ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP2015年12月 日韓航空旅客拡大FAMツアー ≫ 釜山 チングの街 汎一洞「チャムスッコル」で骨付きヤンニョムカルビをたらふく食べます!

釜山 チングの街 汎一洞「チャムスッコル」で骨付きヤンニョムカルビをたらふく食べます!

金浦空港がソウルの空の玄関ならば、金海空港は釜山の空の玄関。

韓国の玄関から玄関へ飛び、バスに乗ってやってきたのは、
釜山の汎一洞(ポミルドン)エリア 。

そう~ここ汎一洞は、男臭い韓国映画「友へ チング」のロケ地としても有名。
映画最大の見せ場だった、葬儀屋の息子のドンス(チャン・ドンゴン)が、
殺されるシーンを撮影した国際ホテル前も、食事した店のご近所です。

「あとから見に行きましょう~」と、金浦空港のムンさんと話をしていましたが、
食事が終わったら、先を急げと、ロケ地見学はできませんでした。残念ですが。



案内された店、チャムスッコル (참숯골)に足を踏み入れた瞬間、
あの4人の顔が浮かび上がってきます。

釜山、地元のヤクザの元締めを父に持つジュンソクと、
無口ながらケンカが強く情が熱い葬儀屋の息子のドンス、そして
優等生で純情なサンテクと、お調子者のジュンホの仲良し4人組。

映画は釜山でオールロケをして撮影され、台詞はすべて釜山訛りです。
私も映画「友へ チング」には、理屈抜きに、はまりました。

P1200157_20151219150440947.jpg

そんな韓国映画を思い出しながら、この日の夕食です。

P1200158_20151219150442a1d.jpg

釜山には釜山の匂いがあって、同じ韓国でも、ソウルとは、また雰囲気が違います。
窓の外の景色を見ると、今にも、学ラン姿の、おっさん4人が歩いてくるようです。

P1200162.jpg

映画撮影時、役者さんの実年齢は、いくつだったのでしょうか。
どこからどう見ても、韓国のおっさんの学生服姿に、私は度肝を抜かれました。
ユ・オソンも、チャン・ドンゴンも、学生帽が、これまた似合わねーっと、
私は爆笑しながらも、映画のストーリーに、のめり込んでいきました。

あれは摩訶不思議な魅力を持つ、2001年公開の韓国映画でした。

P1200123_20151219150417b20.jpg

さて釜山、汎一洞での焼肉の夕食は、チャムスッコル(참숯골)。

基本のパンチャンは・・・
파절이(パジョリ[ネギの和え物]) 상추(サンチュ[チシャの葉])
양파(ヤンパ[玉ねぎ])마늘(マヌル[にんにく])
명이나물(ミョンイナムル[行者にんにくの葉の醤油漬け])。

大きく写真を撮りませんでしたが、写真の右上、ミョンイナムルがあって感激。
お肉を巻いて食べると、すごく美味しいです。

釜山広域市HPよりますと、韓国を代表する飲食店TOP100の7位に、
過去選ばれています。店は、韓牛ではなく輸入牛肉を使用しているので、
牛の焼肉ですが比較的廉価にて、お腹いっぱい食べられる店として人気です。

釜山エリアでもチェーン店展開をされていますが、凡一(ポミル)本店が、
1番美味しいと、地元での評判だそうです。凡一(ポミル)本店には、
本館と別館があり、私たちは本館並びの別館へ通されました。

P1200128.jpg

「すんげ~」

ヤンニョンカルビ(1人前150グラム)21,000ウォンが、
ど~んとてんこ盛りで、3つのテーブルに運ばれてきました。

ガイドさんによれば、食事をしたのは10人ですが、注文は15人分。
つまり1皿5人分750グラムはあります。

P1200126_201512191504195fa.jpg

私たちは、ヤンニョムカルビをたらふく食べましたが、
店の看板メニューは、왕갈비탕(王カルビタン)と본갈비(本カルビ)。

これはまた釜山を訪ねたときに、旅友のオルネリョ!さんと、
是非とも食事に寄りたい店だと思いました。

P1200134.jpg

瓶ビールのラベルがクリスマス仕様になっていました。

P1200137.jpg

ハイ!乾杯!

P1200140.jpg

瓶ビールのあとは、釜山地元のマッコリを飲みました。
釜山に来たら、やっぱりセンタク(生濁:생탁 )です。

P1200145_20151219151253f2c.jpg

焼肉の締めは、やはり水冷麺とビビン冷麺。
それぞれ好きな方を取り分けて、いただきました。
水冷麺は焼肉と一緒に食べても、口がさっぱりして美味しいです。

P1200147_20151219151254976.jpg

なんせ、何もかもジャンボ仕様ですから。

P1200149_201512191512552b2.jpg

1人、4分の1で、ちょうど良い量です。さてこれで取り分けて・・・
と、思いましたら、ちょっと待て~と、卵の黄身を崩してくれました。

P1200152_2015121915125738e.jpg

水冷麺の卵の黄身は、崩してスープの溶かし込んだが美味しいと・・・
しかし、私、水冷麺の卵は、卵で食べたい人なんですが・・・有無を言わせぬ、
絶対に卵の黄身は崩したが美味しいという食べ方の、ご指導に従います。

P1200144.jpg

こちらはビビン冷麺。こちらも美味しかったです。

P1200153.jpg

私が座ったテーブルは、男性が2人もいましたが、とてもとても、
あの量です。全部を食べることはできませんでした。

P1200155.jpg

しかし、男性が1人のテーブルでしたが、隣りの隣りは完食!!すごい!!
これはやはり若さかも!!若い人の食欲には、もはやかないません。

チャムスッコル1

ランチも安くて美味しそう~。

チャムスッコル2

今度は、今度こそは、釜山に来たら、ゆっくりチングストリートを歩き、
あの4人、ジュンソクとドンスとサンテクとジュンホの足取りを、
ここ釜山の汎一洞(ポミルトン)で探してみたくなりました。





☆참숯골(チャムスッコル)
※참숯(チャムスッ[クヌギ等で作った炭])&골(コル[谷間、渓谷])

チャムスッコル1

所在地:부산광역시(釜山廣域市) 동구(東區) 범일동(凡一洞)830-264
営業時間:11:00~23:00(旧正月&秋夕以外は年中無休)
交通:釜山地下鉄1号線‘凡一驛’2番出口から329m、徒歩6分

Baidu IME_2015-12-12_21-11-43
※DAUMストリートビュー(2014年5月撮影)




〈 取材協力:日本空港ビルデング(株) ♡ 韓国空港公社






にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックよろしくです^^





関連記事

Comment

美味しそう~~
このお店、お肉は美味しそうだし、雰囲気はほんとにチングを思い出させますね~
ワッタカッタさんのロケ地レポート見たかった…ああ残念。
私も、映画もドラマもはまりました。以来釜山訛りにきゅんとしてしまいます~
チャン・ドンゴンさん、紳士の品格でもネタで(?)学生服着たし、いつまでやってくれるのか楽しみです。
2015.12.21Mon 23:19 ≫ 編集
Re: にきふぉさんへ
にきふぉさんへ
リコメ遅くなってすみませんm(_ _)m
チングのドラマ版は、ソウルに暮らしている頃、
ちょうどテレビでオンエアしてまして、リアルタイムで見てました。
字幕なしで見たので、また字幕付きで見たいと思いながら・・・
あれ?もう5年くらい経ちましたか・・・早く見ないと!!
またゆっくり釜山に行きたくなります。
この店のカルビ、味付けは、日本人にも好まれる味かと。
やっぱり釜山は日本に近いと思いました。
2015.12.26Sat 10:45 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL