ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP東京の好きな店 ≫ 東京用賀 中国家庭料理の店 田燕居(デンエンキョ) のランチは お値打ち!!

東京用賀 中国家庭料理の店 田燕居(デンエンキョ) のランチは お値打ち!!

ある時、用賀駅周辺を自転車でウロウロしていると、目に入った1軒の中華料理店。
「田燕居」の看板を見て、おお~ここにあったのかと、私は嬉しくなりました。

中国家庭料理の店、「田燕居」が美味しい噂は、どこからともなく聞いていましたが、
世田谷の用賀まで行く用事は、そうそうなく、いつか行きたい店にはしていました。
そして思いがけず世田谷へ引越し。用賀周辺にも足を伸ばすことがあり、偶然発見。



ただメニューを見ても、なかなか強気の価格設定で、これは敷居が高い店だわ~と、
また今度、また今度、また今度にしよう~と、幾度となく店の前を通り過ぎて、早3年目。

P1140635-1.jpg

先週、これまたたまたま、用賀に用事があり、店の前を通りがかると、
「何!ランチが1000円!安くなっている~~~!」
「田燕居」のランチが1000円で食べられるなんて、目を疑いました。
記憶は多少曖昧ですが、少し前まで、この値段は有り得ませんでした。
ランチコースの価格しか見ていなかったのかもしれませんが・・・。

P1140637.jpg

実は他に所要があったのですが、一緒に居たオルネリョ!さんを、
有無を言わせない強引さで誘い、昼下がりの「田燕居」で急遽、ランチにすることに。

P1140638.jpg

田燕居の料理は、中国の妈妈(お母さん)の味だそうです。

P1140640.jpg

オルネリョ!さんは、おすすめの辛味から、土鍋仕立ての麻婆豆腐。

P1140644.jpg

見た目で分かりますが、日本の家庭料理で中華料理の定番となって久しい、
丸美屋の麻婆豆腐とは、逆ベクトルの味で、旨旨。
久しぶり旨い麻婆豆腐を食ったと、ご満悦。

P1140642.jpg

そして私は黒酢がきいた酸辣湯麺 。辛くて酸っぱくて汗ビッショリになりました。
二日酔いの朝に食べたら、シャキーンとしそうな味です。美味しかった~。

P1140645.jpg

何が嬉しいかって、シャンツァイが添えられてあったこと。
辛くて酸っぱい上に、中国の香草、シャンツァイの匂いがたまりません。
世田谷で、この味が1000円で食べられることに感激しました。

P1140649.jpg

さらに嬉しいのは、ランチには、前菜とスープがセットになっています。
しかも手抜きなし。サービスとは思えない美味しさ。

P1140653.jpg

そしてマンゴーソースがかかった、杏仁の味がする杏仁豆腐もセットです。
これだけの味にこれだけのセットでランチ1000円は、お値打ちかと!
これからせっせと、ランチ時には、用賀に用事を作らないと!

P1140655.jpg

中国家庭料理の店「田燕居」は、
あの際(きわ)コーポレーションが手がける飲食店。

際コーポレーションは「万豚記」「紅虎餃子房」など、数々の飲食店及び
家具・衣料品・雑貨販売 における企画・運営・支援等をする会社。
際コーポレーションの社名の由来は、
西洋と東洋の【際】を目指すということにあるらしいです。

鬼才とも言われる代表取締役の、中島 武氏のお顔は、
テレビ、雑誌でしか見たことはありませんが、とてもエネルギッシュな社長さん。

社長自らが、刷毛を握り、店舗に壁にペインティングする様子を、
テレビで私も見たことがあります。

代表的なお店「紅虎餃子房」などに見られるような、その独特の東西融合のセンス、
一時東京では、際コーポレーションスタイルの店が大流行りしました。

P1140654.jpg

こちら「田燕居」は、世田谷の住宅地にも近く、
都心のビルに入っているグループの店とは、雰囲気がちょっと違います。
今度は夜に行ってみようかな~そんな気分になりました。


☆田燕居 用賀店
東京都世田谷区用賀4-17-8 パインパレス 1F
TEL:03-3709-3910



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックして応援してね^^







関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL