ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2015年1月 釜山~済州を巡る韓国ふれあいの旅 ≫ 晴れたり曇ったり万丈窟から城山日出峰までスリリングなドライブ

晴れたり曇ったり万丈窟から城山日出峰までスリリングなドライブ

旅の4日目は、朝からどうも不発。

先ず朝ごはんが良くありませんでした。
冬の朝に冷たい料理を選択した私の間違い。身体が冷え切ってしまい、
そしてバスを待って待って乗って歩いて歩いて行ったトルハルバン公園は休園。

済州の世界自然遺産、万丈窟を見学して、そこから車が走る道路までは、
かなり歩くので、万丈窟からバスに乗ろうかと考えましたが、
次のバスが来るまで1時間以上もあります。

その様子を見ていたタクシーの運転手さんが、見逃すはずがありません。
これはカモがやって来たとばかりに、車から降りてきて猛烈な営業。

人生そろそろ半世紀近く過ごして来ましたので、人相からお人柄が伺えます。
このタクシーは遠慮したいと逃げましたが、逃げられません。観念して乗車します。

P1080775.jpg

タクシーは城山日出峰へ向かい、車中から、その姿が見えて来ました。
しかしどよ~んとしたミセモンジ、微細粉塵に包まれ、城山日出峰は霞んでいます。

数日前、YAHOO!ニュースから、気になる記事をクリックすると、
中国最大の日本情報サイト!Record Japanへジャンプしました。

2015年3月4日、中国メディアの新浪が、
韓国のスモッグは中国から来たとの主張は誤りであると
NGO団体が報告したことを伝えた。


と、そこには書いてありました。ええ!?どう~いうこと!?

新浪は、多くの韓国メディアが、
韓国のスモッグは中国から来たものだと報道していたが、
国際的な環境保護団体・グリーンピースがソウルで行った記者会見で、
韓国のPM2.5の50~70%は韓国本土からのものであると指摘した。


と、続きます。そうか~そうなのか~
済州まで中国からミセモンジが飛んで来ているばかりと、
私は思っていましたが、実のところ、どうなんでしょうか。

http://www.recordchina.co.jp/a103632.html

P1080776.jpg

タクシーが走り出す前、オルネリョ!さんが詳し店の住所電話番号場所を説明しました。
それでも運転手さんが店の場所が分からない様子に、他のタクシーの運転手さんまでが、
店の場所を、あ~だこ~だと説明。場所は分かったと走り出しましたが・・・

車が止まり「そこの道を入って行くと店がある」と言って車から降ろされ、
素直に歩いて行くと、脇道の先は海が広がり、びっくりのこの景色。

これはタクシーの運転手さんからのサプライズ!?

P1080816.jpg

「あの運転手さん、やっぱり店の場所、分かっていなかったんだ~」

仕方がないと歩き、店は、みつかりました。そして食事に大満足して気分も晴れてきました。
店を出ると、済州の空も青く晴れています。風向きによって微細粉塵の包まれたり晴れたり。

P1080822.jpg

タクシーの運転手さんも、いろいろ。災いを招かないのも、人間力が試されます。
以下、オルネリョ!さんのレポ(記録)。

萬丈窟から乗ったタクシー

NAVERやDaumの地図案内には、萬丈窟から城山日出峰まで、
タクシー料金が1万9千ウォンと表示されていたのですが、
走り出してすぐ、運転手が「目的地まで3万5千ウォンです」と言い出した。

「기삿님, 이런 식으로 나오시면 너무 곤란합니다.」
キサンニ~ム、イロン シグロ ナオシミョ~ン ノ~ム~ コルラナムニダ~
運転手様、こんなやり方をされると、とても困ります。

走行中にも関わらず立ち上がって、車から降りる素振りを見せると、
運転手は「알았어요.알았어요.」
アラッソヨ~ アラッソヨ~ 分かりました。分かりました。

「목적지 가는데 요금이 얼마나 드는지, 인터넷을 보고 제가 잘 알고 있습니다.」
モクチョクチ カヌンデ~ ヨグミ オルマナ トゥヌンジ 
イント~ネスル ポゴ チェガ チャ~ル アルゴ イッスミダ~
目的地に行くのに、料金がどのくらいなのか、
インターネットで見て、私、よくわかっています。

「만약 미터기로 계산 안 해 주신다면 지금 당장 내려야 겠네요.」
マニャッ ミ~ト~ギロ ケサン アネジュシンダミョン 
チグム タン~ジャン ネリョヤゲンネヨ~
仮にメーターを使って計算してくれないのなら、
今すぐ降りないといけないですね~。

僕が以上のように淡々と諭すように語りかけると、運転手はメーターを使い始めましたが、
メーター自体が信用できなかったので、コチラはメーターが正常に作動しているのか、
遠回りをしていないか、到着するまできっちり監視活動を続けた。

走行中、携帯電話が鳴り、話す話の内容が、
「誰々が全然カネを返してくれなくて、困っている」
と、カネの貸し借りの話が続き、電話が終わると、これから半日7万ウォンで、
案内するがどうか?と、これまた営業。丁重にお断りさせていただきました。

P1080818.jpg

萬丈窟から城山日出峰まで、メーター走行で、運賃14,700ウォン。
運転手さんの言い値の約半額でした。

城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)が晴れて良かったです。


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

クリックして応援してね^^









関連記事

Comment

PM2.5
50~70%が韓国本土由来ということは、のこり30~50%は中国大陸由来でしょうね。
どちらにしても大概な数字です。
この時期に韓国や中国本土へ行くのは呼吸器系が弱い人は避けたほうが良さそうです。
2015.03.09Mon 20:44 ≫ 編集
Re: cda さんへ
cdaさんへ
まさか1月にも、モヤ~とするとは思いませんでした。
この時期の訪問、マスクは持参ですね(^_^;)
2015.03.15Sun 11:39 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL