ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2015年8月 真夏の韓国 済扶島(チェブド)ソウルふらっと旅 ≫ 済扶島 海割れを歩く前の腹ごしらえ「漁村マウル」でカルククスと栄養石鍋ご飯♪

済扶島 海割れを歩く前の腹ごしらえ「漁村マウル」でカルククスと栄養石鍋ご飯♪

今年2015年の韓国夏旅、なぜ、済扶島(チェブド)を訪ねることになったのか。
韓国ドラマ「愛するウンドン」の物語中に、その島の名前が出てきたからです。

私はドラマを見ていませんが、オルネリョ!さんがすっかりドラマに夢中になり、
ある朝、ブログのヘッド画像が、主人公2人、チュ・ジンモとキム・サランの
吹き出し付きの画像に変わっているのを見て、私は唖然茫然で目が覚めました。

P1150425.jpg

この柵の向こうに愛するウンドンが待っているのでしょうか~!?

P1150426_20150831020529df4.jpg

ここは潮の満ち引きのタイミングによって、門の開閉の時間が毎日変わります。
潮が引き、現れた海底を歩いて島まで往来することができるのですが、
乾いた状態の時を選んで工事が進められ、2003年にはコンクリートの道路が完成。
今では、海割れの時間には、歩いてはもちろん、乗用車やバスでの往来も可能となりました。

海が割れるように見えるので、「海割れ」と呼び、その現象にちなんで、
韓国の「モーゼの軌跡」なんて言い方もされているようです。

写真では、すでにもう割れていますが、地元の役所の方のGO!サインが出ないと、
門が開きません。一応行政によって、海の安全の配慮がされているようです。

P1150472_20150830170758ec8.jpg

気象条件によって30分~1時間程度のズレが発生することもあります。
今日の通行可能時間
一回目:11:30~20:10
二回目:深夜12:00~翌日朝07:10
海の道ではスピードの出しすぎ&駐停車禁止


本日は、11:30に門が開くようです。この時、腕時計を見たら、10:50でした。
開門まで、あと40分ほどあります。この暑さの中、どうしましょう~。

P1150428.jpg

振り返ると、車の列がまた長くなったような感じがします。

P1150432_20150831093857af8.jpg

首を長くして開門を待つ人々。私たちも休憩しましょうか~。

P1150436_20150831020553158.jpg

門のすぐ脇にはレストラン。朝が軽めだったので、2人してお腹が空いています。

この日の楽しみは、済扶島(チェブド)の海水浴場で、海を眺めながらの貝焼き。
ソウルから約2時間かけて、ここまで来ました。私はウンドンは、もうどうでもよくて、
島で貝焼きが食べられるのならと、それだけが楽しみで、同伴したのです。

P1150422.jpg

すぐ脇のレストランから先、海沿いには、韓国の海辺にありがちな飲食店が並び、
刺身タウンとなっています。仕方がありません。40分も待ち時間があるので、
軽くカルククスをすすることにしました。写真は一部、ものすごい数の飲食店です。

P1150427.jpg

あっさり我慢の限界。暑いのと、お腹が減ったのと、ダブルパンチ。
島での貝焼きは、あきらめきれないので、旅友さんは軽くカルククスを注文。

座った場所からは、門が見えています。11:30の開門のタイミングも、
ここからだと見逃すこともないかと、暑いテラスに腰かけました。

P1150434.jpg

私は看板を見て栄養石鍋ご飯。すると、2人前からでしか出来ないそうです。
ならばと2人前とお願いしました。時間があるから、門の脇の店に入り、
看板を見て料理の注文と、思考能力は、ほぼゼロ。ケセラセラ成るようになるです。

P1150439.jpg

店には、待ち時間を過ごす人の姿が多く見られ、このおじさん、
待ち時間が退屈なのか、日本人が珍しいのか、いろいろと話かけてきました。

P1150442.jpg

店の前は海。その向こうに見えるのが、済扶島。
水の透明度は、お世辞にも良いとは言えません。

P1150444.jpg

済扶島の右に見える小さな島は、ヌエ(カイコ)島です。

島旅は好きですが、夏に海を訪れるのは、もう止めようと、今回の旅で誓いました。
暑すぎて体力がもちません。太陽の日差しにも負けない若さは消えていました。

P1150447.jpg

ほどなくパンチャン、サービスのおかずが運ばれてきました。
冷た~いビール、もしくはマッコリを飲みたいところですが、それは我慢。
ここでアルコールを摂取すると、もう1歩も歩けなくなりそうです。

追記:オルネリョ!さんから、これは書かないとダメでしょっと指摘がありました。
長くなるから、書かなかったのですが、珍しい葉物野菜のしょうゆ漬けが出ました。
左上は、뽕잎장아찌(ポンニプ チャンアッチ[桑の葉の醤油漬け])です。
少しゴワゴワするのですが、男性には、精力強壮剤の効能効果が期待できるらしい。


P1150455_201508310223472fa.jpg

大型店舗だし、観光地だしと、味に大きな期待はしていませんでしたが、
見た目以上に美味しいパンチャンで、急に元気になります。この辺り店が多く、
競争が激しいので、ネット社会の韓国、味の手抜きはできないのでしょう。

P1150449_20150831022346bbd.jpg

そしてカルククスも、これも期待以上。麺は手打ちでモチモチツルツル。
そして海鮮出汁がよく効いたスープに、ついつい箸が進み、
軽~く食べるつもりが、結局ガッチリ食べることに・・・。

P1150437.jpg

P1150438_201508310205566ca.jpg

店に無造作に置いてあったアサリちゃん。
この活きの良さなら、スープが美味しいのも納得です。

P1150459_20150831022350a08.jpg

これも見た目は美しくありませんが、栄養石鍋ご飯も美味しかったです。
季節柄、カキは冷凍したものでしょうが、それでも味がありました。

P1150457.jpg

カキがゴロゴロとたっぷりにサツマイモやナツメも入って、潮の香と、
甘い香り、ご飯も上手に炊けて、それぞれに1つずつ注文して大正解でした。

P1150463.jpg

お決まりのヌルンジも、ご飯が上手に炊けていたら、
ヌルンジも美味しく出来ること、あらためて気づきました。
(右上が桑の葉の醤油漬け)

たまたま偶然入った店でしたが、大満足。
しかしお腹がいっぱいで、もう貝焼きは食べられないな・・・





そして実は、ここで衝撃。とんでもなく衝撃。

開門は11:30と信じて、食事をしていたら、ふと気づくと、顔を上げると、
なんと車が動いています。目を疑いました!!

時計を見ると、その時11:10です。なぜ?11:30の開門ではなかったの~!!と、
まさかの事に、食事をしていた私は立ち上がり、カメラを持って猛ダッシュ。

この日、朝から何回、猛ダッシュしたことでしょうか~。

P1150461_201508310224195a7.jpg

開門の瞬間、せっかくですから、門が開き、車が動き出すタイミングで、
写真を撮るつもりが、表示されていた時間より20分も早く、門が開き見逃しました。
オルネリョ!さんが、係りの人に確認までしたのです。
係りの人は、早く開くこともあるとは、一言も言いませんでした。

それが韓国なのだ~やっぱり韓国。決まりがあっても決まりではない。

道路の状況が良い、走行可能と判断して、早めの開門となったようです。
何事も決まり通りでしか動かない国から来ると、往々にして、こういう事があります。

P1150462_2015083102242187b.jpg

続いての光景、それが韓国なのだ~やっぱり韓国です。

激しいクラクションの応酬。島から来た車とこれから島へ渡る車が、
お互いの進行を防ぎ、譲り合いません。少し譲ればすむことですが、なぜそこまで熱い?
ここは気合が入った方が勝ちです。つまらないことに真剣勝負する国民性でしょうか・・・。

P1150468.jpg

早めの昼食が終わり、さてこれからマウルバスに乗るか、島まで歩くか?

P1150469.jpg

食堂のおばさんは、歩いて30分と言います。
帽子を買ったマートのおじさんも、歩いて30分と言いました。

この辺りの店の人は、みなさん、島まで30分で歩かれるようですが・・・
最初から書いておきます。休憩無しで歩いて、大人の足で約50分、かかりました。

地図を見ると、島までのその距離は、3~4㎞弱はあるでしょうか~。
人が歩くのは、一里一時間と考えると、はやり一時間弱は、かかるはずです。
やはり韓国の人・・・

P1150470_201508310227132cf.jpg

めちゃくちゃノリは良いのですが、理論的ではなく感覚的。

P1150471_201508310227145db.jpg

大型の扇風機の前で、出発前の雄たけび!?
意味不明の嬌声で気合を入れてくれました。

追記:おばちゃんは、歩くと暑くなるから、今のうち涼んで行けと、おっしゃったそうです。


「行ってきま~す!!」





「戻ってきたら、ウチで晩飯を食べていきなさい!!」


と、最後は見送ってくれました。けして悪い人ではありません。
でも、おばちゃん、島まで歩くと50分は、かかるからね・・・。
最初から50分と知っていたら・・・

真夏の海割れ歩き、無茶が、これから始まります。




☆어촌마을(漁村マウル)←H.Pにリンクしています。

チェブド

所在地:경기도(京畿道) 화성시(華城市) 서신면(西新面) 송교리(松橋里)377-2番地
電話:031-357-6111

濟扶島





にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックして応援してね^^








にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

たまにはお願いしますね^^











関連記事

Comment

それが韓国だ~
 思わず笑ってしまいました。

 「それが韓国なのだ~やっぱり韓国。決まりがあっても決まりではない。」ということに同感です。
 「何事も決まり通りでしか動かない国から来ると、往々にして、こういう事があります。」という感想にも、納得します。
 私も、おなじような経験をしたことがあります。1990年代の半ば、江原道の統一展望台に行くために、前日にソクチョから市内バスに乗って、統一安保公園に行きました。そして、統一展望台へ行くシャトルバスが、明日出るかどうか、バス乗り場のおじさんに確認したところ、明日、バスは出る、とのことでした。それで、私は安心して、ソクチョ市内に戻り、翌日、統一安保公園の入場券売り場に行ったところ、本日は客が少ないのでバスは出ない、と言われました。オットケ~~!
 それ以来、韓国での「OK」は、信じられなくなりました。ちなみに、その時は、「日本から来ているのに、どぎゃんすりゃ、よかと!」と言ったら、切符売場のアガシが、私の後ろに居た韓国人の夫婦に、「日本人が困っているから、自家用車に乗せていってください」と頼み、その夫婦の車で無事に見学できました。

2015.08.31Mon 20:20 ≫ 編集
Re: shunshunさんへ
shunshunさんへ
頭では分かっているつもりでも、まだまだです(-_-;)
そう、韓国では、どれだけ主張するか、旅友さんは、
どれだけ声が大きいかに、かかっています。
ダメだ無理だ、できないと思わないことみたいです。
古い話になりますが、ビザの申請で、周囲が無理ダメ出しする中、
交渉すると、通ったことがありました。
そのせいか、韓国の人が日本に来て、何1つ、融通がきかない、
例えば、新幹線が待ってくれない、賃貸契約して、契約の日からしか使えない、
など、彼らにすれば、情のない国みたいです^^
2015.09.01Tue 03:27 ≫ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.09.01Tue 08:58 ≫ 編集
Re: コメントいただいた方へ
コメントいただいた方へ
そうです!そのとおりかも^^
案内放送は聞きませんでした。いつの間にか、開いていました。
日本では考えられないです。
2015.09.03Thu 08:48 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL