ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP2015年12月 日韓航空旅客拡大FAMツアー ≫ 釜山のブラブラ歩き~お手製オムクコロッケとお出汁ジュワ~のユブボッタリを食べます!!

釜山のブラブラ歩き~お手製オムクコロッケとお出汁ジュワ~のユブボッタリを食べます!!

釜山に到着し、釜山タワーから市街地と港を眺めたあとは、
歩ける距離ですが、龍頭山公園の南サイドへ、ラクラクバス移動~。

ここで時間を決めての自由行動、解散となり、ツアーメンバーは、
それぞれに行きたい場所を目指して3班に分かれました。



さてさて、ロッテ百貨店、ジャガルチ市場、BIFF広場、国際市場、
富平市場へと、どこへ歩いて行くにもご近所、どこへ行きましょうか~。

私は、少々強引に連れ回した感もある(すみません)しゃかしゃかさんと、
地元、釜山出身で、大学も釜山、青春をこの港町で過ごした、心強い味方、
金浦空港にお勤めの才媛、文さんと3人で歩き出しました。

P1200974.jpg

乾き物の匂い、これが釜山の匂いですね~。う~ん港町釜山の匂いです。
写真を整理しながら、すぐにでもまた釜山に飛びたくなりました。
福岡在住の方が、うらやましいです。福岡から釜山までは、日帰りだって可能です。

P1200975.jpg

実は、釜山に入る前から文さんに、釜山ではサムジンオムクを食べたいと、
さり気なく(?)私はお願いをしておきました。釜山駅と西面のロッテ百貨店に、
サムジンオムクが入っていることは知っていましたが、
南浦洞周辺にも、店舗、あるいは食べられる場所が無いかと気になっていました。

文さんは、私の願いを覚えてくれていて、検索して探してみたそうですが、
この周辺で、大人気のサムジンオムクが食べられる店舗は無いと、
残念そうに言います。それなら仕方が無いと、以前、オルネリョ!さんと、
店の前を通りがかって気になっていた、類似店へとやってきました~。

P1200977.jpg
店名:이화동 수제어묵고로케[イファドン 手製オムク(魚の練り物)コロッケ]

お手製オムクコロッケの店 イファドンに到着。

ちなみに「サムジンオムク」で知られる元祖(たぶん)オムクコロッケが有名な
「サムジン食品」とは、1953年、日本でかまぼこの製造技術を学んだ
創業者のパク・ジェドク氏が、影島(ヨンド)の蓬萊市場[ポンネシジャン]で
オムクの製造・販売を始めた釜山の老舗のメーカー。

廉価な魚の練物、オムクが出回る中、サムジン食品では魚肉の比率は7割以上を、
頑なに守り、現在、創業の場所で3代目が店の暖簾を守っています。

釜山のおでん、韓国的な言い方、オムクの味を広く知ってもらおうと、
西面のロッテ百貨店、釜山駅構内と展開。そしてお客さん自身が
選んだものを精算するベーカリースタイルでオムクを提供したことも、
昨今の話題となり、大ヒットの要因とつながったようです。

日本と同様、練物には、いろいろな種類がありますが、
中でも、オムクコロッケが大人気と聞いています。

前回の釜山旅行でも、食べ損ね、今回こそはと気合が入っていましたが・・・

P1200984.jpg

まあ~仕方がありません。こちらも手作りの揚げたてです。

P1200983.jpg

ジュワジュワとキツネ色に揚がっています。いいね~いいね~練物大好きです。

P1200981.jpg

オムクコロッケ、具材が違うのか、どうか分かりませんでしたが、
種類がいろいろあり、いろいろ食べたいのですが、この散策のあとは昼食。

P1200982.jpg

ここはエビ、セウ(새우)を1つ選びました。

P1200978.jpg

1個がかなり大きく、3人で分けて食べました。これが美味しい~。

サムジンオムクの味を知っている文さんの口には、本家の方が美味しいと、
分家?類似の店でも、これだけの美味しさ。やはり次回は、サムジンで食べたいです。

P1200989.jpg

そして釜山に来たら、もう1つ食べたい釜山名物があります。
漠然としか店の場所は覚えていませんが、私たちは、
富平(プピョン)市場、通称、カントン市場へ歩き出しました。

P1200990.jpg

やはり釜山出身の女性、文さんと一緒に歩くのは楽しいです。
彼女が学校の帰り、映画を見て、食事をしたという、学生に人気の店も、
歩きながら、いろいろと教えてくれました。その店は次回紹介します。

P1200993.jpg

釜山の露天を見ながら、写真を撮りながら、あの店を探します。

P1200991.jpg

これはゆず茶かと思いましたが、生姜ですね~。

P1200992.jpg

韓国の生姜は、日本の生姜と少し風味が違います。

P1200994.jpg

行けば分かるだろうと甘く考えていました。なかなか店がみつかりません。
同行させてしまった、しゃかしゃかさんには申し訳なくて・・・

P1200995-1.jpg

いやいや反省です。いつもオルネリョ!さんに、あっち行きたい
いやこっち行きたいとナビゲードさせ、あげく、まだ着かないのか?
お腹が減った、疲れたと、勝手なことを言っているツケが回ってきたようです。

P1200997.jpg

文さんも、スマホからだけの情報に頼らず、あちこちで道を聞きますが、
上げれだの下がれだのと言われ、富平市場、通称、カントン市場の中、
グルグルと歩き回りました。本当にその節は、すみませんでした。

P1210012.jpg

以前、オルネリョ!さんと訪ねたときと、店構えの印象が変わっていました。
右が“ソムンナン(噂の)粉食[소문난 분식]”、そして左が“ホリム粉食[호림분식]”です。

P1210010.jpg

繁盛したのかな~?以前来た時は、こんなに店舗が広かった印象は無く、
店の前を行ったり来たり、いやここです。この店だと思います。

記憶が曖昧のまま、右の店、
元祖50年 ピビムタンミョン専門店の「噂」の方、ソムンナンに入りました。

P1210008_2016010416342398b.jpg

立ち上る湯気、いやいや美味しそう~。明日でもまた釜山へ行きたい・・・。

P1210009_20160104163424875.jpg

私が食べたかったのは、釜山のユブボッタリ[유부보따리]。
ユブ=油揚げ、ボッタリ=包むこと です。
たぶんソウルには無い、釜山の味。

P1210001.jpg

1人前3個入りで3000ウォンです。

P1210002.jpg

おばちゃん、出汁の効いた汁もたっぷり入れて~な~。

P1210003.jpg

ク~探しましたよ~これが食べたかったのです。

P1210005.jpg

お揚げさんの中には、タンミョン[唐麵(日本で言う春雨)]と野菜がたっぷり。
それが出汁を吸って、寒い冬の季節にはたまらない屋台グルメ。
やっぱり釜山のおでん、オムクにユブボッタリは旨い!!

P1210007.jpg

座ったカウンター、顔を上げると、キンパプが私を見ています。
これも食べたい。しかしこのあとは昼食。ガマンガマンの、にらめっこに。

P1210014.jpg

国際市場と並ぶ富平(プピョン)市場を、カントン市場とも言います。

「カントン」とは「缶詰の缶」のこと。朝鮮戦争以後、アメリカ軍が進駐し、
軍用物資とともに密輸された商品が並び、主に横流しされた缶詰製品が、
ここで多く売買されたことから、
「カントン市場:깡통시장[カントンシジャン(缶市場)]」とも呼ばれるそうです。

P1200996.jpg

これこれこの風景。映画「チルソクの夏(칠석의 여름)」を思い出します。
山口県下関市と韓国の釜山が舞台の青春映画「チルソク(七夕)の夏」。
ブレイクする前の上野樹里の演技が瑞々しくて、また観てみようかな~。

P1210013_201601041636536fe.jpg

日本と韓国の心理的、政治的距離が遠かった時代、
お隣りにもかかわらず、韓国に人々が関心が薄かった時代に、
下関の女子高校生と、釜山の男子高校生の淡い恋心を描いた映画。

釜山といえば、昨年大ヒットした映画も思い出しますが、
釜山が舞台となると、私には「チング 友へ」と「チルソクの夏」だな・・・

そう考えながら国際市場へ向かいます。


一緒に歩いたしゃかしゃかさんのブログに詳しい地図があります。
すみません・・・しゃかしゃかさん。場所の詳細は投げます(^_^;)


【釜山での自由行動】日韓航空旅客拡大FAMツアー⑥2015/12/6
【市場をさまよう…お店がない!】日韓航空旅客拡大FAMツアー⑦2015/12/6
【またもやコップニネ】日韓航空旅客拡大FAMツアー⑧2015/12/6


〈 取材協力:日本空港ビルデング(株) ♡ 韓国空港公社


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング参加しています。クリックよろしくです^^




関連記事

Comment

楽しかったです!
いや~、そんな連れ回しただなんて、とんでもございません。
最高に楽しい散策でした。
自分の足で歩いたお陰で、国際市場とカントン市場とBIFF広場の
位置関係がはっきりしました。
前から一度行ってみたかったカントン市場に行けて大満足でしたよ。
釜山のオムクは、やはり最高です。
ユブボッタリもまた食べてみたいな~
私も今すぐにでも釜山に飛びた~い!
2016.01.04Mon 22:11 ≫ 編集
Re: しゃかしゃかさんへ
しゃかしゃかさんへ
その節はありがとうございました。
ユボッタリ美味しかったですね~~~。
そして次回、釜山に行くことがあれば、
ピビンタンミョンも食してみたいです。
そしてあの文さんの青春食堂にも行ってみたいし・・・
釜山、本気でまた行きたくなりました^^
2016.01.07Thu 08:22 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL