FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOP未来 ≫ 来月、農業研修に参加しますと、友人が!

来月、農業研修に参加しますと、友人が!

昨夜は、私のブログに思い出したかのように、コメントを残してくれる
「しん」に、新宿で会いました。
彼は来月、4週間の農業研修に参加します。もともと家庭菜園が趣味で、
形は悪いけど(正直でゴメンね)、新鮮で安全な、
彼の家族が精魂こめた作った野菜を、ウチも美味しくいただいていました。

しんとは、彼が結婚する前から、たまに一緒に、お酒を飲んでいました。
つれあいと、気の合う会社の後輩。
いや、嫌がる彼を仕事以外でも、連れまわしていました。
今は、子供が2人出来て立派なお父さんです。

「ほんとに農業始めるんだ~!」「僕は、本気ですよ」

国が支援する、農業を新しく始める人を応援するプロジェクトに、参加して勉強しています。

しんは、パイロットでした。
ニュージーランドで、セスナのインストラクターをしていました。
日本の上空も、飛んだことあるそうです。
それがワケあって、昨夜聞いたのですが、現地のエージェントと喧嘩して帰国。
日本でパイロットの教官をやるには、日本の免許がいるらしく、多額のお金が
かかるので断念。それで入社した会社で、つれあいに会いました。

「元パイロットが入ってきたぞ~!」と、つれあいに聞いたのは、いつだったか?
会社では、いろいろ無理難題を言って、ご迷惑かけたと思います。
しかし、つれあいは、しんが好きだったんだと思いますよ。
だって結婚した時は、友達を取られたみたいで、つまらなさそうにしていました。

韓国のパプリカは美味しい

しんはすでに、農業の現場で面接をしていました。
最後に自分をアピールするために、さらりと「英語が出来ます」と云うと、
「中国語は出来ませんか?」と聞かれたらしい。
今、日本の農業の現場で求められているのは、中国語です。
中国の富裕層の拡大は銀座を歩けばわかります。そして日本の野菜、果物にも
彼ら中国人は、手をだすようになっていました。安全で美味しいからです。

アジアの金融マーケットは中国、インドに移り、日本はハブから1つのローカルに
なってしまいました。英語が出来る日本人が、東京では仕事にあまっています。

「しん!お前、中国語始めろ」と、つれあい。

そうです!40歳になったばかりのしんですが、やれば出来る!と、目の前の
おじさんが言うので、説得力があります。
まさか、家族4人で中国に留学は出来ませんが、しん、やれば出来るよ。
英語が出来て、中国語も出来る。そしてセスナも操縦できる農業人。

すごく夢が持てるプロジェクトです!
奥さんは、2人の子供を抱え、心配していると胸のうちを想像します。
しんは、本気らしい。きっと農業を始めるでしょう。
日本のどこかの畑で、家族4人立っている姿が私には想像できます。

がんばれ~しんファミリー。私もがんばるよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

追記:しんは立派な農家になり、子供もすくすく育っています。


関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.08.19Thu 08:50 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL