ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP2015年11月 済州観光サポーターズFAMツアー ≫ コッチャワルの森をボールドウィン機関車が走る!済州のエコランドテーマパーク その1

コッチャワルの森をボールドウィン機関車が走る!済州のエコランドテーマパーク その1

まったく期待していなかったけど、訪ねてみると、どうしてこれまで、
ここを訪れていなかったのだろう~という経験は、久しぶりです。
感じ方は個人差がありますが、
私には、想像以上の感動と癒しのテーマパークになりました。



今回、済州の旅で、コッチャワル(곶자왈)という言葉を初めて聞きました。

【森】を意味する【곶 :コッ】と
【木や蔓(つる)や岩などが雑然と絡み合う原生林のような場所】を
意味する【자왈 (チャワル)】を合成した、済州方言だそうです。

エコランドが位置しているコッチャワル地帯の溶岩類は、
約11~12万年から4~5万年前の、火山噴火によって形成され、
そこには、約500種類の植物が生息し、世界で唯一、
熱帯北方限界植物と寒帯南方限界植物が共存しています。

島の神秘が眠る森に、秋、紅葉した落ち葉が映え、その息を呑む美しさに、
まさか済州で、こんな素晴らしい紅葉狩りができるとはと、ただただ、驚きでした。



ポッポー!!

バスを降りると、あれあれ、クラシックな汽車が軽快に走って来ました。

P1180871.jpg

コッチャワル(곶자왈)と済州では呼ばれる、ハルラ山の原生林の森の中に出来た、
その広さ30万坪という広大な敷地をもつ、エコランドテーマパーク。そこを周遊する、
ボールドウィン機関車が、雨の中、颯爽と走って来て私たちを歓迎です。

大自然の風景によく似合う、こちらの汽車は、アメリカを代表する蒸気機関車メーカー、
ボールドウィンの鉄道車両をモデルにして作られた、5両編成のガスエンジン式機関車。
エコランドに7台走り、7台それぞれに色が違い、名前がついています。

赤のこれはレッドサンドだそうです。

P1180873_20151129093441515.jpg

「雨降りで残念だけど、秋雨に濡れるコッチャワルも、なかなかなもんよ~」
バスを降りると、しとしと雨。しかし汽車に乗ると、この雨も不思議と止みました。

Baidu IME_2015-11-29_13-18-46

先ずは、エコランド各駅の案内です。園内はどうなっているのでしょう~。

メイン駅
始発駅、および終点駅で、待合室、スナックバー、レストラン、
ギフトショップなどがあります。

①エコブリッジ駅
水上デッキが設置され、湖の島を観賞し、
湖の上の水上カフェと、芝と湖を疾走する「ホボクレプト」を楽しめます。

②レイクサイド駅
古くから済州で馬を育てていた広い草原。
風車や済州を表現する三多ガーデンがあります。

③ピクニックガーデン駅
広い芝生でピクニック、丘にはキッズタウンがあり、
済州島の保存資源1号に分類された火山土で全区間が舗装されたエコロードを
歩いて森の観賞が出来ます。

④ラベンダー、グリーンティー&ローズガーデン駅
夏・秋に停車しますが、春・冬は停車しません。
寄生火山と、様々な野生花が咲いているのを観賞できます。
またバラの花をメインにしたヨーロッパ式庭園も見学することが出来ます。

P1180878_20151129094425c5b.jpg

雨降りで、正面からの駅舎全景を写真に収めるのは難しく、慌てて駅舎に入り、
そこから雨に濡れる緑がキレイで、駅舎の裏手を眺めていました。

さて私たちは、これから汽車の旅に出ます。

ハルラ山に出来た、30万坪のエコランド敷地内を全長4.5kmで周遊する、
ボールドウィン機関車が停車する駅は5つ。

各駅ごとに、それぞれのテーマがあり、1つ1つを下車して見て回ると、
所要時間3~4時間は(いやもっと?)かかりますが、私たちはガイドのアミさんの案内で、
ショートコースとなりました。ここは天気が良ければ、是非にもロングで歩きたいところ。

また駅では下車せず、エコランド内をボールドウィン機関車で周遊すると、
約50分かかるそうですが、ただしかし眺めるだけでは、とてもとてももったいない。

ぜひとも時間はたっぷり取り、汽車に乗り、そして歩いて済州の原生林を楽しみましょう。

P1180885.jpg

しかし、それにしても、始発であり終点の駅は、朝は大混雑。
おそらく私たちと同様に、ホテルを朝出た団体ツアーが、大勢で押しかけています。

アミさんの話によれば、ここは大人気の観光スポットになり、週末ともなれば、
汽車に乗る行列は仕方がないとのこと。この日は月曜日の、しかも雨模様でしたが、
朝の始発駅は混雑です。しかしここまで混雑したのは、スタートだけで、
あとの駅はそれほどでもありませんでした。

P1180886.jpg

さあいよいよ汽車の乗り込もう~と駅舎から外へ出ると、雨が上がっていました。
ここでも済州マジックです。終点まで傘いらずでしたが、見学が終わってバスに乗ると、
雨が降り出すという不思議な体験も、ここではできました。

P1180887.jpg

最初、入口で見たのは赤の汽車。私たちが乗車するのは濃紺でブルーレーキ。

P1180894.jpg

エコランドの汽車は全席自由。遅れて乗車した私たちは、
空席がある所をみつけては、各自座りました。ポツンと離れて座った席から、
ガイドのアミさんと、お隣りは・・・あの陽気な、つま先芸人の・・・さんが見えます。

P1180914.jpg

それにしても、私の席からでは人の頭しか見えません。ここは図々しく・・・

P1180904.jpg

何とか身を乗り出し、車窓の景色の写真を撮りました。

P1180903.jpg

11月の始めの済州で、まさか汽車の車窓から、キレイな紅葉が見られるとは!

P1180913.jpg

車窓の景色を、人の頭の間から、ず~っと眺めていました。もうこれだけで満足です。

P1180916.jpg

しかしこれで満足してはいけません。汽車が停止し、ここからは歩きます。

P1180922.jpg

身を縮めて座っていたので、汽車を降り、駅ホームに立つと開放感でいっぱい。
そして駅ホームの秋の景色に、すでにここで、もう感激。
これからが景色の本番ですが、どこもかしこも済州の大自然でいっぱいです。

P1180923.jpg

韓国にしては、と、失礼な私ですが、スタッフユニフォームも、
なかなかのお洒落さん。笑顔で手を振って見送ってくれます。
なんか・・・韓国じゃないみたい。まさかの笑顔に驚きました。

「いってらっしゃ~い」「ハイ行ってきま~す」

P1180920.jpg

私たちが最初に降りたのは、地図でいう①のエコブリッジ駅です。
ここでエコランド攻略のポイント1です。

①のエコブリッジ駅から②のレイクサイド駅までは歩くべし!

エコブリッジ駅からは、約2万坪ある湖に、全長300メートルの、
水上デッキが設置されています。そこを歩かず、裏手を汽車で通過するのは、
何とも惜しいところ。この区間は散策しながら歩くことがオススメです。

P1180931.jpg

駅から歩き出して直ぐの湖を見て思い出したのは、北海道の大沼湖です。
大沼湖でボードに乗り、虹のアーチが見えたこと、忘れられません。

P1180935.jpg

生憎の空でしたが、これが青空だったらと想像します。
ここも虹の橋がかかることもあるのかな~。

P1180930.jpg

浮かぶ島々が幻想的。

P1180940.jpg

ここは鳥の楽園。東京のスズメとは暮らし向きが違います。

P1180928_201511290954323f5.jpg

カフェもあるようですが、先を急ぎます。

P1180938.jpg

景色にうっとりして、湖に転落しないように注意。

P1180944.jpg

道は1本なので迷うことはありません。人に続いて歩けば大丈夫です。

P1180943.jpg

ここエコランドは、すべてあるままの地形を活かして造成されています。

P1180951_201511291004584fb.jpg

ここからは地図②のレイクサイド駅サイドとなります。
湖と船、そして白い風車の景色と異国情緒たっぷりのエリア。

P1180952.jpg

お天気が良ければ、ボート遊びも楽しそうです。

P1180963.jpg

ボートを見ると、モーターがついており、
手漕ぎのボードではないようです。

P1180953.jpg

テントはカフェとなっていましたが、この日は営業していない様子。

P1180955.jpg

帆船の帆は下がっています。

P1180954.jpg

水上カフェから望む、湖と帆船です。う~んやっぱり天気が残念かも。

P1180966.jpg

済州では古くから蒙古馬の飼育から始まり、馬の生産をしていましたが、
こちらの草地、ここがその馬の放牧場だった場所だそうです。

P1180967.jpg

目にも鮮やかな緑の草地に出来た道を、
地図②のレイクサイド駅に向かって歩きます。

P1180971_2015112910115622c.jpg

だんだんと風車も近くに見えてきました。
春には、風車をバックに、色とりどりのチューリップが咲くそうです。
規模は小さいですが、長崎のハウステンボスに似ています。

P1180975_20151129101158051.jpg

振り返ると、先ほど見えた帆船に並ぶ像が、水を吹いていました。

P1180981.jpg

ハイ!風車の正面まで歩いてきました~。

P1180979.jpg

風車のそばには、お決まりのドン・キホーテの像がありました。

P1180983.jpg

広大なエコランドテーマパーク、今回はここまでにします。
ダイジェスト版で、紹介しようかとも思いましたが、
私自身の記録のためにもなりますので、たくさん撮った写真と共に、
数回に分けて広大なエコランドテーマパークを紹介します。

P1180984_20151129101219c26.jpg

退屈な人には、限りなく退屈な韓国旅行情報ですが、
引き続きよろしくお願いします。


エコランドテーマパークホームページ(日本語)
http://theme.ecolandjeju.co.kr/main/




にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。こちらもよろしくです^^




Baidu IME_2013-12-10_5-53-14
supported by 済州観光公社




関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL