ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP2015年5月 やっぱり沖縄大好き!初夏の沖縄旅行 ≫ やんばるをロングドライブして沖縄本島最北の珊瑚礁が美しい辺戸岬へ!

やんばるをロングドライブして沖縄本島最北の珊瑚礁が美しい辺戸岬へ!

国道58号線に入り、沖縄本島の最北端の辺戸岬を目指し北上します。

沖縄の一般的な2泊3日のツアーを見ると、見学地が沖縄北部の、
茅打ちバンタ、辺戸岬まで入っているコースは意外と少ない。
この地まで向かうのは時間がかかるせいもあり、短い滞在では、
同じく断崖絶壁の万座毛の見学で、お茶を濁すのがせいぜい。

また名護市から先、国道58号線のドライブは、単調な海岸線が続き、
これが退屈な人には途方もなく退屈。ガイド泣かせのロングドライブ。

しかし我が家のアンチな人は、山と海の間を走り、本島最北の地を目指す、
やんばるのドライブが沖縄らしくて好きだと言います。



車中、BEGINを聴きながら、の~んびり海岸線を眺めて、ようやく辺戸岬に到着。
本当は、眠くなるところを我慢して、やっとの到着です。

P1120109_2015080509001463d.jpg

う~んやっぱり、万座毛とは比較にならないほどの景勝地です。
遠くにゴツゴツと尖って見える山は、大石林山(ダイセキリンザン)。

琉球王朝時代には、王家の繁栄、五穀豊穣を祈った山で、
2億年前に石灰岩層が隆起し、長い年月をかけて侵食されて出来た
4連の山は、右から、イヘヤ、シジャラ、アフリ、シノクセと呼ばれ、
今尚、自然と対話する神聖な山として崇められています。

P1120086.jpg

切り立った岩肌は、隆起したサンゴから出来ていると聞けば、鳥肌が立ちます。
よもや足元が崩れるのではないか、また強風でも吹こうものなら、
柵があるのは一部しかないので、サンゴの海に真っ逆さまに転落しそうです。

P1120084_201508050859349e4.jpg

すごいわ~と、柵が無い所から崖の下を覗き、写真を撮っていると、背後で悲鳴が・・・
「お願いだから止めてください」オルネリョ!さんが、必死に哀願しています。
私が駅の階段を踏み外し転んでも、他人の振りをする人が、声を震わせ制止します。

P1120106.jpg

「もう止めて~あなたどこでも直ぐ転ぶでしょう~」

P1120076.jpg

風が強く天候が荒れた日には、サンゴは見えません。
辺戸岬の海底のサンゴがキレイに見られるのは、風がなく穏やかな日、
太陽が真上に上ったお昼頃です。
この日は、海底の珊瑚礁が遠くまでよ~く見えていました。
絶好の写真日和。止められても止められません。

P1120079_201508050859329ab.jpg

天気のよい日には、約22キロ先にある鹿児島県の与論島や、
沖永良部島を水平線上に見えることもあるそうですが・・・

P1120082.jpg

さて鹿児島はどっちだ?

ここ辺戸岬は、日本の観光地には珍しく、柵がありません。
大人の景勝地なので、足元に気を付け、転落しないようにお願いします。

P1120038.jpg

辺戸岬は、柵がない断崖絶壁も見所ですが、
岬に広がる北の緑の大地を、散策路の沿って歩くのも楽しいです。

P1120042.jpg

日本祖国復帰闘争碑があります。

かつてアメリカ統治下にあった沖縄では、祖国復帰の抗争が長く続き、
沖縄が日本に返還された1972年、沖縄本土から日本に1番近かったこの場所に、
統治下時代の沖縄県民の思いをしるして、記念碑が建立されたそうです。

P1120048.jpg

沖縄が本土復帰を果たした1972年まで、この珊瑚礁がつづく海には、
沖縄と日本とを分ける国境がありました。つい最近のまでのことです。
43年前には、この海にアメリカと日本との国境があったのです。

P1120054_20150805090613ad5.jpg

広い岬には、休憩所を兼ねた展望台や、軽食やドリンクを出す、
軽食の店やお手洗いもあります。

P1120057_20150805090615e11.jpg

足元には、気になる熱帯性の植物。

P1120059_20150805090641001.jpg

岩と岩の間から、勢いよく広がっています。

P1120061_20150805090642362.jpg

最近、庭木植木に興味を持ち出した私には、沖縄の植物を見るのも楽しい。
これは何という名前なんでしょうか~

P1120065_20150805090644228.jpg

見るべき観光スポットはいろいろありますが、これも気になります。

P1120067.jpg

大きく羽を広げた白い鳥は、「ヨロン島・国頭村友好記念碑」。

アメリカの統治下時代、北緯27度線上の、沖縄本島と与論島の間の海上で、
年に1度、沖縄の人たちが、国境向こうの鹿児島県の与論島に向かって、
日本復帰を願うのろしを上げ、海上で交流していたそうです。
その時の沖縄と与論の人々の友好の証としての、記念碑となっています。

P1120103.jpg

ここにも、沖縄には似合わない、なまっ白い腕をした友好の像が・・・

P1120123.jpg

もう一度、辺戸岬の珊瑚礁を眺めて・・・

P1120125_201508050909271f9.jpg

どこまで広がっているのでしょう~。

P1120127_20150805090929055.jpg

さてのんびりと過ごしていたら。お昼時が過ぎました。
ここで食事をしても良いのですが、お目当ての店がある本部町へ戻ります。

P1120129_20150805090931245.jpg

車を走らせると、岬に来るときは見えなかった大石林山が、車の正面に見えました。

遥か昔、島建ての神、アマミキヨが降臨して、
沖縄で初めての聖地を作ったという伝説が残る山。
ここ大石林山もいつか歩いてみたい場所です。



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。たまにはクリックして応援してね^^




関連記事

Comment

>辺戸岬
2回行って2回とも土砂降りでした┐(´-`)┌
途中の大石林山では降っていなかったのに…。
こんなにきれいなんだからやっぱりリベンジしたいです。
本部の備瀬のフク木並木には立ち寄らなかったのですか?
女子向きの所だからオルラッタネリョッタ!さんには
却下!かも。◔‸◔。
2015.08.05Wed 14:08 ≫ 編集
Re: 神無月さんへ
神無月さんへ
備瀬(びせ)のフクギ並木は、ノーマークでした。
ガイドでちらっと見ましたが、今、あらためて見ると、
素敵な場所ですね。これはまた沖縄に行きたくなります^^
2015.08.05Wed 16:00 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL