ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2015年5月 やっぱり沖縄大好き!初夏の沖縄旅行 ≫ オルネリョ!の酒場放浪記 沖縄栄町市場「ぱやお」編 

オルネリョ!の酒場放浪記 沖縄栄町市場「ぱやお」編 

さて、沖縄、栄町市場のプラプラ歩き。最後に軽く?一杯飲みたい気分です。



久々に「うりずん」に入ろうかとも思いましたが、
「うりずん」の姉妹店があると聞いて、そちらを訪ねました。

「うりずん」も「きしもと食堂」も、そして「山本彩香の店」も、新宿伊勢丹、大沖縄展で、
耳に目にするようになりました。賛否両論ありますが、それだけ有名店だということです。

P1120884.jpg

気軽にゴム草履、いやここは沖縄、島ぞうりで、ふらっと入れる沖縄の居酒屋さんへ。

P1120887_20151102173126c58.jpg

琉球料理と泡盛の店「ぱやお」さんです。

ちなみにオレンジの島ぞうりですが、東京のお洒落なサーフショップで購入。
高かったのですが、これが固くて履きづらいと、オルネリョ!さんは文句言ってます。

P1120893_20151102173129781.jpg

酒場という聖地へ 酒を求め 肴を求めさまよう…オルネリョ!の酒場放浪記 ♪

ちなみに、このへんてこりんなTシャツは、伊勢丹メンズ館で購入。
オルネリョ!さんは、お気に入りの様子ですが、さて?疑問の私。


音が心配ないなら曲スタート!

ハイ 今日は那覇は栄町市場の「ぱやお」さんへやって参りました。
こちらは市場内にあって、市場から仕入れる魚介類が美味しい店として、
また東京まで名が知れた「うりずん」の姉妹店として、地元の方はもちろん、
観光客からの愛されているお店です。ワタクシは初めての訪問です。

P1120891.jpg

前夜に訪ねた、久茂地の「なかむら家」さんは、
お料理が美味しいですが、器には、それほどで・・・
しかしこちら「ぱやお」さんは、沖縄の焼物「やちむん」で揃えられ、
器は可愛らしいです。

オルネリョ!の酒場放浪記 那覇久茂地「なかむら家」編

P1120905_20151102173208ce6.jpg

生ビールのあとは、お店のオススメの泡盛「古里」にしました。
「1本は飲めないね」と言いながら、2人で1本空けてしまいました。

P1120899_20151102173206e2e.jpg

お刺身は、前夜の「なかむら家」さんの貝のお刺身が美味しすぎて、
「ぱやお」さんのお刺身が、すっかりかすんでしまいました。
それほど「なかむら家」さんの、シャコ貝が美味しかったということで。
沖縄で刺身を食べるなら、貝類でしょうか?

P1120894.jpg

しかし、ナーベーラー(へちま)の味噌煮は、美味しかったです。
へちまの食感が、東京で食べるへちまとゼンゼン違いました。
トロっとした食感の中にも、へちまの繊維が感じられて、味噌の味もよく、
今まで、へちまを美味しいと言わなかったオルネリョ!さんも満足の一品。

P1120909_2015110217320985e.jpg

舌にピリっとくる豆腐ようも、「うりずん」同様に美味しゅうございました。
豆腐ようとは、島豆腐を米麹、紅麹、泡盛によって発酵、熟成させた発酵食品。

沖縄の豆腐ようのルーツは中国の「腐乳」とは、知られた話ですが、
友人の自称グルメの中国人は、「腐乳」をパンに塗って食べるのが好きとか。
美味しいからと、さんざん勧められましたが、う~ん未だに試していません。

P1120888_2015110217355285a.jpg

ここでそろそろ三線をかき鳴らし、一曲、いや二曲と興じたいところ。
しかし朝からたっぷり車を運転し、そして那覇の街を歩き、もう力が出ません。

P1120919.jpg

栄町市場内でトイレを済ませ、ホテルまで歩いて戻ります。
国際通りのホテルまで、栄町市場からは、ラクラク徒歩圏内です。

☆ぱやお
住所:沖縄県那覇市安里379−11
TEL:098-885-6446
営業時間:17:00~0:00




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックよろしくね^^




P1120930.jpg

ホテルの脇に入った場所にあるコンビニに立ち寄り、そこでみつけた古い建物。

P1120933.jpg

驚きました。国際通りも脇道に入ると、まだまだ木造の建物が残ります。
いつまでも後世に残して欲しいと思うのは、観光客の勝手な想いですが、
いつかはまた、栄町市場のように、光が当たるかもしれません。





にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックよろしくね^^



関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL