ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2015年11月 済州観光サポーターズFAMツアー ≫ また会いに来ます!済州の在来市場~東門市場のおばちゃんにサヨナラ♪

また会いに来ます!済州の在来市場~東門市場のおばちゃんにサヨナラ♪

2015年済州観光サポーターズFAMツアー、全日程が終了しました。

しかし済州空港へ向かうには、羽田空港へ出発するメンバーには、時間が早すぎます。
そこで飛行機が早い名古屋方面に向かうメンバーとは、バスの中で慌ただしく別れ、
東京組の有志のみの参加により、島の北サイドを代表する在来市場の東門市場へ
お世話になった済州観光公社のともたけさんと、一緒に、散策に出かけました~。



やっぱり島の台所に最後は、お別れの挨拶がしたいです。

済州への観光客は、日本人観光客は減少してますが、年々増加の傾向。
しかし、島に落ちるおカネは、ソウルに持っていかれると、島民は嘆いています。

高級リゾートホテルに宿泊し、カジノを楽しみ、免税店でショッピングをしても、
落ちるおカネは、誰の懐に入るのでしょう~。またそういうお金持ちの旅行者は、
なかなか在来市場などへの、街歩きはしてくれないそうです。

P1190266.jpg

もったいない。もったいない。韓国旅行に来て、在来市場へ足を運ばないなんて。
東門市場には、もう数回来ていますが、またまたブラブラ歩きです。

済州国際空港から車で約10分の距離、済州市にある東門市場は、
約70年の歴史があるそうです。店舗数はおよそ320軒、
地べたに座り込んで商売しているハルモニも合わせたら相当な数かも。

東門市場には、1日に約1万人が買物や食事に訪れ、
済州で食堂を営む約8割の店が、ここ東門市場で食材の仕入れをしている
とも言われています。まさに済州市の台所ですね。

最近では済州オルレ(トレッキング)の17コースの終点ともなって、
済州市民だけではなく観光客も足を運ぶ、済州を代表する伝統市場。

このように以前、ブログで紹介しておりました。

これは嬉しい~市場商品券5000ウォン♪
済州の東門市場でお土産探しのそぞろ歩き!


P1190268.jpg

2日目の昼食に食べたアワビの鍋にも入っていた、タクセウ(딱새우)。
済州の海鮮鍋が美味しいのは、この固い殻のエビの出汁が効いているからです。

「タクセウ」とは「タクチョンセウ」のことで、和名は「テッポウエビ」。

韓国名:タクチョンセウ(딱총새우)
和名:テッポウエビ
英語名:Teppo snapping shrimp
学名:Alpheus brevicristatus De Haan

これについてもブログで紹介しております。

ラマダプラザ済州ホテルの朝食♪
味の秘密はタクチョンセウ(딱총새우)タクセウにあり!
ホテルの美味しい~海鮮トゥッペキ♪


P1190272.jpg

在来市場で働く人は、やはり女性が目立ちます。済州は三多の島。
そして年々、市場の労働者は、高齢化しているそうです。

P1190271.jpg

P1190273.jpg

P1190274.jpg

P1190276.jpg

P1190277.jpg

P1190278.jpg

美味しかった済州の太刀魚。威勢良く売っているのは、島のハルモニ。

P1190280.jpg

済州の野菜は、本土(半島)でも、洗浄された野菜という言い方で人気です。

P1190281_20151202095719d8a.jpg

P1190279.jpg

P1190283_2015120209572232e.jpg

この日の朝、ホテルで食べた朝食、水キムチがピンクでしたが、
写真のこれ、済州に生える百年草から採れる染料で染めたからです。

百年草から採れる鮮やかな紫の粉は、百の効果効能があるとして珍重され、
マッコリ作りやチョコレートに配合したり、サラダのドレッシングに使われたりします。

P1190288_20151202095735766.jpg

慌ただしく市場を見て回り、私のお目当てにきました。

P1190290_20151202095738cfb.jpg

市場のホットク通りとも言える、B級グルメ屋台が並ぶ通りです。

P1190289_201512020957372d7.jpg

ここの屋台のピントクは、ツアーメンバーが、1つお買い上げで、
味の感想を聞くと、美味しかったとのこと。

ピントクとは、そば粉を溶いて練って焼いた生地に、
大根やネギなどのナムルを巻いたもの。特別美味しい料理とは私は思いませんが、
済州では昔から、結婚式や祭事など祝いの席で食べたそうです。

しかし、オルネリョ!さんも、済州民族五日市場で食べて、
美味しかったと言っていました。味の好みは、人それぞれです。

P1190295.jpg

あっ!また同じ女性です。この屋台のこの方が焼く、ホットクは旨い!
こちらは、済州観光公社の東京代表の太鼓判の屋台。
紹介されて、私も熱々のホットクを食べてみて、実に美味しかった記憶です。

P1190296_20151202100343745.jpg

この手のおやつは、作り手によって味が変わりますから・・・
また同じ焼き手で感激!

P1190300.jpg

3人居たので、3種類注文しました。丸いのが野菜で、折れたのが黒蜜のホットク。

P1190299.jpg

そして私がチャレンジしたのは、ヨモギ。韓国のヨモギは美味しいです。

P1190301.jpg

そしてこれ野菜。チャレンジャーだなと思いながら、引いていましたが、
ちょこっと味見をさせていただくと、具はチャプチェ?でしょう~か~
野菜も美味しい~と気づきました。ここ、この屋台、何注文しても旨いです。

P1190302.jpg

市場歩きのメンバー、いつの間にかバラバラになって歩いていましたが、
またもやどこからともなく集まり、最後は一緒になってお土産を買いました。

P1190304.jpg

市場のアジュンマと、やりとりしながらの買物は楽しいです。

P1190309-1.jpg

職場や近所に渡すお土産を、ここで大量買い。ずいぶんと安く買物できました。

P1190307_2015120210040778c.jpg

市場のおばちゃんの笑顔。

P1190311_201512021004103ef.jpg

また会いに来ますね~。

P1190282_201512020957211e0.jpg

ミカンの島と、いよいよお別れです。



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックよろしくです^^




Baidu IME_2013-12-10_5-53-14
supported by 済州観光公社




関連記事

Comment

最近のホットkは、紙コップに入れてくれますね。手が汚れなくて便利です。昔の釜山では、厚紙を二つに折ったもので、挟んで客に渡していました。黒蜜が垂れて、手や服に付いたりしていました。
2015.12.03Thu 20:43 ≫ 編集
Re: shunshunさんへ
shunshunさんへ
私も経験あります。マフラーの上に、タラリが(^_^;)
屋台では、ホットサンドウィッチも、紙コップに入れてくれますね。
あれもなかなか便利です^^
2015.12.08Tue 09:08 ≫ 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015.12.11Fri 12:23 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL