FC2ブログ

ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOP東京・新大久保(韓国完全帰国から2013/12まで) ≫ 新大久保モイセ 骨の肉は「ハモニカ」にする!

新大久保モイセ 骨の肉は「ハモニカ」にする!

3連休の日曜日、新大久保のモイセでテジカルビを食べました。
友人Tが新宿で買物をしていたので、一緒に食事をすることに。
韓国から帰国して間もなく、新大久保でチキンを食べましたが、
韓国料理らしい韓国料理を食べるのは、7月に帰国してからは初めてです。

東京2日目はコリアンタウン新大久保へ またチキン!
↑↑↑新大久保「辛ちゃん」のチキンの記事はココ



やはり日本の韓国料理は、新大久保のモイセから始めましょう~。
モイセの初代ママの話は、前にブログに書きました。

麻浦の元祖チョバッチッで新大久保のモイセのママを想う
↑↑↑モイセの初代ママの思い出話の記事はココ

あの初代ママの時代から、店の様子は少し変わりましたが、
この店には思い出が多すぎる。隣人だったキムさんの仲間の、
韓国人の夜逃げ前夜パーティーも、ここの店。
(屋号は同じですが、経営者は2代目の方に変わっています)

P1080132.jpg

私は生まれて初めて、夜逃げする人に会いましたが、
夜逃げのお別れ会も、人生で初。逃げるパク姉さんのご主人は、ひも亭主。
韓国人の奥さんを働かせて、遊んで暮らしている日本人のご主人です。
キムさんは、心底怒っていました。私は「ひも」と、呼ばれる男性にも、
生まれて初めて会いました。キムさんは、お金を払っても出来ない経験と、
東京で生きる様々な韓国人の存在を、教えてくれた人です。

新大久保の人探しビジネス あなたは通報できますか?
↑↑↑
パク姉さんの夜逃げの話の記事はココ

キムさんは新宿のウチの隣りに、たまたま引っ越してきた隣人
普通の主婦の私と、普通の会社員のつれあいが会ってしまった運命の韓国人。
私たちの韓国への扉を開けてしまった、忘れたくても忘れられない人です。

P1080139.jpg

隣人だったキムさんと、モイセの初代ママを思い出していたら
テジカルビが焼けました。皿の肉は2人前です。

韓国人は注文した肉を、全部一度に網やロースターに並べる傾向がありますが、
私たちは「食べる分だけ焼くように!」と、躾けられています。
この肉の焼き方のせめぎあいが、韓国の人と食事をすると、面白いです。
食べる分だけ少しずつ焼いて、いい焼き加減で熱々の肉を食べたい日本人。
皿いっぱいの肉を網いっぱい!ところ狭しとガンガン焼いて、休みなく
食べる韓国人。肉は焦げないように、網の縁に丸く並べるのが鉄則ですね。

写真の2人前のテジカルビは、この日4回に分けて焼きました。
気心しれた友人と、肉の焼き加減を見ながら、ゆっくり食べるほうが
私は好きです。焼けた肉を、ポイポイとトングで皿に入れてくれるのは、
助かりますが、どうも落ち着きません。やっぱり自分のペースで、焼肉は食べたい。

P1080140.jpg

やっぱりモイセの、テジカルビは美味しい~。韓国の味です。
でも何かが違う。野菜の味が違います。野菜は日本の味。
ケンニップは韓国から入ってきていますが、葉が固くて香りが弱い。
青唐辛子も変に辛い。青唐辛子の辛さの中の甘さが、物足らない。

日本でもケンニップ、つまりエゴマの葉は栽培しています。
日本国産のエゴマの葉をスーパーで見つけて、早速買って食べましたが、
韓国のケンニップとは、味も香りも違いました。

韓国のケンニップは、韓国広場で一袋300円でしたが、少し安くなって
270円になっていました。テジカルビに、ケンニップは欠かせません。
日本でも美味しい、ケンニップの栽培が出来ないかと願います。

P1080133.jpg

ニンニクも味が違いますね。1年あまり韓国産のにんにくを食べていたので
その違いが、よくわかります。中国産のニンニクは辛いです。
香りも違います。やはりここは日本の韓国料理です。う~んシカタガナイ。

P1080135.jpg

テジカルビの楽しみは、大きな骨回りの肉を、かじることです。
骨の肉にはハサミで、骨に対して縦に、チョキチョキ切れ目を入れます。
これ大事ですよ~!キムさんが、教えてくれました。
「ハモニカ ニスル!」ハーモニカにする!と、彼女は言っていました。
アクセントは「ハ」を強く読んでください。「ハッモニカ ニスル!」です。

P1080143.jpg

焼けると、こんな感じ。切れ目が入っているので、骨から肉が離れやすく、
キレイにいただけます。持ち方は写真を参考にしてください。
ナプキン(この店はティッシュ)で、骨の端を挟むように持ちます。
そしてハーモニカを吹くように口に運べば、美しく骨の肉を
むさぼり喰うことが出来ますね。キムさんに繰り返し、指導されました。

骨回りの肉が1番美味しいです。この日も隣りの日本人のグループに
「骨回りの肉の食べ方が、なっとらん!」と、お節介しようかと
思いましたが、ここは日本なので我慢しました。

P1080137.jpg

よせばいいのに友人Tが、生マッコリを飲みたがります。
ああ~よせばいいのに♪そんな歌詞のムード歌謡があったな・・・。



あった!これだ~。

P1080130.jpg

夕方早めに行ったので、店はこの通り。しかし帰るころは満席。
そして外には、長い人の行列ができていました。やっぱりモイセは、
新大久保で変わらずの人気店です。そしてテジカルビは美味しい。

この日、店のオモニはソウルに帰って、会えませんでした。
息子は、体の具合が悪いらしくお休みで残念。
吉林省から来た、朝鮮族のお兄さんと、
ソウルの九老から来たお姉さんが、親切でしたね。
モイセで、また新しい何かが始まる予感が・・・^^

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村


モイセ
東京都新宿区大久保1-15-11
TEL03-3205-2373


関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.09.21Tue 23:55 ≫ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.09.22Wed 12:04 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL