FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP韓国生活('09/4~'10/7) ≫ 韓国の部屋の収納で、韓国人の気質を、深く広く知る!

韓国の部屋の収納で、韓国人の気質を、深く広く知る!

ここは、7月に引き払ったソウルの我が家。1年3ヶ月過ごした安岩洞の部屋です。
荷物を箱に詰め、部屋を去る最後のとき、壁面の収納を、写真に収めました。

P1060892.jpg

最初、この部屋の収納を見て、
「わあああ~穴だ!」と思いました。
2人の荷物も、すっぽり納まりそう~!そしてこの部屋にしよう~と決めました。

P1060890.jpg

右側の扉を開けると、こんな収納になっています。
箪笥も、突っ張り棒も要りません。2人の冬物のコートもダウンコートも
全部収まりました。ジャケットも全てです。左の下にはスーツケースを
2個並べて、入れていました。ここに私の、普段着も入れていました。

P1060888.jpg

左の扉を開けると、そこも2段の大きな穴!
もうかける服はありません。上の段にはTシャツを並べ、マフラー、手袋など
小物類を置いても、まだ余裕がありました。
下の穴には、日本から送ったダンボールの箱を2つ置いて、
その上にタオルや、部屋着類を並べていました。

韓国の収納は、ダイナミックです!

P1060889.jpg

壁のど真ん中、中央の穴の目的が、分かりませんでした。
最初はテレビ台かと思いましたが、しかしここから、テレビアンテナの配線盤まで遠く、
テレビは反対の壁面に置いていました。ただの穴は、ただの物置にしていました。

その上の収納にも、たっぷり物が入りました。
買い置きのトイレットペーパーやティッシュ、韓国のこれらの品はビッグですが
この上の穴に、ラクに収納できます。シャンプー、リンスも収納していました。

中央の穴の下の引き出しは、深かったですね。
まるで倉庫の引き出し。
ここに、下着や靴下類を入れましたが、深くて、手を入れての出し入れが大変。
しかし、細々と考えなくていいので、ざっくり収納できます。

しかも深くてたっぷり収納できる引き出しが、4個もあります。
下の引き出しには、書類やカメラ、雑貨などを入れていました。

私はこの部屋の収納で、韓国人の思考のあり方を知りました。
細かいことは、考えません。物は、たっぷり、おおらかに収納します。

帰国して東急ハンズ、雑貨屋、御徒町の多慶屋を見て周り、
通販のカタログの収納のページを見て、あらためて思う。

ニホンジン ハ ウルサイ!コマカイ!国民性です。

韓国の部屋は、他のウチも見ました、友人の部屋を訪ねたこともあります。
おおむね、韓国の部屋の収納は、大雑把というか、大陸的発想ですね。

P1060792.jpg

高麗大学のある安岩洞の、フレッシュフルーツジュースの店。
季節の果物を、その場でミキサーにかけて、韓国の甘い果物に、さらに
たっぷり砂糖も入れてくれて、ここで甘いトマトジュースも飲めます。

韓国では、トマトは果物として扱われます。

この店のフレッシュフルーツジュースは美味しいですね。よく飲みました。
私は、砂糖は、少なめにお願いします。

この店、ぶどうは皮は、もちろん、種も一緒にバリバリ砕いてジュースにします。
ぶどうの砕かれた種が、ジャリジャリ口の中に広がります。生まれて初めての、
新しい食感でした。まさに韓国のジュース。細かいことは気にしません。

細かいことは気にしないように、韓国では、私は努力しましたね・・・。
昨日は、日本の収納家具を見て、おおらかな韓国が懐かしくなりました。


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村



関連記事

Comment

No title
おほほ..多慶屋ですか。
アッパが当時日本に留学してたころ、御徒町に住んでいたので買い物に行ったことなんか思い出しました。(今でもあるかな、近くの焼肉屋さんでアルバイトしてたんですよね~~懐かしい..)
 確かに韓国人は大雑把かもしれませんね。
でも細かい人はとことん細かいんでわかりませんが。
日本での生活、楽しそうですね~
2010.08.26Thu 22:19 ≫ 編集
Re: バンポマダムさんへ
バンポマダムさんは、東京にいらっしゃったんですね!
多慶屋は、ブランド品のディスカウント店という印象があったのですが、
いまや総合ディスカウントスーパーですね。迷子になりそうでした。
ご主人は、この近所詳しいのでしょうか^^
人並みに、つらい事、腹立つ事、悲しい事もありますが、
あまり表沙汰にしておりません。そういうことです^^
2010.08.28Sat 07:13 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL