ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP2015年4月 韓国ソウル食べ尽くしの旅 ≫ 韓国地方旅~花見のあとは漢方マッコリで乾杯!デザートはカボチャ飴!

韓国地方旅~花見のあとは漢方マッコリで乾杯!デザートはカボチャ飴!

お花見の楽しみは、花を愛で酒に酔い、クダを巻くことにあり~。
by オルラッタネリョッタ!

さてさて、山茱萸のお花見に夢中になって歩いていたら、昼時はとっくに過ぎ、
お腹も空いて喉も乾いたので、この辺りで一杯、軽く飲むことにしました。



店らしい店は見当たりません。山茱萸(サンスユ)がシーズンの期間だけだと思いますが、
村のあちらこちらの家々の庭先に、特設の食堂が出来ていました。

P1100337.jpg

食堂と併設して売店も。こちらは秋に赤く熟す、山茱萸の果実を乾かしたもの。
これが朝鮮王朝時代から、漢方薬として民間でも利用されてきました。
ちなみに真っ赤な色合いから「秋珊瑚」とも山茱萸の果実は呼ばれるそうです。

P1100342.jpg

ここで検索しても何の情報もありません。動物的な勘で、こちらの民家に入りました。

P1100431_2015050508570295a.jpg

庭にハンアリが並び、いい感じ。だと思ったのですが・・・。

P1100423_20150505085627f28.jpg

到着そうそうには、ピンクのサンスユマッコリを飲みましたが、
ここではイエローのマッコリです。

ワ!:「それ何?」
オ!:「ファンギ(황기 [黃芪] )」

また変わったマッコリを・・・ファンギとは日本ではキバナオウギと呼ばれる漢方。
韓国では高麗人参と並んでポピュラーな漢方材(効能:利尿作用&肝臓保護&免疫力強化等)で
参鶏湯にも使われます。
身体には良いですが、独特のクセがあります。この漢方臭がオルネリョ!さんは大好き。

う~ん飲めないことはありませんが、漢方臭プンプンのマッコリです。
一方、オルネリョ!さんは、臭みに大絶賛。人の好みはそれぞれです。

P1100425_20150505085629401.jpg

そしてつまみには、トトリムク。期間限定ですから。一見さん向けの料理かな。

P1100434.jpg

炊事場も屋外の特設ですから。しかし花に酔い、だれも料理にはクレームしません。

P1100432_20150505085704284.jpg

할머니 집(ハルモニの店[ハルモニチプ]) メニュー

잔치국수(チャンチククス[祝宴にゅうめん])5000ウォン
해물파전(ヘムルパジョン[海鮮チヂミ])9000ウォン
묵무침(ムンムチム[どんぐりの粉で作った寒天の和え物]9000ウォン)
막걸리(マッコリ)3000ウォン

特別メニュー
인절미(インジョルミ[きなこ餅])

산수유차(サンスユ茶)
커피(コーヒー)

ご来店ありがとうございます。


P1100416.jpg
※「山火事注意」利川市

お手洗いの場所を聞くと、これまた適当~。その家の向こうと言われました。

P1100414.jpg

家の向こうとは?私だけでなく、周辺にはトイレ難民がウロウロ。

P1100415_20150505090424cb3.jpg

住所標識はありますが、人が暮らしている気配はありません。
ロケのセットみたいな家は、今の韓国では貴重です。

P1100411_20150505090422ec4.jpg

もう一度、オルネリョ!さんにトイレの場所を聞いてもらいました。
この家をぐるっと回らないと行けません。

P1100418_20150505090449448.jpg

ありました、ありました。トイレは立派に見えましたが、中の扉のカギは壊れ、
言葉にならない・・・汚れ方。掃除当番決めて掃除しようね。

そして花見に来る観光客に対して、絶対的な公衆トイレの数不足。
仕方がないと言ったら、それまでですが、韓国の地方のお祭りの課題ですかね。

P1100420.jpg

好きで私は韓国の地方に足を運んでいますが、これから本腰を入れて、
地方に観光客を誘致する覚悟であるならば、ホテルとトイレの改善は急務かも。

しかしこれが洗練されてしまっても、また韓国の地方の魅力は半減かな。
どこまで改善して、どこまで保全するか、韓国の地方の行政が苦手とするところ。
変にケバケバしく外面だけキレイになって、ソフトがついていかないこと多いです。

P1100284.jpg
店名:신토불이(シントブリ[身土不二、日本でいう「地産地消」])
민속호박엿(ミンソッホバンニョッ[民俗南瓜飴])

タクシーを降りた駐車場まで戻ってきました。

P1100441_2015050509045465b.jpg

オルネリョ!さんが。手作りの飴を食べてみたいと言い出します。

P1100442-1.jpg
호박엿(南瓜飴[ホバンニョッ]) 小2000ウォン 大3000ウォン
땅콩엿(落花生飴[タンコンニョッ])大3000ウォン
순대엿(おこし[スンデヨッ、穀物を加工し、飴で固めた菓子])大3000ウォン
※民俗伝統飴!無糖、無防腐剤、無人口色素

P1100440_20150505090452d54.jpg

買ったのはホバク(かぼちゃ)の飴。口に入れると懐かしい味。
仏壇の前で、おやつをもらった子供時代にタイムスリップする私。伝統的な田舎らしい味。
子供の頃、九州で「たんきり飴」と祖母が言っていた、素朴な飴の味を思い出します。
祖母が出すおやつは、全部仏壇に上がっていました。

P1100443.jpg

韓国の地方を歩くと、時々ノスタルジーな味わいに出会います。
私にとっては、韓国地方の旅の大きな魅力の1つです。





にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックして応援してね^^



サンスユ村周辺地図





関連記事

Comment

地図がわかりやすい
この地図つくりだけでも
かなりの時間を要したでしょう・・・
情報ありがとうございます
2015.05.05Tue 13:12 ≫ 編集
Re: 豊年満作 さんへ
豊年満作さんへ
まさかのそこですか(^_^;)
しかし地図製作者のオルネリョ!さんは、そのお言葉はうれしいかも。
さすがのITエンジニアさんです。
小さい地図でも、コンピューターで作るのは大変な作業です。
私は人任せですが・・・。
2015.05.06Wed 11:52 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL