ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP2015年5月 やっぱり沖縄大好き!初夏の沖縄旅行 ≫ 那覇 夜の散策開始!!巨大な「さいおんうふシーサー」と初めての「ゆいレール」

那覇 夜の散策開始!!巨大な「さいおんうふシーサー」と初めての「ゆいレール」

私が最後に沖縄を訪ねたのは、アメリカで同時多発テロが起こり、
やがてイラク戦争が始まり、沖縄の観光にも影響があった後でしたから、
今回の沖縄の旅は約10年ぶり~です。自分でも驚きました。

足繁く沖縄に通っていた頃、ゆいレールはまだ工事中で、いつ出来るのかしら?
なんて交通渋滞にハマるバスの車中から、上空を見上げたものです。

旅の2日目、ホテルにチェックインして、牧志駅まで歩きました。
ずいぶんと国際通りも洗練され、キレイになり過ぎて寂しいくらいです。



牧志駅前に来ると、どど~んと巨大なシーサーがお迎えです。
ずいぶんとデカイシーサーとは私は初対面。
この巨大シーサーは「さいおんうふシーサー」と台座に書いてあります。

「さいおん」て何だ~?「うふ」とはいかに?

さいおんスクエア内にあるので「さいおん」、
「うふ」は沖縄の方言で「大きい」の意味だそうです。

沖縄で大きいとは「うふ」と言いますか。今度から大きい包をいただいたら、
「うふうふうふ~」なんて感激しちゃおうかしら~。
「ずいぶんと~うふうふうふ~」なんて身をクネラセテ喜びます。

さて「さいおんうふシーサー」は、那覇市の新シンボルとして2012年に完成。
高さ3.4m、重さは約3トンの壺屋焼になります。どうやって焼いたのでしょうか~。

P1120298.jpg

那覇の交通渋滞は慢性化しており、旅の最終日、空港に向かう際は、
飛行機に乗り遅れないように、いつも慎重に時間を見計らっていました。

地下鉄はできないのかな~なんて、地元の人に聞いたことがありますが、
沖縄は海に浮かぶ島、地盤が緩く、地下鉄工事は無理だと聞きました。

ゆいレールが開業したのは、2003年(平成15年)8月10日 、
那覇空港 から首里までの 12.9kmが開通しました。
2014年に発表された2013年の事業報告では、1日平均の乗客数が
初めて4万人を超え、年間では1490万3196人となり過去最高を記録。

順調のようですね。

P1120308_20151002083738472.jpg
P1120310_201510020837508a7.jpg

通勤の足にも使え、観光客が利用するにも便利です。

P1120300.jpg

牧志駅周辺の様変わりにも驚きました。

P1120306_20151002083737ce7.jpg

市街地再開発事業として生まれた公共・商業複合施設「さいおんスクエア」が、
駅周辺の様子を変えていました。ショッピングセンターのCARGOES(カーゴス)、
駅から直通のダイワロイネットホテル那覇国際通り、そして公民館・図書館まで。

いやいやすごいです。中でも注目したのはダイワロイネットホテル那覇国際通り。
空港からゆいレールに乗車、牧志で下車すると、すぐホテル。これはいいかも。

P1120313.jpg

牧志駅を出たゆいレールは、久茂地川に沿ってゴトゴトと走り、
私たちは県庁前駅で下車。県庁前までは、国際通りを歩いても良かったのですが、
今回は、初めてのゆいレールに乗りました。う~ん大満足です!!







にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックよろしくね^^











関連記事

Comment

踏み切り
沖縄で唯一の鉄道ゆいレールですが
踏み切りがありません。
なので沖縄の人は踏み切りと願望があるようです。
友人は踏み切りを3時間ぐらい見ていたというから
驚きです!!
踏み切りをじっと眺めている人見たら
沖縄の方ですか?と声かけてみたいと思います(笑)


2015.10.04Sun 09:33 ≫ 編集
Re: 豊年満作 さんへ
豊年満作さんへ
へ~初めて聞きました^^
北海道の離島に行ったとき、島に信号が1つあり、
それは、必要が無いものだけど、島の子供が、島外に出たとき、
信号の渡り方で困らないように、教育のために取り付けたものと、
ずいぶん前にガイドさんから聞きました。
踏切に憧れる!?う~んありかもです(^_^;)
2015.10.05Mon 06:06 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL