ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2015年1月 釜山~済州を巡る韓国ふれあいの旅 ≫ ハルモニの味にハズレはないかも~韓国釜山のマッコリ酒場「6・25(ユギオ)マッコリ」再訪

ハルモニの味にハズレはないかも~韓国釜山のマッコリ酒場「6・25(ユギオ)マッコリ」再訪

韓国釜山のマッコリ酒場「6・25(ユギオ)マッコリ」について、
私が初めてブログに書いたのは、今年の1月21日でした。
あれから早いもので3ヶ月ほど経とうとしています。季節はすっかり春。

かつては避難民が肩を寄せ合って暮らした
タルドンネにある居酒屋「6・25(ユギオ)マッコリ」


今年2015年は、日韓国交正常化50周年ということで、年初めから、
日本と韓国、今年こそは明るい展望が見えてくるのではないかと思いましたが、
さてどうでしょうか。

外務省のHPによると・・・
国交正常化当時に、1年間約1万人であった両国間の人の往来は、
現在では1日1万人を超えるまでになりましたと、書いてあります。

人と人の交流は進んでいます。が、さてどうしたものかです。

P1090230_201504080911057a4.jpg

釜山に行ったら、あそこにも行きたいここにも行きたいと、
出発前は、あれこれ考えていましたが、
旅の初日に立ち寄った「6・25(ユギオ)マッコリ」に、また来てしまいました。

P1090231_201504080911041c0.jpg

前回訪ねた時、店は満席でしたが、まだ明るい時間だったせいか、ほぼ貸切状態。
店内に展示してある、気になっていた写真も、今回はゆっくり見ることができました。

P1090238.jpg

この店のあたり、タルトンネと呼ばれていた当時の写真だそうです。
この細い坂道、雨が降ったら、さぞかし泥濘るんで、
上り下りと歩くのは、並大抵なことではなかったと想像できます。

P1090233.jpg

P1090232.jpg

P1090235.jpg

そしてここで生活する子供たち。

P1090237.jpg

エアコンの下、壁にはメッセージが書いてあります。

P1090239.jpg

6.25막걸리 우리의 일생이 흐르고 있습니다.
2014.6.12 구청장 단선인 박삼석 올림

6.25マッコリ、我々の一生が流れています。
2014年6月12日 区長当選者 パク・サムソッ   敬具


P1090241.jpg

メッセージを書いたのは、釜山廣域市東區の区長で、パク・サムソッさん。
90年代、삼보여객(三保旅客)というマウルバス運行会社の社長をしてた地元の名士と、
ネットには紹介がありました。ここの生まれなのかもしれません。

P1090242.jpg

さてさて料理とマッコリが運ばれてきました。

P1090243_201504080906305b8.jpg

済州では、怒涛の豚肉料理三昧でしたので、釜山では、さっぱりとしたオジンオムチムを。
味のベース、チョコチュジャンが美味しい~しかもイカが美味しいので、めっちゃ旨い。
味の決めてセリとエゴマの葉が、東京で食べるものとは一際香りが違います。

625マッコリメニュー

マッコリに合う、韓国料理のラインナップに、またまた悶絶。

P1090244.jpg

しっかりした味のトゥブキムチ。豆腐が硬派なんで熟成キムチと相性抜群。

P1090248.jpg

そして釜山の味、おでん鍋。言わないでも、おばちゃんが半分の量にしてくれました。
会計時に半額になっていたので、こちらの様子を見て半分にしてくれたことが分かりました。

P1090252.jpg

オモニの味と言うより、ハルモニの味。熟練の手に味の外れはありません。
ここで働く地元のお年寄りたちも賄いタイムです。忙しくなる前に腹ごしらえ。

P1090254ー1

写真にはありませんが、いや突然だったので、写真を撮る間もありませんでしたが、
自分たちが食べていた料理を、私とオルネリョ!さんの口に、一口ずつ入れてくれました。

突然のことでびっくりしていたら、もう一口ずつ、親鳥がヒナに餌を与えるように、
断ることもできないタイミングで、私たちの口に料理を入れてくれました。

ハルモニがおっしゃるには、一口だけでは情がないそうで、
必ず二口以上は、口に入れないといけないと。

P1090255ー1

そんなこんなで、オルネリョ!さん、ハルモニたちの歓談に参加。
違和感なくおばあちゃんたちと、おしゃべりしています。

P1090258_20150408090548453.jpg

やっぱりここ「6・25(ユギオ)マッコリ」に足を運んで良かったです。
旅の最後の夜、美味しい料理とマッコリ、そしてハルモニたちとの草の根の交流。
すっかり暖かい気持ちになりました。

P1090256_20150408090549060.jpg

外に出ると、釜山港大橋が明るくライトアップされ眩しく輝いていました。
釜山も良いな~。そんな気持ちになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックして応援してね^^




Baidu IME_2015-1-20_19-26-54
Baidu IME_2015-1-20_19-26-36


6・25マッコリ
所在地:부산광역시(釜山廣域市) 동구(東區) 초량동(草梁洞)994-56番地
営業時間:13~21時(くらい)
※基本的には無休(65歳以上のお年寄り6人が2交代で勤務)
電話:051-467-7887(問い合わせ番号は釜山広域市東区老人総合福祉館)
交通:釜山地下鉄1号線「釜山駅」5番出口からおよそ800m
(168階段は本当にキツイ坂でした。なのでマッコリが旨い!)










関連記事

Comment

素敵な国際交流
ワッタカッタ!さん、ご無沙汰しております!!
いつも読み逃げばかりでスミマセン(^^;)
1月の旅行記、しっかり読ませていただいております~!!

こちらのお店、市と区が主導してまちおこし事業として経営されて
いるようですが、高齢化が進む中、見習うべき素晴らしい事業ですね。

そして、以前の記事も再度拝見致しましたが、お料理がどれも美味しそう
です!!

私、ゴールデンウィークに釜山行きを予定していて、釜山駅の近くに泊まる
予定なのでぜひ行ってみたいのですが、女一人じゃ寂しいですかねぇ…(^^;)
2015.04.08Wed 12:31 ≫ 編集
Re: 芙蓉さんへ
芙蓉さんお元気でしたか^^
私の周辺、このGW、韓国旅行という話、多く聞きます。
羨ましいです。
芙蓉さんは、旅慣れていらっしゃると思うので、
おひとり様も大丈夫かと思いますが、料理1品1品のボリュームがるので。
マッコリ1本と料理1品にして、チヂミ半分はお持ち帰り
ポジャンではどうでしょうか。
最終日だったら、チヂミは日本に持ち帰っても痛まないかと。
良いご旅行を~~~♪

2015.04.08Wed 15:13 ≫ 編集
おはようございます♪
ソウル大の記事コメでは オルネリョ!さんから
ご丁寧な返信いただきありがとうございました。

この記事の展示写真は土門拳氏の「筑豊のこどもたち」を
彷彿させる写真ですね。
アミ洞には日本人の墓石で作った家の土台や
住宅街の階段があるのですが、釜山タルトンネの
当時の状況からみると止むを得なかったのかも‥と
展示写真を見て思いました。
気持ちは複雑ですが。
そういった時代をくぐり抜けてきたハルモニたちが
作ったパンチャンは間違いないお味でしょう!
お二人の草の根交流うらやましいです。
2015.04.09Thu 09:58 ≫ 編集
Re: 神無月さんへ
神無月さんへ
返信が遅くなってすみません。本日、韓国から帰国しました。
オルネリョ!さんも、同じ感想を言っておりました。
土門拳氏の写真に似ていると。
おそらく報道カメラマンさんの写真ではないかと推測しますが、
優しい眼差しで撮られて写真のような気持ちがします。
こちらのハルモニたちは、こんな風景だった時代をご存知でした。
日本でもそうですが、戦後の廃墟から、
立ち上がってきた人々の優しさと力強さを感じました。
2015.04.12Sun 17:16 ≫ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.04.28Tue 11:15 ≫ 編集
Re: コメントいただいた方へ
コメントいただいた方へ
嬉しいです。報告ありがとうございます。
625マッコリ、反響が大きく、友人たちからも「あの店・・・」と、
記事upのあと、聞かれることが多くありました。
行くには不便な場所ですが、店の由来とタルトンネの成り立ちを知って、
飲んで食べるマッコリとハルモニたちの料理は、格別の味です。
今の時期なら、階段上りも清々しいかと。
また私も行きたくなりました^^
2015.04.28Tue 12:35 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL