ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2015年11月 済州観光サポーターズFAMツアー ≫ 済州ジオトレイル 1泊4人で10万ウォン!ゲストハウス「クララの家」を訪問しました♪

済州ジオトレイル 1泊4人で10万ウォン!ゲストハウス「クララの家」を訪問しました♪

済州 2015 GEO FESTIVALのレポの続きです。

済州は、島全体が火山で出来た地質。地面を掘ると、
石がゴロゴロと出て来て、ゴツゴツの石は、家や畑の囲いに利用されます。

P1180288.jpg

そして石の9割が玄武岩で、残りの5%は粗面岩と、ガイドのアミさんの話です。
写真、話の通りの割合、黒い石が玄武岩、白っぽく見えるのが粗面岩。



穴ボコだらけに石が積まれるのは、島の強風でも倒れないようにが理由。
荒く積まれ出来た穴は、通風のためで、のぞき穴ではありませんが、しかし穴があると、
ついつい、のぞきたくなるのが、人間の本性ではないでしょうか~?

P1180284.jpg

見ながら、歩きながら、休みながらのジオトレイルに出発しました。
済州の旅ですが、車でただ通過するのは、もったいない景色の連続。
時間と体力が許すのであれば、済州は、のんびり歩く旅がオススメです。

P1180278.jpg

歩き出す前に、ガイドのアミさんから、コースについての説明がありました。

P1180277.jpg

私たちは、「80万年の地球の時間を抱く道」とタイトルがついた、
山房山(サンバンサン)・龍頭(ヨンモリ)海岸のAコース短縮をさら短縮して歩きます。

P1180280.jpg

写真の地図でいうと、山房山の山裾から港に向かい、1番辺りまで歩きました。

P1180282.jpg

済州のオルレコース同様、ポイント、ポイントには道案内があります。
雨上がりの済州の道も素敵です。写真を撮りながら、のんびりと歩きました。

P1180327.jpg

穴があると、のぞきたくなるのが人間の性。
さらに石垣が低く積まれていると、身を乗り出して、のぞくたくなります。

鼻をクンクン。ふ~ん今夜の晩飯は何だろうなあ~と、寺山修司の気分。
「寺山修司がのぞきで捕まる」事件をご存知です?
取材のため、路地や袋小路を歩いていて、住人に捕まった事件です。
当時、テレビで釈明会見をしている寺山修司を、私はよく覚えています。

P1180325.jpg

石垣に囲まれた平屋、中はどうなっているのかしら~。

P1180328.jpg

そこに現れた住人。「クララの家」のオーナーのキム・ヨンネさんと、その奥様。

P1180289.jpg

けして私たちは、日本から飛行機を乗継いで来た、のぞき魔集団ではありません。
と、ガイドのアミさんが釈明してくれたのか、建物探訪となりました。

P1180292.jpg

こちらジオハウスの1つで、貸家の「クララの家」です。

ジオハウスとは、ユネスコが認定するジオパークにあるゲストハウス。
ペンションなどを活用した宿泊施設で、ハウスは地質資源をモチーフにしています。

また、ジオ・トレイルやジオ・アクティビティ、ジオ・フード、ジオ・ファームなど、
さまざまな村のジオ・ブランドを広報、案内する役割も担っているそうです。

P1180293.jpg

正々堂々とジオハウスの取材です。お部屋は3つありました。

P1180303.jpg

玄関から入って直ぐがリビング。ややこれは地層をモチーフにした壁でしょうか~。

P1180307.jpg

そして左手には、寝室。

P1180304.jpg

そして玄関入って右にはキッチンがありました。冷蔵庫も大きいフルキッチン。

さて気になる宿泊費は、定員4人で1泊10万ウォン。2人以下は1泊6万ウォン。
1人追加ごとに、1人あたり1万ウォン追加宿泊費がかかるそうです。
予約は、現在電話予約のみ。予約と同時に宿泊費を現地金融機関に振込です。

昨今の韓国の物価を考えたら、お安く宿泊できそうです。

P1180319.jpg

「クララの家」の裏手。窓はテレビの上にあった窓。
裏庭からは、蒸気が湧き上がる、山房山が見えています。

P1180317.jpg

お庭でサムギョプサル・パーティーもできます。
山房山と並んで遠方に見える山は、簞山(タンサン:단산 )。

簞山(タンサン)は、標高158.1メートルの
凝灰の堆積層で作られた石山で、済州島に数あるオルムの1つです。

その姿がまるでコウモリが羽を伸ばしているようにみえて
「バグンジ(韓国語でコウモリの意味)オルム」とも呼ばれ、簞山、
バグンジオルムに登ると、山房山と兄弟島(ヒョンジェソム)が見えるそうです。

P1180315.jpg

済州の宿泊施設は、韓国財閥系のホテルから貸家まで、いろいろ。

P1180314.jpg

それぞれの良さがありますが、オーナーさんの人柄でしょうか、
お庭の植物が、よく手入れされていて、
ここで数日、山を見ながら滞在するのもいいかもです。

P1180313.jpg

この紫の実がつく植物の名前が分からないのが残念。

P1180320.jpg

P1180298_20151118171935d44.jpg

そして何より、私が気になったのは、庭のサボテンと多肉植物。

P1180300_20151118171936bf5.jpg

秋、紅葉したのでしょうか。鮮やかなセダム属の多肉ちゃん。

P1180295_201511181719333a1.jpg

済州の穴ボコの石から伸びる多肉ちゃんも。
育てる人の愛情を感じます。

P1180322_20151118171937966.jpg

どれも1つ1つ丁寧に育てられていて、ゆったり済州ライフを過ごす、
島の生活が羨ましいです。ほんと・・・。

P1180321.jpg

ジオトレイル、最初の寄り道から、心わくわく。

P1180324-1.jpg

ジオハウス「クララの家」の訪問でした。

P1180330.jpg

Aコース、途中途中には、他にもバックパッカーの宿や・・・

P1180331.jpg

レンタル自転車の店などが並びます。

P1180329.jpg

ゆったりと歩く島の旅。
振り返ると見える山房山が、だんだんと小さくなっていきます。
海岸に向かって、まだまだ歩きます。




☆クララの家(글라라의 집)
新住所表記:
제주특별자치도(濟州特別自治道) 서귀포시(西歸浦市) 안덕면(安德面) 사계남로(沙溪南路)211
旧住所表記:
제주특별자치도(濟州特別自治道) 서귀포시(西歸浦市) 안덕면(安德面) 사계리(沙溪里)2019-6
電話:064-900-8222
HP:http://clarehome.modoo.at/

済州ジオパークホームページ ⇒ http://jejugeopark.com/japanese/" target="_blank" title="http://jejugeopark.com/japanese/">http://jejugeopark.com/japanese/










にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。たまにはクリックよろしくです^^




Baidu IME_2013-12-10_5-53-14
supported by 済州観光公社




関連記事

Comment

愛するウンドンで数々の変な質問したものです。この記事の質問ではなくてすみません。チュジンモの最新のドラマが中国のドラマの医師役らしいとのこと。チュジンモは中国で人気あるんですか?愛するウンドンを中国メディアでみていらしたとおっしゃっていらしたので。とにかくチュジンモ大ファンなので。ご存知ですか?
中国ドラマはさすがに日本ではみれないんでしょうね。
2015.11.19Thu 09:33 ≫ 編集
Re: 井上利'香 さま
井上利'香 さま

韓国の「NAVER」、中国の「百度」で検索かけても
朱鎭模の中国ドラマ新作で医者役に関する情報は出てきません。
出てくるのはもっぱら2013年、中国・湖南衛星TVでOAした
「화비화 무비무(花非花雾非雾)、英:Flowers in Fog」というドラマのみ。
もうご存知だと思いますが、

中国動画サイト

http://www.hunantv.com/v/2/6229/#

画面の第1集という部分、クリックすれば、CM終了後、ドラマ本編スタート。

ただし、ドラマの作りが中国ドラマ特有の吹き替え方式なので
チョット見苦しいかもしれませんが・・・

Youtube

https://www.youtube.com/watch?v=jyBDWa7NPtQ


お役に立てず、ごめんなさい。


2015.11.20Fri 09:14 ≫ 編集
ありがとうございます
調べてくださってありがとうございます
今、撮影中の作品らしいです。
チュジンモは中国でも人気あるのですかね。
愛するウンドンが早くDVDにならないかと思います。
2015.11.20Fri 18:34 ≫ 編集
振込み無理かな
自分もここまでやっと記事追いつきました(^^;
交通ルートも調べたけど、一番のネックは
韓国の口座に振り込むことかな・・・
でも一度は泊まってみたいですね(^^)
2015.11.22Sun 12:15 ≫ 編集
Re: 豊年満作 さんへ
豊年満作さんへ
私も4人前後で、のんびりするのはいいかと思いましたが、
予約がネックですかね(^_^;)地元の漁港の組合銀行みたいな所に振込らしいです。
いつか暮らすように、島で過ごしてみたいです^^
2015.11.22Sun 12:52 ≫ 編集
Re: 井上利'香 さま
井上利'香 さま

とんでもないです。
DVDはもうそろそろではないでしょうか。お楽しみにしてください。
中国サイトで見る限り、あんまし彼の認知度はまだまだのような気がします。
ヒット作に恵まれたら、ころっと変わるのでしょうが・・・
2015.11.23Mon 18:21 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL