ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP韓国芸能情報 ≫ 日本への入国を拒否された韓国人歌手の李承哲【イ・スンチョル】♬ 帰国後の電話インタビューの内容とは?

日本への入国を拒否された韓国人歌手の李承哲【イ・スンチョル】♬ 帰国後の電話インタビューの内容とは?

TEXT BY オルラッタネリョッタ!



今月9日、日本への入国を拒否された
韓国のロック&バラード歌手イ・スンチョル【이승철、李承哲、1966年12月5日生】が、
帰国後、ケーブルテレビJTBC(中央日報系)のニュース番組で
電話インタビューに答えた内容を全訳しました。
論点をすり替えた会話がいたるところで行われ、
ある意味、面白いインタビューになっています。

イ・スンチョルといえば、先日、ご紹介したドラマ「火の鳥」では、
OSTにも参加していましたよね。




あとは、2007年、少女時代のファーストアルバム収録曲「少女時代」は、
このイ・スンチョルのカバー曲でした。


※歌・作詞がイ・スンチョル(1989.12.10 発売)



アンカー:
歌手イ・スンチョルさんと電話がつながっています。
昨日の事情を直接、お聞きしたいと思います。
イ・スンチョルさん!いらっしゃいますよね。

イ・スンチョル(以下イ):
はい、こんばんは!

Baidu IME_2014-11-12_21-15-27
※イ・スンチョル、入国拒否の状況は?

アンカー:
こんばんは。4時間ものあいだ、羽田空港で立ち往生したと聞きました。
実際、何が起こったのか、直接、お聞きしたいと存じます。

イ:
日本で、入国審査を通過の際、毎回無事に通過していたんですよ。これまでの間。
それなのに、突然昨日になって、審査室に私を連れて行こうとするのです。
それで、入国許可に問題があるというので、「どういう問題ですか?」と聞いたら、
「マスコミで報じられた件」だと、何か言葉を濁すのです。
そんな話を通訳の方から聞かされました。
審査室に連れて行かれてからは、そのマスコミの話は全然なしで、
別件である24年前に私が起こした事件をほじくり出して
そのため入国させられないと通告されたのです。チョット理解に苦しみました。

Baidu IME_2014-11-12_21-31-58
※90年11月13日京郷【キョンヒャン】新聞
「歌手イ・スンチョルまた、大麻を吸引して拘束」 ※時代ですね~。手錠が見えます。
(前年にも大麻で逮捕されて処分保留で釈放されていたのに、再び逮捕ということ。)

Baidu IME_2014-11-12_16-0-5
※別の新聞でも「大麻草歌手イ・スンチョルまた拘束」~常習吸引、同僚芸能人12名と共に~


アンカー:
マスコミに報じられたという具体的内容は聞かされなかったということですか?

イ:
そうなんです。

アンカー:
マスコミで報じられたってアノ件ですか?

イ:
独島の話だったと思います。私の見立てでは・・・

アンカー:
日本の入管も、はっきりと、独島の話はしないでしょうね。

イ:
しないでしょ。問題になるから、その話は面と向かっては・・・

アンカー:
海外へはよく行かれると思いますが、入国拒否されたことは
今までなかったんですよね、当然。

イ:
もちろんです。日本では、私、これまで、コンサートも開いたり、
OSTアルバムも発売したりと、いろんな活動もしてきましたが、
24年前の大麻事件が原因で、今回、入国を拒否されたのなら
とても理不尽なことだと思いました。

アンカー:
そうでしょう。今まで入国拒否された事がないのですから。
ならば、とても困惑されたことでしょうね、昨日は。

Baidu IME_2014-11-13_8-33-16
※日本への入国拒否、当時の心境は?

イ:
はい、ですので、瞬間、私が(今年8月)独島で歌ったからなんだろうな~と思いました。
そして、日本政府はこのように私に報復を加えるのだな~と考えました。
大麻事件を言い訳にして、日本政府には別の思惑があると分かりました。
大韓民国に対して失礼じゃないのと思い、怒り心頭だったんですよ。


※脱北者たちで構成されたコーラスグループと南北統一を願う歌をわざわざ竹島で披露。
個人的にはDMZあたりで歌ってほしかったです。


アンカー:
それなら、その4時間の間、質問漬け状態だったのですか?

イ:
審査室に連れて行かれ、いくつか聞かれはしましたが、その内容も、
「どこのホテルに予約したのか?」とか「誰に呼ばれて来日したのか?」あるいは、
「何日間滞在するのか?」など質問の内容に具体性がないんですよ。
私が思うに、ただ時間を引っぱってるだけのようでした。
入国審査を引っ張るだけ引っ張って、韓国に送り返そうとしているなと感じました。
しばらくして、入国を不許可にすると通達されました。

アンカー:
それなら、入国拒否と言われたとき、何か、不許可の理由を明確に
伝えられるはずですが、そんな話もなかったのですか?

イ:
それがまさに先ほど私がお話した24年前の話だったんですよ。

アンカー:
その時、その話を?

イ:
はい、そのために、入国を不許可にするというのです。
だから、なぜ、今の今まで日本と韓国を行ったり来たりしてきたのに、
今になって、不許可なのかと審査官に聞いたら、
「当時はインターネットが発達していなかったから、あなたの事件もわからなかった」
と言うんです(笑)。

アンカー:
それって、とても理解に苦しむ状況だったのですね。

イ:
本当に呆れました。しかも、一緒にいた妻まで引っ張られ、調査を受け、
「旦那の24年前の事件は知っていたのか?」と聞かれたようです。
それって、プライバシーの侵害でしょ?そんな話を聞かされながら、
私の妻も審査室に閉じ込められていたのです。

Baidu IME_2014-11-12_16-38-36
※羽田に同行していた姉さん女房パク・ヒョンジョン。(李承哲の再婚相手)
高麗大学経営学科卒で、2007年の結婚前は繊維会社で社長をしていたらしい。

アンカー:
そうだとしたら、これからの日本での活動は難しくなりそうですね。

イ:
日本での活動はそれほどしていませんでした。
どちらにせよ、何より、大韓民国の国民として、
これまで、独島【ドクト】問題を傍観していただけでしたが、
今後、国民参加を通じて、島を守るためのイベントみたいなものを
ドンドン行わねばと思います。
私の公人として立場も考慮すれば、傍観しているだけではダメだと思うように・・・

アンカー:
韓国に帰国して、日本大使館などから何か説明を聞かされましたか?

イ:
全くありません。

アンカー:
これって、とても深刻な問題のように思います。

イ:
はい、とても深刻で、一体、日本は韓国をどう考えているのか、憤慨しました。

アンカー:
わかりました。私たちも出来る限り、昨日の日本当局の処置について、
もっと取材してみます。

イ:はい。ありがとうございました。


以上です。



まあ、僕から言えることは、
全ての外国人が日本に入国する権利はそもそも存在せず、
日本政府は入国する外国人を選別できる権利を有するということだけ。

7000724_1.jpg
※女優カン・ムニョン、2011年MBCドラマ「私の心が聞こえる?、내 마음이 들리니」に
出演歴あり

彼の大麻以外の犯罪歴を調べて見たら、
1996年、交通事故で腰を痛めた前妻で女優のカン・ムニョンを
病院へ連れて行って、医師とトラブルになり、
その医師の顔を殴って、告訴された過去がありました。
また、翌年、前妻と離婚後、離婚事由について、
前妻が、「夫イ・スンチョルの家庭内暴力が離婚理由」と暴露したことが、
話題になったこともあったとのことです。
最近では、2010年、飲酒運転で摘発され、免許取り消し処分も受けています。

大麻や暴力行為が発覚しても、
いくら昔のこととは言え、
韓国での人気もある程度維持しているイ・スンチョルという歌手。
本当に不思議に感じます。
彼の韓国芸能界生き残り術に関して、知りたくなりました。


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村


関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL