ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP2015年12月 日韓航空旅客拡大FAMツアー ≫ ♪あ~ しるら~え ぱ~み~よ~(ああ~新羅の夜~)♪

♪あ~ しるら~え ぱ~み~よ~(ああ~新羅の夜~)♪

12月のFAMツアーのお話をいただいた時、コースに慶州と書いてあり、
あの!!「新羅の月夜」のロケ地に行けるのね~!!と心が躍り・・・
私にも、いろいろとありますが、これは是非とも行きたいと即決。

P1200507.jpg


新羅 千年の都だった 慶州

韓半島南東部にある慶州は、歴史上初めて半島を統一し、
新羅王都だった地。新羅は百済、高句麗を相次いで滅ぼし、
676年に半島を統一したとは、大昔、中学校の歴史で勉強しました。

935年に国が滅びるまで、長きに渡り1つの時代を築きあげました。
また唐の影響を強く受け、いち早く唐の官僚制度を取り入れ、
国の采配に活かすなど、朝鮮王朝が滅亡するまで、
その制度が保たれることになります。

古代においては、日本との関係が深く、半島統一の礎を築いた、
武烈王は、日本書紀にも記されています。

そして、慶州といったら、韓国の修学旅行のメッカ。修学旅行と言ったら・・・

「新羅の月夜」

主演:이성재(李誠宰[イ・ソンジェ])、차승원(車勝元[チャ・スンウォン])、
김혜수(金憓秀[キム・ヘス])

movie_image63273548234232.jpg

慶州での修学旅行をきっかけに因縁関係となった
高校NO1ワル(車勝元扮)とNO1模範生(李誠宰扮)が、
高校卒業10年後にまたまた慶州で再会。
NO1ワルは体育の先生、NO1模範生はエリートヤクザというまるでテレコの立場に。
この2人が食堂の看板娘(金憓秀扮)を巡って巻き起こす騒動をメインに描いた内容。
単純な設定だけど、超笑える映画でした。byオルネリョ!



2001年映画「新羅の月夜(신라의 달밤:Kick the moon)」予告編

♪아~신라의 밤이여 

あ~ しるら~え ぱ~み~よ~
  
(ああ~新羅の夜よ~)



釜山の汎一洞では「友へ チング」の4人を思い出し、
慶州では「新羅の月夜」のオープニングテーマ曲が、
私の頭の中で、グルグルと鳴り響いていました。
たまたま偶然ですが、どちらも2001年公開の韓国映画。

あの頃の韓国映画は、面白かったです。
オルネリョ!さんが夢中で見ているので、ついつい脇から見て、
あまりにも、そのバカバカしい話に、郷愁さえ覚え、ついには、
忘れられない韓国映画になってしまった「新羅の月夜」。

オススメしません!!どうしても暇だったら観てください!!
そして慶州に行ったら、歌ってみてください。

♪아~신라의 밤이여 

あ~ しるら~え ぱ~み~よ~
  
(ああ~新羅の夜~)



ベースに私のこんな気持ちがあったこと先にお伝えして、
慶州の旅、ご報告させていただきます!!


「新羅の月夜」には、オリジナル、元歌を歌っている演歌歌手がいますが、
映画の中で歌っている、パク・サンミンの歌声が何とも味があります。

彼の代表的なヒット曲「ヘバラギ」も、
どこかで聴いたことないでしょうか~。



韓国では超レアなヒゲがトレードマークの
歌手박상민(朴相敏[パク・サンミン])によるテーマ曲“카리스마(カリスマ)”



朴相敏の代表曲といったら2004年発表の“해바라기(ヘパラギ[ひまわり])”


♪아~신라의 밤이여 

あ~ しるら~え ぱ~み~よ~
  
(ああ~新羅の月よ~)



慶州の旅、始めます。



〈 取材協力:日本空港ビルデング(株) ♡ 韓国空港公社






にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックよろしくです^^

関連記事

Comment

 박상민さんの「カリスマ」という曲は、いいですね~。昔の歌「新羅の月夜」も、いい歌ですが。
 박상민という歌手の顔は、たぶんKBSのコンサート7080という番組で、見たような記憶はあるのですが、彼の歌う曲の記憶はありませんでした。
2015.12.30Wed 22:06 ≫ 編集
Re: shunshunさんへ
shunshunさんも詳しそうですね。

>  박상민さんの「カリスマ」という曲は、いいですね~。

オルネリョ!さんも、同じ意見です。

コメントありがとうございました。
良い年越しをされてください^^
2015.12.31Thu 16:38 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL