FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP2015年8月 真夏の韓国 済扶島(チェブド)ソウルふらっと旅 ≫ ソウル解放村で「マッコリを作る壺を探しています」器屋のハルモニ「それはどう~~~いうことだ?」

ソウル解放村で「マッコリを作る壺を探しています」器屋のハルモニ「それはどう~~~いうことだ?」

ソウル南山の麓 梨泰院からも近い解放村(ヘバンチョン)を散策 ♪

この記事の続きです。



解放村(ヘバンチョン)の外れまで歩いて来たら、韓国の焼き物、
ハンアリ、オンギが、ずら~~~っと並べてある店の前を通りがかりました。
ハンアリとオンギは違うそうですが、明確な区別は無いとの話も・・・。

P1150249.jpg

「オルネリョ!さ~ん!ちょっと待って~!」

焼き物、器全般、陶磁も磁器も区別なく好きな人には、これは素通りは出来ません。

P1150250.jpg

ソウル市内で、これだけの数と種類がある店を見たのは初めてです。

P1150252.jpg

最近、BSで再放送をしている韓国ドラマ「チャングムの誓い」を辛抱して見ていますが、
あの時代に磁器が焼けたのか?王様は贅沢な器を使って食事をするものだと、
料理より、料理が盛られている器や調理道具の方が気になって見ていました。

P1150253.jpg

それと実は、灰皿にもなる、フタ付きの焼き物を探していました。
隣人だった韓国人のキムさんは、コチュジャンやタレを入れる小さなフタ付きのハンアリを、
灰皿にして使っていましたが、それが風情があり、においも防いで、我が家もマネっこ。

P1150254.jpg

しかし、それが割れてから、適当な大きさと値段で、
灰皿の代わりになるフタ付きの器をず~っと探していました。
ついでがあったら買おうか程度ですが。

P1150257.jpg

解放村の店で、マッコリをしこたま飲んだ勢いで、1つ何気なく手に取り、
「1万ウォンまでだったら買ってもいいかな~」なんて、買う気もないのにつぶやき、

P1150247.jpg

ふと、振り返ったら、店のハルモニが、地べたで包装していました。
ちょ、ちょ、ちょっと待ってくださ~い。買うなんて私は言っていません。

早く用事を済ませたいオルネリョ!さんが、店のハルモニに、
「1万ウォンで買うと言っていますよ~」と伝えたらしく、ハルモニは瞬時に包装。
1万ウォンまでだったらと言ったのに、ハルモニは、1万ウォンから、
おつりをくれる気配はなく・・・酔った勢いもあって、まあいいか~。

P1150255.jpg

韓国語で、ハルモニとおしゃべりしているオルネリョ!さんは、なぜか大ウケ。
器屋のハルモニの、とぼけ方が最高だったらしく、大笑いしています。

P1150256.jpg

オルネリョ!さんは、韓国の婆さんと、やたらと盛り上がり・・・
私は、小物や箸置きに気が取られ、あれこれ見ていると・・・

P1150258.jpg

「マッコリを作ろうと思いますが、どんな壺が良いでしょうか?」と、
ハルモニに聞いたらしく、思いがけないことを聞かれたハルモニは、目を白黒させて、
「それはどう~~~いうことだ?」と返した、そのリアクションが、
これまた愉快で大ウケしています。

P1150251.jpg

寝グセをつけたままのハルモニは、マッコリを仕込む大きな瓶、
ハンアリを見せてくれることに。何か大変なことになってきました・・・

P1150261.jpg

倉庫の扉を開けて、電気のスイッチをパチンと点けたら、あるわあるわ壺の山。

P1150264.jpg

家でマッコリを作るなら、これが適当だと教えてくれました。しかし残念ながら・・・
日本では、酒を作ることは、特別な許可が必要です。表立って酒造りは出来ません。

P1150265.jpg

これね。ハルモニ分かりました。見て買わない客は韓国には居ません。たぶん。

P1150267.jpg

あれ?買わないのお客さんという、ものすごく残念そうなハルモニの顔。
すみません。2人とも酔った勢いとはいえ、ご面倒かけてしましました。

P1150994.jpg

帰国して、包を開けてみると、勢いで1万ウォンで買ったハンアリ(オンギ)は、
微妙に左右対称ではありません。韓国らしい~ゆるさに、また大笑い。

灰皿には大きすぎるし、調味料を入れるにはどうかと、何に使うかしばらく放置。
そうだ~と、とりあえずは、キャンディボックスにしました。

1万ウォンから飴を取り出すたび、あの器屋のハルモニの残念そうな顔を思い出します。


☆韓信甕器[ハンシンオンギ]

Baidu IME_2015-8-26_19-42-30
※Daumロードビューから

ノクサピョン
韓信甕器

所在地:서울특별시(서울特別市) 용산구(龍山區) 신흥로(新興路)7番地

電話:02-794-3687

交通:ソウル地下鉄6号線「綠莎坪驛」1番出口から535m、徒歩8分。
マウルバスなら「龍山2番」に乗車、韓信アパートで下車して目の前。所要時間2分。

※社長のおばあちゃんは50年近く、この地でハンアリを売り続け、
ハンアリで子供たちを育てた強者でした。
社長がご高齢のため、いつまでご商売を続けるかわかりませんので、
ご購入を検討の方、早めに来店なさることをオススメいたします。

※2012年の韓国人ブログはコチラ!




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。たまにはクリックして応援してね^^




関連記事

Comment

ハンアリ♪
ワッタカッタ!さん、こんにちは^^

こちらのお店の品ぞろえ、魅力的ですね~!!
以前、仁寺洞にある陶器屋さんでも大きなハンアリを扱っていたり
しましたが、最近は扱っていないようで…。

マッコリづくりに最適というオルネリョ!さんが手にされている
くらいのサイズのハンアリ、実は我が家にあるんです(笑)
↑先の仁寺洞のお店で数年前に購入し、大事に大事に抱えて飛行機で
持ち帰り、キムチづくり用に使ってます^^

機内に持ち込んだ後、CAさんに「キムチ用の甕です」って言ったら
随分笑われましたが…。
2015.08.25Tue 11:39 ≫ 編集
決めた! 次は、ここにいく! 私もオンギを探してました!
2015.08.25Tue 13:19 ≫ 編集
Re: 芙蓉 さんへ
芙蓉さんへ
おはようございます^^
店の名刺も無いし、領収書やレシートももらってなくて、
店の名前が分からなかったのですが、コメントをいただいて、
ロードビューで見てみると、わずかに看板が見え、
そこから検索してみると、いろいろ分かりました。
店は、ハルモニが1人で経営していて、50年くらいの歴史があります。
ハルモニは、ハンアリを売って子供を育て、ハンアリには並々ならぬ愛情があり、
割れた破片にも、愛着を感じるとか。
韓国人のブログの写真より、だいぶお年を召された感じでした。
私もキムチ用、今度は買ってみようかな~(^_^;)
2015.08.27Thu 04:22 ≫ 編集
Re: よよこさんへ
よよこさんへ
ソウル市内で、近場で、この品揃えは、なかなか見ないです。
私もまた行きたくなって、今度はゆっくり買物。
コメントいただいて、店名を地図もつけました。
e-martにも、ハンアリは売っていますが、質感が違うし、
まとめて買うなら、この店よさそう~。
ただどうやって日本に持って帰るか?船便で送りますか(^_^;)
2015.08.27Thu 04:30 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL