ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2015年1月 釜山~済州を巡る韓国ふれあいの旅 ≫ かつては避難民が肩を寄せ合って暮らしたタルドンネにある居酒屋「6・25(ユギオ)マッコリ」

かつては避難民が肩を寄せ合って暮らしたタルドンネにある居酒屋「6・25(ユギオ)マッコリ」

鍵つきというのか、内緒、秘密、非公開のコメントを時々いただきます。

コメントに鍵がついていると、変にドキドキするのですが、読者のみなさん好意的で、
人には言えないコメントに慰められたり笑ったり、いつも私は癒されています。

そんな非公開コメントなんですが、あるコメントに、そうそう~私もそうだ~と、
思わず自嘲気味に笑いました。笑ったあと、しばらくしんみりして考え込みました。
内緒のコメントさん、御免なさい。私と同じ気持ちなので一部だけを公開します。

「最近韓国について言わない、聞かないのがラクです」

マッタクモッテ ソノトオリデス イワナイキカナイ ワダイニシナイ
イツカラ ワタシタチハ カクレキリシタン ミタイニナッテシマッタノダロウ
タダ カンコクリョコウヲ シテイルダケデス ソレダケナンデス ガ

P1070850.jpg

旅の初日、釜山で行きたかった店に、足はガクガク、ヨレヨレで到着しました。

心臓破りの坂を上り、階段を上がり、店までもっとラクな行き方もありますが、
オルネリョ!さんに行き方のルートの選定を任せると、彼なりの理屈で、
この心臓破りの行き方がベストルートになります。彼の選択はいつもいつも、茨の道。

P1070854_20150121053324757.jpg

잊지말자 6・25
イッチマルジャ ユギオ
忘れるな 朝鮮戦争(韓国呼称:韓国戦争)

다시보자 친구야
タシポジャ チングヤ
また会おう 友よ

그때를 아십니까
クッテルル アシムニカ
あの時をご存知ですか?


曇ったガラスには、こんな文言が張ってあります。

P1070856_20150121053324ade.jpg

65歳以上の6人のハルモニが交替で切り盛りする小さな店は、7時前には満席。

「タルドンネ」という言葉を聞いたことがあるかと思います。
この店「6・25(ユギオ)マッコリ」は、月が最も近くに見える山の斜面の町、
「タルドンネ」と呼ばれた、釜山港から沖に上がり山の斜面を上った場所にある店。
釜山は月の町と呼ばれる、タルドンネが韓国の中でも多いと言われています。

その昔、朝鮮戦争の際、釜山には多くの避難民が殺到し、廃材を使った掘っ立て小屋を、
山の上へ山の上へと次々建てて住み着くようになり、そのまま住宅街になったそうです。

朝鮮戦争が休戦すると、分断ラインの阻まれ故郷に帰れなくなった人々、
失郷民となった人々は、仕事に、あるいは職を求めて、山の斜面の町タルドンネから、
釜山港湾岸やジャガルチ市場などへ、このきつい坂道を上り下りして通ったそうです。

P1070859_20150121053326530.jpg

坂を上り186段の階段を上がって来たので、ダウンコートが必要ないほど、
身体は暖まりましたが、思いのほか、釜山の夜の外気は冷たかったようです。
撮影するカメラのレンズが曇っていました。

P1070860_20150121053327427.jpg

しばらく店内で席が空くのを待つことにしました。

P1070862_201501210534391a2.jpg

周囲には、他に店は見当たりませんし、この坂を上ってきたのです。
簡単には引き返せません。

店は釜山のマッコリ、生濁(センタク)のみ。そしてマッコリと相性が良いつまみの店。
翌日からは済州島へ。おそらく豚と海鮮三昧になるだろうと予想して、マッコリの店へ。

P1070865_20150121053440104.jpg

ちょっとちょっと、そこに座るのはオルネリョ!さん。仕事しているハルモニの邪魔でしょ。
構わないから。あなたもここに座って飲みなさい。
ハルモニが遠くから来て待たせるの悪いからって。
そうですか~カウンターがぶりつきで乾杯。

P1070870.jpg

しばらくしてテーブルが空いたので、そちらへ移動して再び乾杯です。
カウンターで飲みだしたので、心優しい父娘が席を譲ってくれたというのが、実情ですが・・・。

625マッコリメニュー

メニューには、私が食べたい韓国料理が並びます。しかもこの価格です。

P1070873.jpg

海産物が美味しい釜山なので、迷わず海鮮チヂミと、店で作っているトトリムクの和物。
どちらも、私たちをうならせる味でした。どちらも5000ウォンです!ひゃ~びっくり。

P1070881.jpg

これがオルネリョ!さんの外交。ハルモニの時給が5000ウォンと聞き出しました。
店は年中無休、昼の1時から夜は9時ぐらいまで営業しているそうです。
そう真っ昼間から、マッコリが飲めて、美味しいつまみもいただける!?

夢のようじゃ~♪

P1070895_201501210540241ab.jpg

「草梁洞一体の山が朝鮮戦争当時、釜山港に到着した北からの避難民のキャンプだった」
そう話を始める隣りのテーブルのアジョシ。

P1070890.jpg

この方は近所に住む、釜山広域市蓮堤【ヨンジェ】区役所 文化体育課勤務の公務員、
キムさん。 主に高齢者の生涯学習を担当。九州方面に出張も多いとか。

このキムさんがおっしゃるには、この店の周辺も、20年前までは貧しい人ばかりが住む街で、
今ではすっかり変わってしまったが、昔を懐かしみ、かつての住人が再び訪ねてくる例も多いらしい 。

P1070894.jpg

キムさん、身体をひねったまま、話に熱が入ってきました。

店は、釜山市と東区役所が主導で地域のまちおこし事業として、
また老人の職場創出事業の一環で企画したものだそうです。
東区老人総合福祉館が、地元のお年寄りに、
飲食店やゲストハウスの運営を委託するいう形態とのことです。

内緒の話として、ここで働いているお年寄りは、どちらかというと恵まれている方々。
(本当に苦労しているお年寄りは、福祉が切られるので外で働けないらしい)


P1070896_20150121054051fd4.jpg

ハルモニの料理の味とアジョシの人懐っこい笑顔。旅の出だしは上々です。
これだから韓国旅行は中毒になります。報道はされない韓国がここにはありました。

P1070892_20150121054020795.jpg

タルドンネと呼ばれた町にある小さな店「6・25(ユギオ)マッコリ」に寄せられたメッセージ。

P1070893_20150121054021002.jpg

もう少し、考えて書けば良かったわ・・・。



Baidu IME_2015-1-20_19-26-54
Baidu IME_2015-1-20_19-26-36


6・25マッコリ
所在地:부산광역시(釜山廣域市) 동구(東區) 초량동(草梁洞)994-56番地
営業時間:13~21時(くらい)
※基本的には無休(65歳以上のお年寄り6人が2交代で勤務)
電話:051-467-7887(問い合わせ番号は釜山広域市東区老人総合福祉館)
交通:釜山地下鉄1号線「釜山駅」5番出口からおよそ800m
(168階段は本当にキツイ坂でした。なのでマッコリが旨い!)



おまけ

20140311000032_0.jpg

店のオープンは昨年の2014年4月。
キーマンは東区老人総合福祉館の在宅福祉担当チーム長チョン・ヘソンさん
日頃は独居老人の見回りをしている彼女が、
釜山市と東区役所を巻き込んで地域のまちおこし事業と、老人の雇用創出事業の一環で企画。
東区老人総合福祉館が、お年寄りに飲食店やゲストハウスの運営を委託するいう形態で、
周辺には、住人の老人たちが運営するゲストハウスや食堂が他にもいくつかあります。











関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.01.21Wed 12:17 ≫ 編集
Re: コメントいただいた方へ
コメントいただいた方へ
韓国食堂で私が望むものは、マニュアル通りの接客でもなく、
人に自慢したくなるようなロケーションでもなく、ただひたすら昔ながらの美味しい韓国料理。
冷静に考えたら、その通りで、それ以下の店(国内外問わず)に、
雰囲気で高いおカネ払っているかもですね(^_^;)
いつまでも誤魔化しはききません。ブーム衰退の原因は、そこかも?と私も思います。
2015.01.21Wed 13:29 ≫ 編集
お久しぶりでございます。
今年初旅行は、韓国プサンでしたか。
オルネリョさんと一緒で、これからなにが起きるか(起きたのか)とっても楽しみです。(笑)
私もプサンには5,6年ほど前に一回数時間滞在したことがあります。
母の故郷のハップチョンに行った帰り、プサンが近いのかと思いタクシーでプサンまで行きましたが、何時間かかったか忘れましたが、随分乗ってた記憶があります。
それなのに、がめつい娘は、タクシー代を値切って母が「悪いことした」と悔やんでいたのを
いまでも申し訳なく思い出に残っています。
プサンが坂の町だとは知りませんでした。
坂好きなので、是非行ってみたいです。
夜景が韓ドラに良くある風景みたいで良いですね。
次のブログが楽しみです。
2015.01.21Wed 16:01 ≫ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.01.21Wed 23:41 ≫ 編集
Re: よよこさんへ
よよこさんへ
ハップチョンから釜山へタクシー移動はスゴイです。
オルネリョ!さんが調べたら、
1時間以上~日本円で1万円以上はかかると言っていました。
運転手さん、ハップチョンまで戻るのも大変だったかと(^_^;)
そうそう~韓国ドラマで見る坂道の夜景みたいでした^^
2015.01.22Thu 08:44 ≫ 編集
Re: コメントいただいた方へ
コメントいただいた方へ
ご心配ありがとうございます(^_^;)
2015.01.22Thu 08:45 ≫ 編集
初めまして
いつも読み逃げで失礼しておりました。
カクレキリシタンに苦笑いしましたが、よく考えてみれば、
韓流ブームのおかげでこの10年、陽の当たる場所に出れただけで、
その前は何十年もの間、カクレキリシタンだったのではないでしょうか?
また、元に戻っただけなんだと思います。
踏み絵を踏まされないように、ひっそりと生きる所存です。
2015.01.22Thu 16:11 ≫ 編集
Re:キリシタンその三さんへ
キリシタンその三さんへありがとうございます^^
そもそも韓国のドラマも音楽もサブカルチャー的な扱いでしたが、
我が家的にはですね。マイノリティ、アングラといえばいいのか。
それがあれよあれよとモンスターになっちゃって、お取り扱い注意です。
セイジトスポーツハーワケテカンガエルベキ ナンテモットモナゴイケンニ
セイジトブンカトリョコウハワケテカンガエルベキ トゴイケンシタクテモ
イワナイキカナイがラクなんてキブンになるわけです(^_^;)
2015.01.22Thu 16:56 ≫ 編集
そーなんですよ。もうすっかり忘れてますが、ウオンがなく円と混ぜて、1万円と残りいくらだったかウオンを渡した記憶が残ってます。
帰りのガソリン代を考えてもう1万渡せば良かったって、申し訳ないことをしたと・・・
日常の生活では、慎ましく節約家の母ですが、なぜか韓国では気持ちよく札をきってたのが、良い旅の思い出です。
雑用、雑念に埋もれてなかなか小旅行ひとつ出来ないでいますが、今年はワッタカッタ様達みたいに気持ちよく出かけてみるつもりです。
2015.01.23Fri 10:20 ≫ 編集
行ってみたい〜〜
こういう雰囲気好きです〜。
地元の人しか来ない昔にタイムスリップしたような雰囲気が味わえる場所いいですね。

仰せのとおり、働いて外に出てこれる人はまだ恵まれていて
先日、釜山で福祉を打ち切られた高齢者が孤独死でなくなり膨大な数の
外に出れない独居老人や孤独死予備軍が問題になっているようです。

チーム長チョン・ヘソンさんの頑張り、素晴らしいですね。
こういう動きが活発になっていけば良いなと思います。


こういう高齢化の問題とか日韓で共有して解決策を
見出していくよう協力すれば良いのにって思いますね。
2015.01.23Fri 13:36 ≫ 編集
Re: よよこさんへ
よよこさんへ
そうそう~思い切りが大事です(^_^;)
いつか・・・なんていつかわかりませんから、今かもしれません^^
2015.01.24Sat 07:02 ≫ 編集
Re: ちかりんさんへ
ちかりんさんへ
ネタバレをすると、この店の情報は、釜山観光公社さんのブログで知りました。
さらにオルネリョ!さんが検索をかけると、この店の近所一帯に、
お年寄りが働く、様々な業態の店や宿泊所があることが分かり・・・そちらは、
第2弾の記事で紹介しますね~。
世田谷区にも、ボランティア活動している高齢者は多いですが、
ここまで積極的に事業となると・・・釜山の試みは素晴らしいかもと、
私も思いました^^
2015.01.24Sat 07:07 ≫ 編集
カクレって
反対にアンチな事言いたい時、同じ抑制が働くんですよ~。
ちょっとヒドいんじゃない?あちら様、とぶつけたくてもめったやたらに言えない警戒感。。。
相手をよく知っていないと切り出せません。知っている人でも日頃の言動でポリシーが解っている人にしか韓国とか言い出せません。結局、話題にする事はほぼありません。
どっちもカクレです。

なかなか政治と切り離して考えられないのは芸能も国家戦略だから。 個人の趣味は生活の糧だから楽しんでくださいね~。
2015.02.02Mon 08:01 ≫ 編集
Re: EVEさんへ
EVEさんへ
仕事絡みの付き合いから、損得勘定が無い留学生、ただのおばちゃんと、
韓国の方とのおつきあいの幅は広いと自負していますが、
いまだに「○○起源説」など言う人にあったことが無いのは、
お互いが抑制しているせいでしょうか。

うかつなことで韓国の「か」も言えない社会的な雰囲気には疲れます(^_^;)
私も、わざわざ火中の栗を拾いに行くほどヒマではないので、
よく知らない人とは、話題にしません(>_<)
2015.02.02Mon 08:45 ≫ 編集
コメント返信をご丁寧にありがとうございます。
いつも大変お忙しそうなので(特に家事!)お身体をお大事になさってください。
2015.02.03Tue 07:09 ≫ 編集
Re:EVEさんへ
EVEさんへ
忙しくしているのは、自業自得です(^_^;)
EVEさんも、寒いですからお風邪など引かれませんように。
2015.02.04Wed 09:17 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL