ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP韓国の財閥系 ≫ 年末日本公開決定♪映画「ベテラン」は韓国財閥系犯罪のエピソードがてんこ盛り!

年末日本公開決定♪映画「ベテラン」は韓国財閥系犯罪のエピソードがてんこ盛り!

TEXT BY オルラッタネリョッタ!




今年8月に韓国で公開、観客動員数1300万名を突破、
韓国国内歴代4位(洋画を除けば3位)の興行成績を記録した
大ヒット映画「베테랑 (Veteran[ベテラン])」。
年末、日本でも公開されることが決定したとのことで、
僕、抽選の結果、試写会で一足先に映画を拝見する機会を得ました。

movie_image2BIK8PP3.jpg

全体的な作品の印象として、
この映画、‘犯罪娯楽アクション’‘刑事もの’というよりは、
‘韓国財閥系犯罪百科辞典’として見ると、より面白いと感じました。
だって、映画のエピソードが実際、韓国財閥系ご子息による過去の事件を
つなぎ合わせたような感じになっているんだもの。

試写会で映画が上映されてる最中も、
僕の脇にいらっしゃった韓国人おばさん数名が、
“어떡해~(おっとっけ~)”とか声に出しちゃったりして、
周囲の日本の方よりも、映画を楽しんでいるように見えました。
だって、彼女たち、実際に起きた財閥系の事件を
リアルに知った上で鑑賞しているのだから、当然と言えば当然。

そこで、12月の日本公開を前に、韓国財閥系事情に疎い日本の方でも
映画「ベテラン」を存分に楽しんでいただけるよう、僭越ながら、
映画の脚本化にあたって、大きな影響・インスピレーションを与えたであろう
韓国財閥系事件の主役を僕が独断で2人に絞って、
ここで簡単にご紹介しちゃうというのが今回のネタです。


①최철원(崔哲源[チェ・チョロン])
~SKグループ系物流企業「MIGHT&MAIN㈱」元社長~ 

20101202145907967.jpg


○どんな人物?

SKグループ創業者、故최종건(崔鍾建[チェ・ジョンゴン])の弟にあたる
최종관(崔鐘寬[チェ・ジョングァン])の末っ子息子が
まさに事件の主役となる崔哲源[チェ・チョロン(46歳)]。
今のSKグループ3代目会長、
최태원(崔泰源[チェ・テウォン])とは従兄弟関係となり、
そう言う意味では、この崔哲源[チェ・チョロン]、
SKグループ本家というよりも‘亜流’という位置づけになります。
上には姉貴だけで6人。兵役時代は泣く子も黙る海兵隊所属ということで、
こうした環境が彼の自己チュー&暴力性を育んだとされます。

○どんな事件を起こしたの?

2010年、MBCのスクープ報道として初めて世に知らされた事件。
タンクローリー運転手ユ・ホンジュンさん(52歳)の所属する会社が
최철원(崔哲源[チェ・チョロン]41歳)が社長を務める
MIGHT&MAINに吸収合併された際、
「労働組合から脱退したら、再雇用してあげる」という条件を
会社としてユさんに提示。
ユさんはその雇用条件をはねつけ、解雇されることに・・・
ユさんは「これは不当解雇だ!」と
ソウル・龍山區に位置するMIGHT&MAIN本社前で
一人で座り込み抗議活動を実施。
これに腹を立てた崔哲源社長、「ユさんのタンクローリーを買ってあげるから、
抗議活動はやめてね」みたいな趣旨の提案をユさんに提示します。
仕事もなく生活に困窮していたユさんは仕方なく社長の提案を受け入れることに・・・
そして、タンクローリーの売買契約締結のため、本社の事務所に招かれると、
社長から唐突に「四つん這いになれ!1発で100万ウォンだー!」と、
10数名の会社幹部の目の前で、アルミ製野球バットで数十回殴打されるハメに。

201408060459015510_h.jpg
※状況はこんなイメージ

ユさんの「助けてください」という哀願も聞き入れてもらえませんでした。
その後、抵抗したユさんに対して、「今からは1発300万ウォンだ~」と、
今度は顔を数回ビンタ。
暴行終了後、社長はユさんにタンクローリー購入代金5千万ウォンを
即座にユさんの銀行口座に送金するよう部下に指示。
そして‘殴り代’として2千万ウォンの小切手を
その場でユさんに手渡したというのが事件の概要です。

以下は、インタビューで当時の状況を詳細に語った被害者のユさん。

1045331973.jpg
※顔を殴られた際にできた口の中の切り傷

1229472278.jpg
※数十回に及んだバットによる殴打。これが証拠の傷跡

1331505906.jpg
※暴行後、社長から手渡された小切手。(これが事件の動かぬ証拠になりました)


この事件で、崔哲源[チェ・チョロン]社長は、一審では実刑判決だったけど、
控訴審で執行猶予3年、社会奉仕活動120時間の判決が下されることに。
また一方のユさんに対しては、会社前での一人抗議活動を検察が問題視し、
‘業務妨害’‘交通妨害’の容疑で起訴する事態に。(ただの書類送検で終結)
余談としては、ユさんを書類送検した検察官はその後、
SKグループの倫理経営担当の専務として入社されたそうです。



②故신동학(辛東學[シン・ドンハク])
~「株式会社ロッテ乳業(現・株式会社プルミル)」営業部元社員~

※株式会社プルミルは2013年、ロッテグループから分離・独立

○どんな人物?

2015年、韓国財閥系で最もホットな話題を提供中のロッテグループ創業者で
現在もグループ総括会長を務める신격호(辛格浩[シン・ギョッコ])の
4番目の弟、신준호(辛俊浩[シン・ジュノ])の長男。
‘ロッテの悪童’ともささやかれ、酒癖がかなり悪かったというウワサ。
2005年、タイ・バンコクのマンション6Fから
謎の墜落死(殺害説もあり)を遂げました。


○どんな事件を起こしたの?

☆1994年

Baidu IME_2015-11-6_12-27-11

Baidu IME_2015-11-7_20-11-17
※当時の東亜日報の記事。
タイトル=‘裕福な家庭の息子たち’による、ならず者行為

当時、英国留学中の26歳だった辛東學[シン・ドンハク]。
ソウルK高校(多分 京畿高)の先輩・後輩関係の4人と
オレンジ族が頻繁に出入りする‘Zナイトクラブ’で
洋酒を飲んだ帰り、
江南[カンナム]の島山[トサン]交差点付近で走行中、
自分の車の前を割り込まれたことに腹を立て、
道路に落ちていたブロックと花瓶で
運転手と助手席に座る男性2人を車外に引きずり出して殴打。
大怪我を負わせる事件を起こしたとは東亜日報の記事。
弁護士がよほど優秀だったのか、
判決は懲役2年6ヶ月、執行猶予3年で結審。


☆1997年

9a1dd9ae50008251a0c07209caa3299e.png

同棲女性と大麻&コカインを吸引した容疑で、逮捕。
判決は、これまた執行猶予。(初犯だから)

☆1999年
ロッテ一族が墓荒らしの被害にあった事件で、
逮捕された犯人の実況見分が行われた際、
辛東學[シン・ドンハク]が現場に乱入。
犯人を殴りつける事件を起こしました。

art_1329045297.jpg

これがインパクトありありの当時の報道写真とのこと。
見方次第では、ロバート・キャパの戦場写真よりチョア!

☆2000年

Baidu IME_2015-11-6_16-13-11
字幕=良くないことがあってたくさんお酒を飲みました。
ほとんど記憶がありません。

ソウル・三成洞[サムソンドン]の飲酒検問に引っかかった際、
基準値を大幅に上回るアルコール濃度が検出。
免許証提示を求める警察官を車と共に引き連れたまま、車を爆走。
30m先でタクシーに激突して車が停止。
その後、300mほど逃走したが、
追いかけたタクシー運転手に捉えられ逮捕されました。
(車に引きずられた警察官は全治3ヶ月の大怪我)
ロッテサイドも悪童を見限ったのか、国選の弁護士で裁判を戦い、
流石にこの事件では、懲役2年の実刑判決を食らったとのことです。


以上、韓国財閥系のご子息による悪事、ざっとこんな感じですが、
そのほか、当ブログでかつてご紹介した
ハンファグループ会長&息子の犯罪なんかも
映画ご鑑賞の前にチェックされても参考になると思います。


韓国財閥系会長の親ばか日誌!子供も子供なら親も親?
東映やくざシリーズを凌駕した前代未聞の武勇伝♪武勇伝♪


止まらない♪止められない♪韓国財閥系会長の親バカ日誌!今度の主役は自慢の三男。
「僕は○○で父ちゃんの会社の株価を下げました。」


↑          ↑          ↑
それぞれクリックしてみてください。
いずれも当ブログの歴代アクセス数20位以内の
(自分でいうのもなんですが)力作記事です。



最後に、映画本編のキャスティングに関しての感想・・・


movie_image5Q7PYT3Z.jpg
※“おいがおむね~(=That's absurd[あきれるね~])” 財閥3世チョ・テオ

物語では猟奇的な財閥系御曹司を演じた
유아인(劉亞仁[ユ・アイン]:1986年10月6日生、出身地:大邱廣域市)
初の悪役に挑戦したとのことで、意外性&新鮮味たっぷりでした。

movie_image.png

ユ・アインからボコボコにされ意識不明に陥る財閥系による暴行被害者の
トラック運転手役を演じた정웅인(鄭雄仁[チョン・ウンイン、出身地:忠清北道堤川市])
2013年SBSドラマ「お前の声が聞こえる」での
悪役(暴行加害者)演技のイメージが強かったので、
僕的には意表を突かれたキャスティング。
彼の小市民演技をたっぷりと楽しませていただきました。
彼の演技の幅の広さはさすが、お笑い出身。


movie_image998273329.jpg

勿論、主役を務めるデカ役の황정민(黃正民[ファン・ジョンミン、出身地:慶尙南道昌原市])

movie_image3437563838744479.jpg

財閥ボンボンの尻拭いに追われる常務役‘ヒラメ顔’の
유해진(柳海眞[ユ・ヘジン、出身地:忠淸北道淸州市])

以上2人の役者さんも、韓国映画にチョット‘出演しまくり感’は拭えませんが、
まあ、期待通りの仕事はなさったのではないでしょうか。


日本版 公式HP ←クリック!

日本版 公式Facebook ←クリック!


※韓国KBSの映画紹介番組。予告編より映像長く見れます。




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
   にほんブログ村

ブログランキング参加しています。「テ~バク(대박)」にクリックして応援してね^^



関連記事

Comment

財閥
日本では敗戦で財閥は解体されましたが、韓国では何をきっかけに財閥が解体されるのか気になります。
2015.11.06Fri 18:28 ≫ 編集
Re: cda さま
cda さま

僕らの目の黒いうちに実現するでしょうか?
北朝鮮崩壊と財閥解体@韓国。
2015.11.09Mon 06:01 ≫ 編集
試写会で一足先に見られたんですねー裏山。
オルネリョさんの解説で予習バッチリでございます(^O^)/
さて、私はこれまた大ヒットした「弁護人」をリアルタイムで観たのですが政治的なことからでしょう、日本公開はなかったみたいです。なので韓国語がわからない私には詳細は謎。
これまたハンニチな「鳴梁」も見る機会は無い様子。
スクリーンで観ることにこだわってるので永遠の謎となってしまうのか…
ともかくベテランは来月シネマートで観る予定です。
しかし韓国で映画観ると楽しい。アジュンマ達の素直な反応は映画がより面白くなるスパイスですな。日本はほぼシーーーーンですから^_^;
2015.11.12Thu 15:47 ≫ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.11.12Thu 15:50 ≫ 編集
Re: いとっぺ さま
いとっぺ さま

たしかに「弁護人」は韓国国内でも「反北朝鮮派」な人々からは
親北的「盧武鉉」がモデルの映画なので、いろいろ批判的な意見も多かったけど、
軍事政権時代とかの韓国って、何が事実で嘘なのかよくわからないこと多いと思うんです。
労働組合員も北朝鮮のスパイに仕立て上げられて、拷問を受けてたり、
それを国家ぐるみで隠蔽したり・・・
僕ら日本人的には、そのような政治的とされる映画を見るときは、
なるべく偏見を持たず、パラレルな思考で鑑賞すればGOOD!
その上で「いい映画、ツマらん映画」と評価すればOKと思います。
ただ、「弁護人」が日本で公開されなかったことは、政治的な問題ではなく、
興行的にペイするという判断をした映画会社が日本になかっただけという気がします。

映画館に関しては、僕とは好みが真逆ですね、いとっぺ さまは。
落ち着いた環境で、一人騒ぐのが好きな僕は、
韓国では、うるさくて興ざめなので、日本の映画館での「シーン」は大好きです。
その代わり、僕一人、うるさくてヒンシュクものなのですけど・・・

2015.11.13Fri 13:45 ≫ 編集
1月末にやっと観ました!
スピード感ありましたね。でちょっと、ん?な疑問もケンチャナヨの力技でねじ伏せたストーリー展開でしたね。
気になるところがあるとそこばかり気になりそうなワッタカッタさんをねじ伏せるのは難しそうですが笑
楽しかったですよ。終わってこの記事を読むとさらに面白かったです。
2016.02.06Sat 23:44 ≫ 編集
Re: いとっぺさま
いとっぺさま

韓国映画、小姑みたいにガタガタ言うと
自分が楽しくなくなるので、よっぽどでない限り
流すような知恵がつきました。

「映画見終わって読んでも面白い」とはありがとうございます。
2016.02.07Sun 19:15 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL