FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP2015年1月 釜山~済州を巡る韓国ふれあいの旅 ≫ 済州市外バスターミナルから始まる島を巡るバス旅も悪くないかも!?

済州市外バスターミナルから始まる島を巡るバス旅も悪くないかも!?

済州の有名観光地、城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)から、
市外バスに乗車して、またまた気絶、これまた気づけば済州市内に入っていました。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックして応援してね^^

P1080825_20150312090427de5.jpg

島の端まで行き着き、そこから市外バスに乗車して、市内中心部に戻って来る、
移動中は爆睡しているせいか、約1時間のバスの旅も苦痛ではありません。
けしてオススメはできませんが、済州の観光、もしかしてバス利用も悪くはないかも。

P1080827.jpg

済州の旅、次回があるなら移動は、タクシーのチャーターか、レンタカーの旅と、
前回の記事に書いたばかりで矛盾しています。まったく一貫性がないブログで恐縮ですが、
バスターミナルの匂いを嗅ぐと、思い出すと、またバスに乗りたくなってしまうのです。

済州市外バスターミナルに到着して、「懐かしい~」と思いました。
実は、初めての済州の旅、まだブログを始めていなかった頃ですから、
5年ほど昔、ここ市外バスターミナルを拠点として、島の旅を敢行しました。

P1080830.jpg

結局、またここに戻ってきたわけです。
旅のスタイルが、私たち5年経っても変わっていません。
ただ建物の内装は、多少明るくキレイに変わっていました。

初めてここを訪れた時は、薄暗くて汚くて、バス待ちは地元のお年寄りばかり。
そこになぜかアングロサクソン系のガイジンさんが2人。バックパッカーでした。
翌日もまたその若い女性のバックパッカーのガイジンと、ここで遭遇したこと、
よく覚えています。市外バスを利用して島を観光するのは、ガイジンと私たちだけだね、
何て、オルネリョ!さんと話をしたこと、本当に懐かしいです。

P1080828.jpg
※店名:추억나들이(チュオンナドゥリ[思い出の散歩])

韓国の市外バスターミナルには、おでんはつきもの。この匂いが旅情をそそります。

P1080829_201503120904317bf.jpg

市外バスターミナルは、済州島全土を結ぶ長距離を走るバスの発着所。
長旅の前に後に、串に刺さったおでんを食べて腹ごしらえ。
これが韓国庶民の旅の心得。ツアーやタクシー利用では味わえません。

やっぱり済州の旅は、市外バス利用も有りかも。と思う瞬間。

P1080831_2015031209051099a.jpg

市外バスターミナルの作りは、本土、陸地と、さほど変わりません。
おでんの店があって、売店が並びます。そして見送る人。見送られる人。
空港から観光地、ホテルへと移動する済州の旅もステキですが、この雰囲気、
素顔の済州が垣間見られて、やっぱり足で歩く旅も悪くはないと感じます。

P1080840.jpg

5年前にはなかったものです。

P1080841_20150312090514e03.jpg

液晶の、リアルタイムの案内。少しずつですが、市外バスターミナルも進化していました。
5年前は入って死にそうになったトイレも多少キレイになっていました。

P1080833_20150312090511ad3.jpg

オルネリョ!さんの韓国語のヒアリング学習にもなるかと、韓国生活中は、
タクシーは利用せず、移動は地下鉄かバスでした。旅先でも、専らのバス利用。

5年前、ここに立ち、路線図を見て、その日の予定が決まりました。
特に行きたい場所も決めず、ホテルから市外バスターミナルまで来て、
路線図を見て、島の東へ西へ動く自由気ままな旅。
移動に時間はかかりますが、記憶には残ります。

P1080837.jpg

701番:一周道路、東回り路線。金寧や万丈窟、城山日出峰などへ。

P1080836.jpg

710番:繁栄路(一周道路より内陸部)を走り、島の東部の城山港入口へ。

P1080838_2015031209082541a.jpg

720番:繁栄路。ハルラ山の東を通りサリョニの森~済州民族村方面へ

P1080834_20150312090821975.jpg

730番:南朝路。エコランド~石文化公園経由して西帰浦市外バスターミナルへ。

P1080839.jpg

740番:1100公路/1100道路。ハルラ山の西を通り~中文サゴリまで。

P1080835_201503120909133d9.jpg

780番:516-中文高速化。ハルラ山の東を通り西帰浦市外バスターミナルへ。

追記:運賃は走行距離によって決まります。1,300~3,300ウォン。
支払いは、T-moneyなどの交通カード利用可能。
乗車して運転手さんに行き先を告げる、そしてカードをタッチ。
すると行き先に該当する運賃が交通カードから差し引かれます。
もちろん現金払いも可能ですが、交通カードの方がラクです。


写真はありませんが、新設された路線(平和路/英語教育都市)で、
英語教育都市を経由して、摹瑟浦(モスルポ)とを結ぶ、755番もあります。

Baidu IME_2015-3-12_21-31-6
※755番バスの時刻表は韓国人ブロガーさんから拝借 Byオルネリョ!

注意:時刻表の写真が助かるというコメントをいただいたのでアップしましたが、
時刻表、路線とも、ちょくちょく変更になります。お出かけの際は最新の情報を、
確認してください!


P1080842_20150312090914ebf.jpg

時間は夕方の5時を過ぎた頃。済州の1月は5時を過ぎても明るかったです。
そうそう済州も中心部は、朝、夕方とも交通ラッシュになります。
お急ぎの時は、ラッシュ時の時間は避けての移動がイライラしなくて済みます。

さて夕食前の、これから行きたい場所があります。

P1080844-1.jpg

市外バスターミナルの前の、不思議な像に見送られて出発。
韓国の街角の芸術作品、時々理解不能です。私の芸術鑑賞能力が足りないせい?

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

クリックして応援してね^^





済州市外バスターミナル
交通:空港から100番バスに乗車し、5つめのバス停。12分、1,150ウォン(交通カード利用時)



関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL