FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOP2015年5月 VISIT SEOUL FAMTOUR 宝物さがしの旅 ≫ 韓国軍事政権時代「料亭政治」の舞台だった「三清閣」で宮廷料理「山淸水刺」コースをいただきます!

韓国軍事政権時代「料亭政治」の舞台だった「三清閣」で宮廷料理「山淸水刺」コースをいただきます!

東京、赤坂の黒塀は、まだ残っているのでしょうか~。

私が東京に出て来た当時、昭和の終わりの頃ですが、
赤坂を歩けば黒塀の料亭にぶつかり、かつての自民党総裁で、内閣総理大臣、首相、
田中角栄や竹下登が現れるのではないかと想像して、妙にドキドキしたものです。

赤坂には、自民党の大物政治家が夜な夜な集まる高級料亭がいくつかあり、
黒塀の前には黒塗りの高級車、そして新聞や雑誌のバンキシャが張り込む風景、
私はドラマやドキュメンタリーの映像でしか、当時の様子は見たことありませんが、
赤坂の料亭は、政治家のお楽しみの場所でもあり、裏では政治を動かす場所でした。



さて韓国にも、70~80年代にかけて「料亭政治」の場所がありました。
三清閣と青雲閣と大苑閣が、当時の三大料亭と言われていたそうです。

今回、「2015 VISIT SEOUL FAMツアー」ソウル市の公式晩餐会の場所として、
料亭政治の舞台となった1つ、三清閣に、私たちは案内されました~。
ここはちょっとだけ、軍事政権下の大統領の気分となって(?)楽しみたいと思います。

実際、三清閣の聴泉堂(チョンチョンダン)は朴 正煕(パク・チョンヒ)元大統領の
お気に入りの場所だったそうです。

P1130996_20150614124403eb9.jpg

「三清閣」はソウル城郭の北門である「肅靖門(スクチョンムン)」のやや北側、
北岳山(プッガサン)の緑に囲まれた山あいにあります。

ここは1972年の「7.4南北共同宣言」を発表された際の、南北の公式晩餐会の場所となり、
国賓の接待や政治会談の場所として知られましたが、経営難により1999年に廃業。
2001年からは、ソウル市が敷地と建物を文化施設として管理運営し無料公開しています。

余談ですが、三大料亭の1つ「大苑閣」は、城北洞にありましたが、料亭の主人が寄贈し、
日本人観光客にも人気があるお寺さん「吉祥寺(キルサンサ)」に、現在は変わっています。

そしてもう1つの料亭「青雲閣」は、景福宮の北西400~500メートルある
清雲洞にありましたが、現在は、どうなっているのか、確認出来ませんでした。

ご存知の方、いらっしゃいましたら教えてください。

P1130998_2015061412440494e.jpg

私たちFAMツアー参加者は、入口で同時通訳のトランシーバーをお借りまします。

「清雲閣」「大苑閣」「三清閣」を称して、「キーセンハウス」とも呼ばれていました。
時代は変わり、韓国人の友人、ジョンヒョンは、
結婚前の両家の顔合わせの食事会상견-례[相見禮(サンギョンネ)] を、
「三清閣」で行ったそうです。その後、残念なことに破談になりましたが・・・。

P1140008_201506141244084d9.jpg

一和堂(イルファダン)を前にして、ガーデンパーティーです。
建物の名前、一和(イルファ)とは、南北がひとつになろうという意味。

三清閣は、5,884坪と広大な敷地面積にあり、大都会ソウルにありながら、
北岳山の緑ゆたかな自然と調和しています。
一和堂と5つの離れは、いずれも韓国伝統家屋の美しい韓屋で、
晩餐会の会場となった一和堂前の静かな庭園は、三清閣の中心となるところ。

P1140001.jpg

この日は14カ国から集まったFAMツアー参加者で、宮廷料理を囲みます。

ガイドさんに質問をしたら、三清閣のレストラン事業は、定期的に業者が変わり、
2009年からは世宗文化会館に委託されているそうです。
ここ、こちらの庭園では、200名規模の宴会や婚礼式も可能とのこと。

P1140007.jpg

晩餐会の前にまたまた集合写真。並んで気づいたのですが、
食事場所が分散したのか、スケジュールが違ったのか分かりませんが、
ソウル市長と歩いたソウル城郭から広蔵市場に比べて、人の数が激減していました。
最後の最後まで、この日一緒だった皆さんです。

P1140011_2015061412443041f.jpg

準備に時間がかかりそうなので、ガイドさんに許していただき、少し散策。

P1140012_20150614124927aa7.jpg

一和堂の2階「茶院(タウォン)」カフェコーナーへ。懐かしいわ~この景色。

P1140016_2015061412493170a.jpg

私が、三清閣に来たのは、5~6年ぶりくらいでしょうか~。
ここを訪ねた当時、韓国で暮らしており、オルネリョ!さんを三清閣へ誘うも断られ、
私は仕方がなく一人で、プレスセンターからシャトルバスに乗車。

P1140014_201506141249282d6.jpg

ソウル中心部から三清閣まで近いことに驚き、帰りは歩いて戻ろうとしましたが、
山道が狭く交通量が激しく身の危険を感じ、途中からタクシーに乗りました。

P1140015_2015061412492902e.jpg

カフェのテラスからソウル城郭が見えます。

ブログを始める前ですが、ソウル城郭歩きの白岳区間を、
臥龍(ワリョン)公園から肅靖門(スクチョンムン)に向かって、
歩いたことがあります。白岳山は海抜342メートルあり、この区間は急傾斜な上、
ソウル城郭で1番高く難コース。その時、フラフラで歩いている城郭サイドから、
三清閣のカフェが見えたこと、よく覚えています。

ソウル観光は城郭を歩くもよし。城郭を眺めるのもよしです。

P1140018.jpg

5月、白い花が満開でした。ガイドさんに聞くも花木の名前は分からず。
この白い花は何だろう~。これまたご存知の方、いらっしゃいましたら教えてください。

P1140010.jpg

久しぶりに離れの方まで足を伸ばしたい気持ちでしたが、晩餐会が始まります。

P1140027.jpg

5月のソウル、太陽が沈むと、急激に気温が下がりました。昼間の暖かさに油断して、
参加者誰もが薄着。ガタガタと震えていると、毛布の配布が始まり、
私も毛布を2枚借り、1枚は膝掛けにして、もう1枚は肩から被っていました。

三清閣に行くなら、ソウルとはいえ、山あいは5月でも急激に寒くなることがあるので、
要注意です。私は、ここでの寒さに耐え切れず、風邪を引いてしまいました。

P1140320.jpg

この夜の食事は「山淸水刺(サンチョンスラ)」コースです。
スラ=王に差し上げる食事のこと。
現代風にアレンジされた王様の食事をいただきましょう~。


さて、メニューの韓国語をオルネリョ!さんが翻訳しました。
もちろん料理も口にしていませんし、写真も敢えて見ませんでしたので、
若干の違和感はあるかと思いますが、オルネリョ!さんが翻訳したまま、
ここに紹介します。

P1140028.jpg

새우완자 청포묵탕[セウワンジャ チョンポムッタン]
エビ団子と 縁豆こんにゃくの鍋

P1140029.jpg

계절 샐러드[ケージョル セルロドゥ]
季節のサラダ

P1140030.jpg

궁중 잡채[クンジュン チャプチェ]
宮中式チャプチェ

P1140031.jpg

대하 잣즙채[テーハ チャッチュプチェ]
大海老冷菜~松の実ソース和え~  ←これはどれでしょう~?

この料理に代替えかも?

P1140032.jpg
삼색전유어(三色煎油魚[サムセッ チョニュオ]) 三色のチヂミ

P1140033.jpg

구운채소를 곁들인 생선구이[クウンチェソルル キョットゥリン センソングイ]
温野菜を合わせた焼き魚

P1140034.jpg

수연소면[スヨンソミョン]
手延べそうめん

P1140036.jpg

글깨소스 관자구이[トゥルッケソース クァンジャグイ]
焼き貝柱のエゴマソース和え

P1140037.jpg

한우 등심 불고기[ハヌ トゥンシム プルゴギ]
韓牛ロース肉のプルコギ

P1140041.jpg
P1140038.jpg

진지와 국[チンジワ クッ]
ご飯と汁

P1140042_20150614125651d5b.jpg
P1140043.jpg

계절과일과 두텁떡 계절차
[ケージョルクァイルクァ トゥトップトッ ケージョルチャ]
季節の果物ともち米の砂糖菓子、季節のお茶

P1140049.jpg

宴が終わり、三清閣を北岳山の闇が覆い始めます。
とても幻想的なのですが、思い出さずにはいられません。

P1140052.jpg

朴正煕大統領時代の1968年1月21日に、北朝鮮の特殊部隊が
軍事境界線(休戦ライン)を越え韓国領内に侵入。

あろうことか青瓦台まで、あと800メートルの地点にまで侵攻し、
あわや青瓦台襲撃か~!?という未遂に終わった事件「1.21事態」が起きました。

北岳山は現在でも、厳重な軍事施設保護区域となっていますが、
2009年(最近のことです)北岳山の散策路が一般公開され、この時大きなニュースとなり、、
40年あまりと長いこと封鎖されていた白岳区間を、私は歩きました。

P1140048_2015061413014975a.jpg

城郭から青瓦台を見下ろしながら、北のゲリラの気持ちを想像したものです。
ソウルの青い闇を見ると、韓国が休戦中だということまで思い出します。



これで2日目は終了・・・そうそう忘れてはいけません。
話は少し戻り、広蔵市場散策では、韓服の紹介がありました。



P1130872.jpg

P1130873_20150611051726920.jpg

ソウル市の資料によると、韓服は東アジアの陰陽理論によって
自然の色調を基に生まれた色彩が自慢だそうです。

陰陽理論?

大昔の人が自然を理解するための,世界観と方法論らしい~。
世界は物質は、陰と陽の2つの気の相互作用によって生まれ、発展。

私には難しくてワカリマセン?

P1130877_201506110514139af.jpg

P1130879_201506110514153ea.jpg

陰陽理論による色調が皆さんお似合いです。

P1140054_20150614130230b2d.jpg

バスに乗車、山道を下り、賑やかな三清洞の通りを走り、光化門広場へ。
ソウル市長さまと歩いたFAMツアー2日目が終わります。



三清閣(삼청각)
ソウル市城北区テサグァンロ3
( 서울시 성북구 대사관로3)
+82-2-765-3700
http://www.samcheonggak.or.kr/index.asp




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックして応援してね^^





SEOUL METROPOLITAN GOVERNMENT_ci[1]

STO_CI(ENG)[1]

主催:ソウル市  主観:ソウル観光公社





関連記事

Comment

さすが
描写が詳しいですね
ん~マジックアワーで
さらに写真が綺麗!!
同じところに行ったとは思えないです(^^;
2015.06.15Mon 23:10 ≫ 編集
Re: 豊年満作さんへ
豊年満作さんへ
今回のソウル観光コース、ソウル旅行リピーターには、
物足らない初心者コースのようにも思えましたが、考えて歩くと、
忘れていたこと、何回も通っているのに見過ごしてきたこと、
あれこれ新たに気づくことがあって、忘れないように、
書き留めておいただけです。加齢のせいか・・・すぐにまた忘れるので(^_^;)
2015.06.16Tue 08:23 ≫ 編集
空気も良さそう♪
ワッタカッタ!さん、こんにちは。
こちらでは「はじめまして」ですね^^
遊びに来てしまいました。

写真からマイナスイオンが溢れていて、とても
気持ちいいです。
夜、ライトアップした感じも素敵ですねー^^
料理も美味しそう~!!

「三清閣」から「こうや」まで守備範囲が広いですねー(笑)。

2015.06.16Tue 15:26 ≫ 編集
なんじゃもんじゃ の木かな?
ワッタカッタさんのブログには、自然の風景がたくさん出てきて楽しいです。
この、けぶるように真っ白に咲く花は、ヒトツバダゴとも呼ぶ木かな~と思います。(自信はあまりありません…。)変な名前ですよねぇ~。福岡では、ゴールデンウィーク頃に咲いています。群生して咲くさまは何とも見事です。
私も三清閣のあたりを散歩をしてみたいなぁ~🎵
休戦中と知った時は驚きでした。お隣の国のことを何にも知らない自分にも。
2015.06.16Tue 23:22 ≫ 編集
Re: らぶこさんへ
らぶこさんへ
風水で選ばれた土地のせいか、ソウルは中心部から少し外れると、
山の緑にあふれ、皆さんが休日ともなると山に登る気持ちが分かります。

料理の味は本文中に書いていませんでしたね(^_^;)
料理の味については、奥歯にモノが挟まったというのか、
韓国人のガイドさんですら、急に曖昧な言い方になり・・・

ここで食事をしたことがある韓国人の友人ですら・・・料理については、
私の気持ちを汲んでか困惑の表情で頭を振り、言葉を濁します。

で、あなたはどうだったの?と聞かれれば・・・
たぶん王様は、糖尿病に治療中だったのかもしれません・・・
と、答えようかと思います^^
2015.06.17Wed 08:33 ≫ 編集
Re: ginnnanndaisuki さんへ
ginnnanndaisukiさんへ
やっぱり!自信がなかったのですが、私も「なんじゃもんじゃ」かな~
なんて見ておりました。あのあたりに群生して咲くとは再発見です。
5月くらいにソウルに行かれる方、三清閣のカフェはオススメかも^^
2015.06.17Wed 08:37 ≫ 編集
三清閣でのお食事、うらやましいです。
私も行ったことはありますが・・・色んなドラマで使われる場所として見に行ったまでで、お食事をいただいたことがありません。
演奏聞きながらのランチコースがあるみたいなので、今度行ってみよう!と思うのですがなかなか実行できていません。笑
チマチョゴリ、陰と陽云々の話、今観ているドラマ「チャンボリ」の中でよくでてきます。恋愛、いじわるは除いて、チマチョゴリの話は興味深く観ています。
実は私、チマチョゴリ持ってるんです。でも、下着?たび?がないので着ることができていないですけど・・・・(笑)
チマが青いチマチョゴリ。結婚式の時男性側の母親は青いチマだそうです。偶然ですけど。
2015.06.18Thu 17:24 ≫ 編集
Re: uknowumi さんへ
uknowumiさんへ
こんな機会がなければ、まず三清閣で食事をすることなど、
なかったかとお思います。雰囲気は良いのですが・・・
下着がないと、着れない衣服ですか韓服は。
私は、1度も袖を通したことがなくて(^_^;)
2015.06.19Fri 06:21 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL