ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP2015年11月 済州観光サポーターズFAMツアー ≫ 超~ロングロング太刀魚の姿煮&姿焼きが超~人気!済州の予約不可の店「チェジュマダン」

超~ロングロング太刀魚の姿煮&姿焼きが超~人気!済州の予約不可の店「チェジュマダン」

旅の楽しみは人それぞれで、買物?観光?アクティビティ?ホテル?
と、いろいろありますが、個人旅行と違い、団体旅行、ツアーの楽しみと言えば・・・

食事、宴会

ではないでしょうか~。



ガッタンゴットンとワゴンが宴会場に運ばれて来ました~。

P1180687.jpg

はるばる東京から沖縄を経由して済州まで来た私の心も、
ガタンゴトンと、高鳴ります。済州らしいおかず、粟餅も見えます。

P1180692.jpg

ビール、マッコリの準備も出来ました。

この夜訪ねたのは、これまたガイドのアミさんの手帳からの、とっておきの店で、
チェジュマダン(제주마당)。こちらの店、地元の超がつく人気店で、通常予約はとりません。

が!しかし!

アミさんのご尽力で、団体さまの予約OKとなり、待たずに宴会開始です!

P1180709.jpg

済州観光公社の呉(オ)さんの乾杯の音頭。

「よっ!チェジュの男前!色男!」

なんですが、残念ながら韓国の男とは思えない、シャイなナムジャ。
ネットへの顔出しはNGらしいです。

P1180711_20151126223042e49.jpg

乾杯!成田空港から済州への直行便復活おめでとうございます!

P1180695.jpg

2つに分かれたテーブルですが、パンチャンをつまみに、それぞれに盛り上がります。
宴会の滑り出しは上々~。アゲアゲの雰囲気になってきました~。

P1180683.jpg

ところで、乾杯の音頭が始まる少し前、卓上に置かれたステンレスの橋桁。
これは何だと、誰もが興味津津です。

P1180685.jpg

卓上ガスコンロが、2台並べてセット。こりゃ~いかん。いかんでしょう~。
たぶん、内心思ったはず。まあしかし、外国だから・・・多少の危険は付き物。

P1180690.jpg

良い子の皆さんは、けしてマネしないでね~。こうして命懸けの宴会が始まり・・・

P1180718.jpg

「どいたどいた~」

えっちらほっちらカルチジョリム(太刀魚の辛煮)が、2人がかりで運ばれて来ました~。

P1180719.jpg

「何これ~」「きゃ~大きい~」「すご~い」と歓声に嬌声の黄色い声が響きます。
奥のテーブルに1つ、そして遅れて、手前のテーブルにも、もう1つ運ばれて来ました。

P1180725.jpg

「おらおらおら~」

済州のヨジャは、どなたもが力強いです。圧倒されたのか、よろけるイルボンヨジャ。
写真右下の足先は、誰だったのかな~?よろけ方、一流芸人みたいです。

P1180724.jpg

壁に張り付く姿も、これまた可笑しくて^^

すみません・・・
写真を選ぶ時、足先と仰け反る姿を交互に見ては、楽しい気持ちが蘇りました。
あんまり可愛くてオモロイので、了解も取らず、ブログアップです。

P1180728.jpg

並んだ料理が圧巻!カメラを手にしたブロガーが一斉にシャッターを切る姿も圧巻です!

P1180729_201511262243330ed.jpg

何か、すごいです。こちらが頭。

P1180731.jpg

そして腹。

P1180732_2015112622435036c.jpg

尻尾の方と、この見た目のインパクト!長く白く見えるのは、トック、韓国の餅でした。

宴会の店に最適かも!

P1180723.jpg

まだまだインパクトは続き、カルチグイ(太刀魚の塩焼き)も、ドカンと並べられ・・・

P1180737.jpg

こりゃまた素朴ながらも、豪華な宴の、様相となってきました。

P1180738_201511262252194a9.jpg

チョキンチョキン!

チェジュマダンの、豪快な演出に感激していると、容赦なく、頭からハサミで断裁式。

P1180740.jpg

切腹?腹もバッサリ、チョキンチョキン。

P1180742.jpg

韓国の冷麺屋さんと一緒。有無を言わさず、端からハサミで切ってくれました。

チョキン!

P1180744.jpg

力持ちの済州のヨジャ、仕事も早いです。

P1180746.jpg

これまたお見事!韓国では、上手にスッカラ(匙)とチョッカラ(箸)を使い、
食べやすいように、太刀魚の脇の骨を外します。
その骨外しの手早いことと、見事なスッカラさばきチョッカラさばきに、目が離せません!

P1180748.jpg

食事前のプレゼンも見事でしたが、味も極上。ふっくら身の厚い太刀魚、
塩加減も焼き加減も、これは滅多に食べられない美味しさです。
昼食でガッチリ、焼き鯖を食べましたが、夜は夜で、夢中になって太刀魚を食べました。

P1180751_20151126225256357.jpg

少々お見苦しいのですが、締めはラーメンを投入です。

P1180753.jpg

しばらく、他の店で、カルチジョリムは食べられないでしょう~。
太刀魚はもちろん、魚の出汁がしっかり効いて、じゃがいもなどの野菜や餅も、
この上なく美味しかったです。辛さのレベルは、私的には、料理の邪魔にならない辛さ。

P1180754.jpg

チェジュマダンのお料理、見た目のインパクト以上に、美味しい太刀魚料理でした。

チェジュマダン1


私は、唐津の中町の魚屋さんで母親が買って来る魚を食べて、大きくなりました。
魚好きな母親でしたから、肉料理は、すき焼きか肉じゃがくらいしか作りません。

台所が汚れるという理由から、揚げ物もしなくなり、家では、トンカツ、唐揚げもしません。
そんな母親でしたから、毎日毎日、玄界灘のアジ、サバ、ブリ、サンマにイカに、
そして太刀魚も、よく食卓に上がりました。しかし、東京に出て気づいたことは、
太刀魚がまずスーパーにありません。あっても小さいサイズばかりで骨ばかりです。

東京で暮らしていたら、身の厚い太刀魚なんて、滅多にお目にかかれない高級魚。
済州で食べても、太刀魚は、今や高級な魚です。かなり価格はお高い。

大きい太刀魚は、特別、ハレの日のご馳走。こうしてご縁があって、皆さん一緒に、
太刀魚料理が囲めたこと、感謝でいっぱいです。済州の神様にも感謝感謝。

P1180679.jpg

セットメニュー(4~5人分)
①太刀魚の丸ごと一匹焼き+ウニ&ワカメ汁+アワビトゥッペギ+サバの辛い煮物 
 109,000ウォン
②サバ刺し+アワビ刺し+太刀魚の辛い煮物+サバ焼き+ウニ汁 
 190,000ウォン
③太刀魚の丸ごと一匹焼き+太刀魚の辛い煮物+ウニ汁
 110,000ウォン

セットメニュー(2~3人分)
①(ジャンボ)太刀魚の丸ごと一匹焼き+アワビトゥッペギ 85,000ウォン
②太刀魚の丸ごと一匹焼き+ウニ汁+アワビトゥッペギ 68,000ウォン
③太刀魚の辛い煮物+甘鯛焼き+ウニ汁 74,000ウォン
④アワビトゥッペギ+サバ焼き+サバの辛い煮物+ウニ汁 66,000ウォン

P1180680.jpg

○左側
문어숙회(ゆでダコ) 30,000ウォン
해물전골(海鮮鍋) 65,000ウォン(大) 55,000ウォン(中)
전복갈치조림(アワビと太刀魚の辛い煮物)80,000ウォン
갈치조림(太刀魚の辛い煮物) 65,000ウォン(大) 55,000ウォン(中)
고등어조림(サバの辛い煮物) 45,000ウォン(大) 35,000ウォン(中)
※ご飯は別途、ご注文下さい

○右側
전복갈치구이(アワビと太刀魚の焼き) 80,000ウォン
통갈치구이(太刀魚の丸ごと一匹焼き) 
75,000ウォン(大) 60,000ウォン(中)
옥돔구이(甘鯛焼き) 40,000ウォン
특전복뚝배기([上]アワビトゥッペギ) 20,000ウォン 
전복뚝배기(アワビトゥッペギ) 13,000ウォン
성게국(ウニ汁) 10,000ウォン 


P1180756.jpg

店には、あのヨン様も食事にきたとか。スペシャルなロングロング太刀魚を見て、
ヨン様も、よろけたのかしら・・・。あのスマイルで美味しく食べたのかもね。

P1180676_20151126225720920.jpg

初日の夜の晩餐には、飛行機の関係で、私は時間に間に合わず、
ちょっぴり残念な気持ちでしたが、2日目、最終日の夜は、

大・大・大満喫できました!



제주마당[チェジュマダン(済州広場)] ←クリックでHPへ

チェジュマダン2

チェジュマダン3


所在地:제주특별자치도(濟州特別自治道) 제주시(濟州市) 노형동(老衡洞)914-2
営業時間:08:00~22:00
電話:064-749-5501or5502
交通:済州国際空港から70番バスで16分。
‘원노형(原老衡[ウォンノヒョン])’バス停下車、徒歩2分。

Baidu IME_2015-11-27_12-28-10
※DAUMストリートビュー(2014年3月撮影)



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。たまにはクリックよろしくです^^




Baidu IME_2013-12-10_5-53-14
supported by 済州観光公社



関連記事

Comment

いや~ん❤
目の付け所が面白すぎます!!!
日本では遠慮のないオバちゃんのつもりですが
済州のアジュモニ達にはまだまだ敵わない(笑)かな?
2015.11.27Fri 21:55 ≫ 編集
写真から迫力を感じます。大勢で行くからこその食事ですね。
2〜3人じゃこうはいきません。
そして太刀魚!私も済州島で食べて感動しました。もちろん一本丸ごとではないですが^_^;
自分も四国、豊後水道の隣なので太刀魚は小さい頃よく食べて大好きな魚ですが東京に来て食べたいと探すとがっかりな大きさとくたびれ具合。なもんで数十年も食べてません。済州島で久々の太刀魚に感動しすぎて喉に骨が刺さったまんま帰国。帰国後鏡みながら毛抜きで無事抜きましたが、そんなことは気にならないほど素敵な太刀魚でした。あーまた食べに行きたい今すぐにでも。
2015.11.28Sat 10:48 ≫ 編集
Re: ル~♪ さんへ
ル~♪ さんへ
どこまでブログで伝えきれるか?と思いましたが、
私が韓国料理が好きなのは、味もですが、働くおばちゃんの、
勇ましさと手早さ、そしてお客さんより、仕事する自分が偉いところ。
メンバー皆、韓国に慣れすぎているので、今更でしょうが^^
価格的には、高級な店ですが、手荒いサービスに、萌えの私です。
2015.11.28Sat 11:59 ≫ 編集
Re: いとっぺ さんへ
いとっぺさんへ
韓国旅行、初心者の頃、苦労してみつけ、南大門市場の有名店で、
カルチジョリムを食べましたが、淡白な魚を台無しにして・・・
なんて思い、感動がなかったです。
しかし、済州で太刀魚料理を食べると、子供の頃、
骨と葛藤しつつ食べていた、あの太刀魚の味を思い出します。

何ででしょうね?同じ海から上がった魚なのに、
済州で食べると、美味しく感じます^^

骨、用心してくださいね!!
2015.11.28Sat 12:03 ≫ 編集
いつも楽しみに読んでいます、私は70歳になります。 
唐津生まれだったんですね、これからも大変だとは思いますががんばってください。
唐津の洋々閣という旅館の女将さんも旅館のホームページに毎月苦労しながらも「女将のあいさつ」というブログを掲載しています。彼女も韓国ファンで韓国語ぺらぺらです。どこにも隠れファンがいるものです。
2015.12.07Mon 17:36 ≫ 編集
Re: ペペタマヤさんへ
ペペタマヤさんへ
はい、高校時代まで、虹の松原の近くに暮らしておりました^^
洋々閣や水野旅館で、食事をしたこともあります。
子供時代から高校時代と、保守的な町が息苦しく感じて、
この地から出ることしか考えていませんでした。しかし、
この年になると、自分には九州人の血が流れていることよく自覚します。
そして唐津で、古くからの朝鮮半島への出入り口の町で生まれ育ったこと、
韓国旅行に行くと、ときどき思い出します。

2015.12.08Tue 09:26 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL