ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP韓国芸能情報 ≫ 韓国女優のデビュー間もない時代の画像♪ ~キョン・ミリ編~

韓国女優のデビュー間もない時代の画像♪ ~キョン・ミリ編~

TEXT BY オルラッタネリョッタ!




SSI_20150819154839_V.jpg

견미리(甄美里[キョン・ミリ])

生年月日:1964年12月25日
出身地:非公開だけど多分ソウル特別市
学歴:ソウル國樂藝術高校(現在の國立傳統藝術高等學校)→
 世宗大學校藝體能学部舞踊科  ※藝體能=art, music and physical education
デビューのきっかけ:1984年 MBC 17期公募タレント合格


学歴をご覧になればお分かりの通り、
韓国芸能界ではある種の「王道」「エリートコース」を歩まれたキョン・ミリ。

SSI_20150819154746_V.jpg

僕的にまず気になっちゃうのが“キョン”という珍しいその名前で、
調べて見たら、20年前の資料によれば、
韓国国内ではおよそ990世帯の“甄[キョン]”姓が存在するようで、
ランキングにしたら上から数えて158番目(1番はもちろん“金[キム]”姓)とのこと。


NAVERの新聞アーカイブをチェックすると、
彼女に関する最も古い記事は、1992年3月22日の京郷新聞。

Baidu IME_2015-10-29_20-2-39

ドラマ紹介欄で小さな扱い。内容も「お酒を飲むシーンで本物を飲んで酔いつぶれ、
撮影日を延期させちゃった」エピソードが紹介されてる程度なので、
この当時は、彼女、そんなに知られた女優ではなかったことが想像できます。

R750x0.jpg

彼女を有名にさせたのは、これまでも何本かリメークされたけど、
歴代最高作との呼び声高い
1995年ドラマ「張禧嬪[チャン・ヒビン]」での「明聖王后 金氏」役。

상궁_견미리
※名古屋系ホステスさんともタイマン張れるこの頭の“モリ”

僕的には彼女は2004年「大長今[テジャングム]」や
2006年「朱蒙[チュモン]」の悪役が印象的です。

8295667578984.jpg
※撮影時期不明ですが、中年にさしかかった頃のキョン・ミリ



彼女の私生活を見てみると、いい意味でも悪い意味でも、
なんかカネの匂いがプンプン。

最初の結婚が1986年。

Baidu IME_2015-10-30_8-8-41

お相手はMBCの先輩で当時人気俳優だった임영규(林榮奎[イム・ヨンギュ])。
彼の父親は“かつて”韓国でも有数の実業家で、
サムソンの創業者、李秉喆(イ・ビョンチョル)にも
カネ貸したことがある(というウワサ)経歴の持ち主。
そのことからも想像できるように息子のイム・ヨンギュは“超”のつくボンボンで
相当カネ使いが荒く、知人には飲み代などをおごり放題、家にも寄り付かず、
挙げ句の果てには、キョン・ミリに愛想をつかされ、1993年に離婚ということに。

※旦那は離婚後、アメリカに渡り、事業失敗、バカラで大損。
2年後には親からの遺産165億ウォンを全て使い果たしてしまいました。
その後、韓国に戻り、兄妹親戚と絶縁状態→ホームレス生活→
飲食店駐車場おじさん(日当3,000ウォン)→知人のライブカフェで歌手。
その間、アル中のため事件を起こしまくり、
無銭飲食や暴行事件を繰り返し前科9犯の身に…
まさに、ローラコースター人生です。


2人の間に産まれた離婚当時4歳と2歳だった娘2人が現在、
芸能界で活動していることは、外せないネタ。
(父親とは離婚後会ったことはないらしい)

2014121618155044599_1.jpg

長女のイ・ユビはサイダス所属の女優で、
去年のドラマ「ピノキオ」で僕はお目にかかりました。
演技はそこそこですが、どうも、この人工的なお顔が鼻について、僕的には?


※長女は「仙和藝術高等學校→梨花女子大學校声楽科」出身で、
高校時代の映像のようです(無音声)


2582_3074_4023.jpg

次女のイ・ダインはヨン様事務所所属の、これまた女優業やっていて、
今年のキム・ジョンウン主演ドラマ「女を泣かす」で脇役やってましたが、
あまり印象に残ってません。


2度目の結婚は1998年で、お相手は実業家のイ・ホンホン氏で、
現在は製薬事業を手がけるコスダック上場企業「보타바이오(ボタバイオ)」
会長職やってます。

2015033010411927132_1.jpg
※左が再婚相手の旦那です。

キョン・ミリ自身、旦那の会社の大株主として名を連ね、(長女も一応株主)
子会社の健食会社のフランチャイズショップ1号店のオーナーになったりして、
内助の功にいそしんでいるのが、今年撮影された上の写真です。


2度目の結婚後、現在では、なにか順風満帆な私生活に見える彼女ですが、
これまでも、彼女はいろいろと物議を醸してきました。
2006年のJU事件(被害者9万人被害額2兆ウォンのマルチ商法詐欺事件)では、
広告塔の役割を果たしたキョン・ミリに対して世間様から白い目が向けられたり・・・
(彼女の立場はあくまでも “自分も被害者”)
2010年、旦那の会社の株価操作の容疑がかかるも、不起訴処分だったり・・・
2011年には、大物演歌歌手の太珍兒[テ・ジナ]と出資した企業での
インサイダー事件に関わったとして、
株価操作の容疑でこれまた不起訴処分となったり…
ダークなイメージが常につきまとってる女優&
サイズはミニでも、エセ財閥系ミュヌリ(妻)を狙ってる女優と言えそうです。 


おまけ

723894340204378.png


※作詞テ・ジナでタイトル「행복한 여자(幸せなおんな)」

キョン・ミリ、テ・ジナとは本当に親しかったみたいで、
彼の勧めで2009年、44歳という年齢で歌手デビューも果たしています。



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
   にほんブログ村

ブログランキング参加しています。「テ~バク(대박)」にクリックして応援してね^^



関連記事

Comment

キョン・ミリさん
キョン・ミリさん、
張りつめたシーンでの声の強弱は、映像が引き締まり、
美しい容姿が「キリリッ」と輝く気がします。

個人的には、「黄金の花嫁」でのキム・ミスクさんとの演技バトルが見ごたえありました。

女優業だけに専念されれば良いものを…
2015.10.30Fri 21:05 ≫ 編集
チャングムを夢中で観ていたうちの旦那はキョンミリさんが出てるのをみるとかならず「あ、チェ尚宮だ」とつぶやきます。
イ・ユビが娘とは知りませんでした!ソンジュンギの「世界のどこにもいない優しい男」でいい演技してましたよ。顔は…お約束でいぢってますね^ ^載せてた動画をみて確認しました。
私はキツめでクール系の目がキリッとした顔立ちが好きなので好きな女優さんです。演技は顔ばかり見ててあまり考えたことありませんがf^_^;)
2015.10.31Sat 10:13 ≫ 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015.10.31Sat 17:38 ≫ 編集
役のイメージから苦手でしたが、こちらで紹介されると急に親近感湧いちゃうe-264
以前BSで放送されていたCMで、流ちょうな日本語を披露していましたよ。
お嬢さん方の情報も初耳でしたが、最初のご主人の波乱万丈にはビックリ~。
2015.11.01Sun 09:17 ≫ 編集
チェ尚宮ですね~、この方、お声もすごく多彩で魅力的だなと思います。それにしても、母上は殆ど、生まれつき美女のように思えますが、なぜ、お子さんたちは、あんなお顔に変えてしまわれるのでしょう?
2015.11.01Sun 11:37 ≫ 編集
Re: キョン・ミリさん
さきこさま

超なつかし~いドラマタイトル。

そのとおりです。本業だけ頑張ってもらいたいものです。
女優としたら、何の問題もない方なのだから・・・
2015.11.01Sun 19:27 ≫ 編集
Re: いとっぺさま
オルラッタネリョッタ!

세상 어디에도 없는 착한남자

お~、僕が1話の途中でやめてしまったドラマ。
あの時は、なんか気分が乗らなかったんです。
で、そのまま放置プレー。

ピノキオを見てみてもらえれば、わかってもらえると思いますが、
彼女、イ・ジョンソクにカラミ続ける、同僚の役でして、
露出度が非常に高くて、あのプラスティック・サージェリー顔にはもう辟易。
親のキョン・ミリを呪いました、当時。



2015.11.01Sun 19:35 ≫ 編集
Re: まお さま
まお さま

僕の記憶では、彼女の中のいい大物演歌歌手テ・ジナは親戚が広島在住の関係で、
広島でちょくちょくコンサート?やってます。
ということは、彼女も何か日本との関わりが、チャングムのかなり以前から
あったかも。そのため、日本語にはあまり拒否感がないのかもしれません。
2015.11.01Sun 19:41 ≫ 編集
Re: Svetlana さま
Svetlana さま

新聞記事での彼女のお顔をご覧になられたと思いますが、
彼女、朝鮮半島女性の半数近くに及ぶ、いわゆる‘エラ顔’傾向にあったので
多少、顎の輪郭、変えてます。
僕の印象、50年代~60年アタマ生まれの女優さんは、
デビュー当時はほぼ天然顔が多いのでホッとします。
当時は一部のエリート的美人だけが芸能人になれたのかも。


2015.11.01Sun 19:48 ≫ 編集
オルネリョ!さま、

> 僕の印象、50年代~60年アタマ生まれの女優さんは、
> デビュー当時はほぼ天然顔が多いのでホッとします。

全く同感です。エリート美人だけが芸能人になったのでしょう。
昔の日本もそうですよね。
面白そう、というドラマがあっても、俳優さんがあまりにも凄まじいお顔(=手の入った)だと、見続ける意欲がなくなります。

キョン・ミリさんは、ご親戚(おじさんおばさん?)が岐阜県で焼肉屋さんをやっているのだと、昔「イ・サン」ガイドブックを古本屋で読んだら書いてあったような気が、、、あ!ネットで探したら、ご両親が大垣在住と書いてある~
2015.11.01Sun 21:01 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL