覚ましの音が聞こえず、まさかの寝坊という事態に・・・。
ご丁寧に、ベッドルームの扉を閉めて休んだせいかもしれません。

幸い、約束の朝ごはんの時間には間に合ったのですが、慣れないと・・・
旅先でお部屋が2つあると、モノの置き場を分散させると・・・
忘れ物をするのではないかと、余計な心配をし、どうにも落ち着かない私でした。

隠しきれない「貧乏性」を、ここで露呈させてしまいましたが、
ラマダプラザ済州ホテルさま、済州特別自治道さま、お気遣いありがとうございました。

P1060373.jpg

今回、応援団メンバーのおじさんが、やたらと色めき興奮していた浴室の窓。
おっさんの恥ずかしい発言に私は受け答えできなく、そこまで興奮しなくてもと思いましたが・・・

P1060169.jpg

埼玉からご参加のおじさまを興奮させた、リビングも見通せる窓つきのバスルームです。

P1060173_2014110111555949e.jpg P1060172.jpg

旅先は同じでも、ツアーのメンバーが変われば、
また旅の雰囲気も違うと・・・内心面白く感じていた私です・・・
宿泊するホテルも、ルームタイプが違うと、また旅の印象が違ってきます。
開閉するバスルームの窓くらいでは、あいにく私は興奮しませんが(^_^;)

P1060174.jpg

ホテルチェックインののち、一旦荷物を部屋に入れて20分後、再度ロビーに集合。
ここで名古屋・福岡チームと合流し、ラマダプラザ済州ホテル館内散策。
そして夕食・懇親会から、場所を変えてホテルラウンジバーと、この夜は忙しい日程でした。

P1060370.jpg

ラマダプラザ済州ホテルの他のタイプのお部屋の様子は、番外編でご紹介します。
まさかの風邪でダウン。遅れを取り戻すべき、ここは駆け足にてご了承くださいませ~。

P1060368.jpg

なお、ホテル館内、部屋の写真は、チェックインしてから撮影した写真と、
深夜、ホテルに戻り撮影した写真と混在しています。

P1060371.jpgP1060372.jpg

いつかは、風呂上りガウンに着替えてゆったりくつろぐ・・・そんな過ごし方が理想です。

P1060162.jpg

韓国最南端にある韓国で最も大きい島にある韓国の最高峰、
標高1,950mの山・・・ハルラ山。
この日、お部屋の窓からも、このとおり素晴らしい眺め。

ここに泊まると!ああ済州に来た~!という気分になります。

P1060189.jpg

海サイドのお部屋からは、漁火が見えていました。
山サイドも海サイドも、済州らしい気分になれるラマダプラザ済州ホテルです。




まだまだあるぞ~!Jejuのダイナミックな魅力は過去の済州島ツアーの記事でもどうぞ!

2013年9月パワーチャージの旅 in 済州2泊3日 目次⇒
2013年12月~済州の魅力を大満喫!2泊3日あったか冬旅行 目次⇒

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

Baidu IME_2013-12-10_5-53-14
supported by 済州特別自治道



関連記事

Comment

お大事に♥︎
具合、良くなりましたか??
真面目なワッタカッタさんには この頃 ちょつと忙し過ぎたのでしょうか?
お大事に!
スイートルーム ご一緒したかったわ〜♥︎ 冗談です!
2014.11.01Sat 20:45 ≫ 編集
Re:ル〜♪さんへ
ル〜♪さんへ
ありがとうございます。
熱は下がりましたが、調子はまだまだ。
とは言っても、旅行記は遅れてしまったし、
今日は午前中から客人が来るらしく、
一週間放置しているから掃除しないと(´;ω;`)
3連休~ブログだけ書いていたい!!
2014.11.02Sun 07:13 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL