ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2015年8月 真夏の韓国 済扶島(チェブド)ソウルふらっと旅 ≫ ソウルでチムジルバンに行くなら 思い出の東廟(トンミョ)スパレックス へ♪

ソウルでチムジルバンに行くなら 思い出の東廟(トンミョ)スパレックス へ♪

東廟(トンミョ)スパレックスに東大門付近から、途中、玩具市場を散策しての到着。
暑い中歩きたくないなんて思っていたのに、昼間の暑い時間の街歩き。
汗だくだくでも、目的地まで、さくっと行けない私たち。ついついの寄り道です。



これから午後の数時間は、韓国のお風呂やサウナ、汗蒸幕などを楽しみます。
いわゆる韓国のチムジルバンですが、チムジルバンについては過去記事を参考に。

ソウル明洞で中国人と韓国人が全裸で怒りに震えた・・・

韓国のスパー銭湯チムジルバンでの注意事項♪経験上の話ね~^^

チムジルバンで私は変態に思われ~危ないおばさん扱いをされ~
最後は可哀想な女!?


過去のチムジルバンの記事の写真は、韓国のネットからお借りしました。
そうです。チムジルバンは写真NGと思っていましたが、裸になる場所以外は、
OKみたいです。韓国人のブログには、多数、チムジルバンの写真があります。
よって、今回、良識ある範囲で、写真撮影をしてみました。あしからず。

P1150071.jpg

チムジルバンが好きな私たち。日本の公衆浴場と比べると、
騒々しくて、清潔とも小奇麗とも言えません。しかしこれが楽しい~し面白い。
なぜなら韓国人ウォッチするには、他とない場所だからです。

東廟スパレックスは、韓国生活中、週1ペースでお世話になりました。
今回、久々の利用でしたが、施設内変わらずで安心して過ごせます。
初めて利用するチムジルバンでは、これまで何かと騒動を起こした私ですから、
慣れているチムジルバンに、ほっとします。特に東廟スパレックスは、私の庭。

P1150068.jpg

受付で利用料大人1人8.000ウォンを支払い、専用着とタオル、
そして鍵を受け取ります。専用着のサイズは言わぬとも、
受付のアジュンマが、ささっと目測して、適応サイズを渡してくれます。

P1150070.jpg

飲酒なさった方は入場不可です。
そしてここ受付でシャンプーやリンス、ヒゲソリなど購入可能。
石鹸は浴場に、半分溶けたような状態であることにはあります。

P1150069.jpg

駐車時間は3時間内無料と書いてあるので、どこか駐車場があるみたいです。

P1150129.jpg

受付で借りた鍵のナンバー315が、靴箱と更衣室ロッカーの番号。

P1150130.jpg

靴箱は男性と女性とでは別れているので、お間違えなく。

P1150131.jpg

私は、もう何度となく、男性用の同じ番号の靴箱を開けようとして開かず、
靴箱の前で悩んだこと数知れず。

P1150072.jpg

靴を預けると、階段手前にジムスペースがあります。
トレーニングをして汗を流すのも良しですが、未だにここは利用したことありません。

P1150079.jpg

階段を上がると、いよいよここで男女別れての更衣室になります。
私は、オルネリョ!さんと分かれる前に、先にアカスリをするかしないか、
だいたいの入浴にかかる時間を、ここで確認して分かれます。

P1150080.jpg

左が男性、右が女性。すなわち出入り口は向かい合わせ。

気が焦る私は、更衣室を出て直ぐ、左に折れて階段を下るべきですが、
待っているオルネリョ!さんがイライラしていると思うとますます焦り、更衣室から、
走り出して直進すること数知れず。男性の更衣室に何回も飛び込んだ現場です。

P1150082.jpg

女性の更衣室には、洋服が売っています。
売れるのかな~なんて見ますが、これがよく売れています。

P1150128.jpg

舞台に上がる人が着用するような下着も売っていたりします。
私の印象ですが、東京のおばちゃんよりソウルのおばちゃんの方が、
下着は、だんぜん派手で、日本から来たおばちゃんはタジタジです・・・。

ここからは、写真NG。

風呂に入り、サウナで汗を流し、アカスリをしました。
女性はアカスリが23.000ウォンと、これまた高くなりました~~~。
男性は13.000ウォンです。男女の金額差は、何の違いでしょう~。

アカスリだけは20.000ですが、浴室内には23.000ウォンでシャンプー付きの、
価格しか表示されてないので、ついつい23.000ウォンコースを選ぶことに。


P1150073.jpg

さっぱりしたら、専用着に着替えて、男女混合のフロアへ。

かつて私は、裸のまま、男女一緒に過ごすスペースに入り込もうとして、
何をするんじゃ~と、韓国人のおばさんに韓国語で注意されましたが、ポカン?
韓国語が分かってないと分かると、「スト~~~ップ!」と止められたことが、
龍山のチムジルバンでありました。

さて、この日のアカスリのアジュンマは、いまひとつでした。
アカスリの基本は同じですが、人の手で身体の丸洗い。技術が気持ちが違います。
アカスリが上手なアジュンマは、たいていは楽しそうに作業します。

P1150076.jpg

さてオルネリョ!さんは、どこに居るかな?と、捜索開始!

ところで写真のこの場所で、人気ブロガーの豊年満作さんと、
満作さんの会社の同僚、そしてオルネリョ!さんと4人で、かつてゴロゴロしました。

あの時、満作さんと、初対面か2回目の顔合わせ。
当時は、よく知らない人だったので、無防備な姿で並んで横になり、居眠りしましたが・・・
今は恥ずかしくて出来ません。知らない人ばかりだからゴロゴロできるスペース。

チムジルバンにハマる SPAREX(スパレックス) 東廟(トンミョ)
その時の満作さんのブログです。懐かしい~!

P1150086.jpg

オルネリョ!さんをみつけました!

P1150085.jpg

ステージの上で横になり、大好きなテレビを視聴中~。

P1150104-1.jpg

このステージ、ヨガのインストラクターが上がり、デモを見せ、
頭にタオルを巻いたアジュンマ方が、一斉に身体をひねる姿。
時々、たまに見ていましたが、圧巻。

それにしても、ステージに横になってテレビを見る人は、韓国でも珍しいかも。

P1150074.jpg

オルネリョ!さんもアカスリはしたそうですが、だいぶお待たせした様子。

P1150125.jpg

「シッケ買ってきて~」「ハイハイ」
お待たせしたので、離れたフードコートまで私が買いに行きます。

P1150113.jpg

この日、真夏の平日の夕方、東廟スパレックスはガラ空きでした。ここも、
冬場の週末ともなれば、風呂も休憩室も食堂も家族連れやカップルで激混み。

P1150112.jpg

シッケ2.500ウォン。シッケも15年くらい昔は1.000ウォンでした。
支払いは入口のレジで受け取りはカウンターです。

P1150116.jpg

私はチムジルバンで食事がしたくてしたくて、しかしオルネリョ!さんは、
どうにも気持ちが乗らず、結局私は1人でここに来て、ここで1人で食事をしました。
食べたチャジャンミョンが美味しかったこと、韓国生活の思い出です。

P1150124.jpg

水冷麺、コングクスが6.000ウォン。やはり高くなりました。
ソウルの物価は、何もかも値上がりです。

P1150088.jpg

週1ペースで同じチムジルバンに通うと、常連さんの顔も覚えます。

P1150117.jpg

いつ行っても、同じ顔が同じ場所で寝ていました。ここに住んでいるのではないかと、
この東屋に、いつも居るおじさんを見て思ったことがありました。

P1150105.jpg

実際、日本のスーパー銭湯にも存在するそうですが、家には帰らず、
風呂から仕事に通う人も世間には居るとか。ここでも暮らすように過ごす人も居るようです。

P1150119.jpg

チムジルバンで飲むシッケは最高~これに燻製卵も食べたいところです。

P1150087.jpg

そして風呂から上がりリラックスしたら、サウナへが、いつものコースですが、
この日、東京から到着して、無茶な歩きをしてしまい、少々疲れました。

P1150089.jpg

サウナまで利用すると、明日、明後日と、身体がもたないような・・・予感。

P1150090.jpg

当初、高温サウナに入り汗を流したい気持ちでしたが、ここはパスすることに。

P1150091.jpg

日本人旅行者の中には、空港から一直線、チムジルバンに宿泊する女性も居ますが、

P1150094.jpg

くれぐれも注意してください。暗がりになっている場所もありますが、
できるだけ人目に付く場所で寝てくださいね。かなりチカンの被害があるようです。

P1150100.jpg

オルネリョ!さんがマッサージをしたいと言います。
私が、韓国で初めてのマッサージを受けたのは、チムジルバン。
マッサージに慣れた友人にも、ここスパレックスのマッサージは評判が良いです。
スタッフは、ほぼ100パーセントの中国人。中国式のマッサージです。

P1150096-1.jpg

P1150097-1.jpg

P1150098-1.jpg

P1150099-1.jpg

時計を見て、最終日にもう一度、チムジルバンに行き、マッサージをすることに。
それが正解でした。とにかく揉む力が強く、翌日は筋肉痛のような痛みが出ます。
ここで初日、マッサージを受けていたら、揉み返しで翌日は歩けなくなっていました。

P1150103.jpg

チムジルバンでの過ごし方は、人それぞれです。
韓国の若いカップル、アナグラで一緒に寝ていて、びっくりすることも。

P1150101.jpg

PCもあります。

P1150102.jpg

子供の遊具もありますが、遊具室は10歳までの子供が利用可能と書いてあります。

P1150110.jpg

扉の向こうは塩サウナ。岩塩がゴロゴロした上にゴロゴロと寝ます。
裸足で歩くには熱いので、綿の靴下があると助かります。

P1150106.jpg

最近の韓国の旅では、チムジルバンで半日ゴロゴロすることがなくなり、
この日もそろそろお腹が空いてきました。飽きるまでゴロゴロしたいところですが・・・。

P1150109.jpg

久しぶりのソウル。そうでもないです・・・私は3ヶ月ぶりのソウル。

P1150107.jpg

2泊3日の限られた中で、今夜は何を食べるか白熱します。
韓国生活では、決まってチキン屋で風呂上りのビールでしたが、さてどうするか。

P1150134.jpg

お帰り、鍵の返却は、キーボックスへ無造作に、放り込みます。
鍵の管理、こんなものでいいのか?
ユルユルですから、貴重品の管理には、お気をつけくださいませ~

P1150078.jpg

特にスマホは狙われやすく、うっかり居眠りしての盗難には要注意です。

P1150132.jpg

お休み用の毛布は貸してくれますが、トータル1万ウォン支払い。
毛布返却時、デポジットの8.000ウォンが戻るシステム。

P1150133.jpg

久しぶりで懐かしの東廟スパレックスでした。


☆東廟(トンミョ)スパレックス

住所:ソウル市鍾路区昌信洞328-18 JABA11 12階
서울시 종로구 창신동328-18 12층 / 서울시 종로구 지봉로 19
TEL:02-763-8888

おもちゃ

私たちは黄色のラインで囲んだバス停でバスを降り、昌信洞 文具・玩具通りを歩いて、
東廟駅6番出口のすぐ前にあるスパレックスへ。





にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。たまにはクリックして応援してね^^





関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL