ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2015年4月 韓国ソウル食べ尽くしの旅 ≫ ソウルを代表するトレンドスポット♪カロスキルのポップな裏道をまっしぐらに歩きました!

ソウルを代表するトレンドスポット♪カロスキルのポップな裏道をまっしぐらに歩きました!

この日この夜、韓国人の友人とカロスキルで会うため、
市庁エリアからバスで漢江を越え、江南サイドのカロスキルへ向かいます。

P1100535.jpg

バスを降り、待ち合わせの店まで歩く私たち。

P1100534.jpg

市庁エリアから店までのナビゲーションは、
Daum(ダウム:다음)の地図を見て歩く、旅友のオルネリョ!さん。

P1100533.jpg

最近はNAVERよりDaumの地図の方が、お気に入りの様子。



旅友にはカロスキルとは伝えず、待ち合わせの店の住所と名前だけを伝えたので、
まさかバスを降りた街の様子が、ソウルにしては変にカラフルな色合いで、
衝撃が走っているだろう~な~と、後ろを歩く私は、旅友の背中で分かりました。

P1100531_20150515194920298.jpg

この周辺、カロスキルの裏手ですが、私たちは滅多に歩かない場所。
ずいぶん昔に散策しましたが、当時は店らしい店なんてありませんでした。

P1100528_20150515194916d36.jpg

私自身は2014年2月、久しぶりにカロスキル周辺を歩きましたが、
まさか表から少し裏手に入ると、いかにも韓国的なキッチュな店が、
こんな数、並んでいるとは知らず。ちょっと驚きです。

P1100529_20150515194917525.jpg

足早にスタスタ歩く旅友を呼び止め、少し待って欲しいとお願いします。

P1100530.jpg

可愛い~。モコモコの羊さんが気になりますが、遠くから早くしろっの視線が痛い。
慣れっこと言えば慣れっこですが、目的地まで一直線に歩く家系です。

P1100516_201505151956579e4.jpg

お義父さんが案内している道すがら、叔母さんが通りの店が気になり立ち止まると、
お義父さんが、血相を変えて戻って来て「まっすぐ歩きなさい」と注意したと、
叔母さんが、ある時、大笑いして私に話をしてくれたことがあります。

P1100517.jpg

「お義兄さんと歩くときは、真っ直ぐに歩きなさい」
「ハイ」

P1100518.jpg

でもしかし、ここを真っ直ぐ歩くには、何だか惜しいな~。

P1100519.jpg

裏道街道まっしぐら歩く旅友ですが、薄暗く薄汚い裏道は好きでも、
ポップでブライトな裏道は苦手とします。なぜか理解できませんが。

P1100520.jpg

東京の銀座に行っても連れ合いが、クラブが並ぶ飲み屋街ばかり歩くので、
たまにひとりで銀座に行き、中央通り四丁目交差点付近を歩くと、
私はめちゃくちゃ新鮮な気持ちになり、そんな自分が可笑しくて笑ったことも。

P1100522.jpg

ハワイに行った時も、メインストリートのカラカウア通りは歩かず、走るトラックの
排気ガスを吸いながら、裏道を歩きました。まったく意味がワカリマセン。

P1100523.jpg

その時、一緒に歩いた旅友の学生時代からの友人は、ただ面白がるだけ。
こんな人たちとは付き合いきれないと憤慨しながら、20年以上、
その友人とも付き合っています。自分自身がワカリマセン。

P1100524_201505151957318c5.jpg

カロスギル(街路樹ギル)の形成は、
1970年代に行なわれた「カンナム土地区画整理事業」に始まります。

1972年に埋め立てられた狎鷗亭(アプクジョン)地区に、
次々と高所得者向けマンションが建設されましたが、
これだけではソウル江北地区に住む富裕層の移転にまでは、
つながりませんでした。

P1100525.jpg

しかしソウル北部にあった名門高校数校が江南へ移転したことが転機となり、
ソウル北部の富裕層が江南(カンナム)へ大挙、移り住むようになりました。

その後1982年、仁寺洞(インサドン)の有名画廊がカロスギルに移転したことで
カロスギルはギャラリー街の様相を呈することになります。

当時、淸潭洞(チョンダムドン)と比べ、賃貸料が安かったため、
多くの画家が、この街にアトリエを置いて芸術活動を展開すると、自然発生的に、
美術学生も集まるようになり、カロスギルは芸術家のサロン的場所へと変貌。

P1100526.jpg

1989年 新沙洞(シンサドン)に、
パリのファッションスクール「ESMOD」のソウル分校が開校。カロスギル一帯には、
ファッションデザイナーを夢見る学生たちが集まるようになり、
90年代に突入すると、ファッション関連の店舗も次第に増え、
カロスギルはファッションストリートとしても発展することに。

P1100527.jpg

また90年代中盤以降、周辺の高級マンション住人のニーズに合わせ、
高級輸入家具店が増加したことで、カロスギルは画廊街というよりも、
インテリア街という認識を人々から持たれるようになりました。
(ソウル特別市江南区のホームページからオルネリョ!さんの翻訳)

P1100536.jpg

待ち合わせの店が見えて来ました~。
バスを降り、裏街道まっしぐらで歩きましたが、そこそこ私は楽しい散策でした。

韓国の友人と、ここで待ち合わせでもしなかったら、カロスキルの裏道なんて、
旅友さんとは歩くこともなかったかも。

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックして応援してね^^



関連記事

Comment

どきどき
裏道って何か秘密がありそうで
いいですよね(^^;
ここなら安心していけそうです
情報ありがとうございます
2015.05.16Sat 09:29 ≫ 編集
Re: 豊年満作さんへ
豊年満作さんへ
裏道、裏街道、裏稼業、裏取引とありますが・・・
カロスキルの裏は、たしかに健全でした^^
2015.05.17Sun 09:07 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL