ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP韓国ドラマ ≫ 2016年一発目の推薦韓ドラ♪ tvN開局10周年特別企画ドラマ “시그널[シグナル]”

2016年一発目の推薦韓ドラ♪ tvN開局10周年特別企画ドラマ “시그널[シグナル]”

TEXT BY オルラッタネリョッタ!




AC7MDCU5YIIHIKBT2YUC.jpg
※キャッチコピー=我らの時間は繋がっている。


ヒットドラマ“応答せよ1988”の後続番組として、先月22日よりスタートした
ケーブルテレビtvN開局10周年特別企画ドラマ“시그널[シグナル]”のご紹介が
今回のネタです。


当ブログでもちょこちょこ登場する女優の김혜수(金惠秀[キム・ヘス])が、
ケーブルドラマ初出演&1回あたりの出演ギャラが5千万ウォン以上
(tvN過去最高額)ということで昨年から話題となっていた点。

Baidu IME_2016-2-6_10-13-3

そして監督さんが、ドラマ“未生[ミセン]”を演出したキム・ウォンソク(写真右)だというのも
かなりの期待感を持たせてくれます。



※局がUPした台本読み合わせ現場の映像


現在5話まで鑑賞させていただいておりますが、僕が5話まで見続けているってことは
このドラマ、かなりドキドキで面白いってことです。まるで映画を見ている感覚になります。

どんなドラマかと聞かれれば、“ファンタジー的な推理劇?”とでも言いましょうか?

ざっくりとした内容は・・・
近年、多くの重大事件が未解決のまま時効を迎える事案が増加。
そこで、警察に向けられた厳しい世論の目をそらすべく、
ソウル地方警察庁で“未解決事件専門チーム”が設置されることに。
そこへ配属されたのが車秀賢(チャ・スヒョン[キム・ヘス扮])刑事と
プロファイリング(犯罪心理学)専門家の朴海英(パク・ヘヨン[イ・ジェフン扮])。

201512251330472410_186593.jpg
※忘れられないことが・・・一番つらいの

Baidu IME_2016-2-6_19-31-56

201512251549552410_1.jpg
※俺が事件を解決してみせます。必ず。

Baidu IME_2016-2-6_19-33-6
※이제훈 (李帝勳[イ・ジェフン])の関連記事はコチラ!
ドラマ“未生[ミセン]”では、チャン・グレ役のオファーを断ったそうです。
その時の不義理のせいで、今回は喜んでの出演快諾だったとのこと。


彼らが挑んだ最初の未解決事件とは、
時効を間近に控えた“小学生女児誘拐殺人事件”。
当然のことながら、捜査は難航を極めるが、
あることをきっかけにプロファイラーの朴海英は
署内で証拠品として保管された無線機で、
同じく刑事の李在韓(イ・ジェハン[チョ・ジヌン扮])と通信するようになる。

view_img284537.png
※あきらめないでください。過去は塗り替えることができます。

Baidu IME_2016-2-6_19-32-24
※僕、この조진웅(趙震雄[チョ・ジヌン])というイマイケイケの俳優さん、
このドラマで完全に惚れました。この存在感、すごすぎ・・・
因みに名前は芸名で、男らしい名前が好きで、父親から名前をレンタルしているそう。


そして、この謎の刑事の協力のおかげで、なんと事件は解決してしまうのだが、
その後、朴海英は無線通信の相手が何と2000年、
行方不明のまま警察を退職扱いとなった刑事だったことが判明。
つまり朴海英は時空間を超えて同じ事件を扱う担当刑事と
無線通信をやり取りしていたことに気づき、愕然とする。

Baidu IME_2016-2-6_19-33-56


その後、この事件解決を契機に、
国会で死刑に相当する重大殺人事件等に限って公訴時効を廃止する法案が成立。
“未解決事件専門チーム”は時効の過ぎた事件も扱うことになるのだが・・・

シグナル1a


役人独特の“事なかれ主義”の警察上層部とキム・ヘス&イ・ジェフンの対立、
今後、どんな事件を扱い、どのように解決していくのか?
何よりも謎に包まれた、いわゆる“過去の刑事”は今現在どこに?
仮に死んでいるのなら、なぜ死ななければならなかったのか?
彼の失踪に見え隠れする警察内部の陰謀とは?
気になりどころが盛り沢山なドラマであることは間違いないです。

加えて、“現在の刑事”と“過去の刑事”が共に事件解決のために
無線機を通して、協力し合うという奇想天外なストーリーですが、
“過去の刑事”が持つ事件解決に対する真摯さ&執念が生み出した
ファンタジーだと思えば、この設定も素直に受け入れ可能だと思います。

オンラインニュースによれば、
台本は4話OA時点で全16話全てが完成しており、
現在、脚本家が修正作業に入っているらしく、
収録も10話まで済ましているとのことで、
丁寧にドラマが作られていることは、見ていてもよくわかる程です。

またドラマで扱われる事件は韓国で起きた
実際の事件・事故をモチーフにしていることは、
僕でも分かりましたです。


○1話~2話の小学生女児誘拐殺人事件=
1990年発生の“郭在恩[クァク・ジェウン]嬢誘拐殺人事件”

Baidu IME_2016-2-6_17-58-34
※1990年7月4日の東亜日報
タイトル=“郭在恩[クァク・ジェウン]嬢 誘拐殺人事件”は防ぐことができた
写真中央は現場検証で犯行を再現させらている犯人

ソウル松坡區芳荑洞[パンイドン]のオリンピックアパートで
小学生の女児が営利目的で誘拐され、その後遺体で発見された事件。
犯人が22歳の女性だったことで、当時かなりのインパクトがあった模様。
事件の1ヶ月前にこの女は誘拐未遂事件を起こしており、
警察の捜査怠慢を各紙一斉に批判しています。


○2話~4話の女性連続殺人事件=華城[ファソン]連続殺人事件

8802c4f6623f381f0dbe087c5aae65b0.jpg

1986年~1991年に発生した9人もの女性が殺害され、
映画「殺人の追憶」のモチーフにもなった未解決事件。
両手足を後ろにストッキングで縛られるという独特な犯行手法が印象的ですが、
このドラマでは、見事に解決して見せました。


○5話~の連続強盗事件&橋の崩壊事故

50354104.jpg

韓国で有名な強盗犯の趙世衡[チョ・セヒョン]がモチーフだと思います。
70年代末から80年代初まで、金持ちの家だけを狙って金品を盗み、
恵まれない人に分け与えた犯罪者。別名は“大盗[テド]”。
2000年には日本でも強盗事件を起こし、日本の監獄でも臭い飯を食った過去も。
2004年、韓国に帰国し、その後もちょくちょく窃盗事件を起こしているらしい。

slide_375094_4381168_free.jpg

1994年発生した“聖水大橋崩壞事件”。発生当時、通勤・通学時間帯だったため、
多くの学生が亡くなった記憶に残る大事故でした。


IMG_2846[1]

視聴率も5話終了時点でケーブルにしては好調な数字で、
特定のお客さんの心を掴んでいる感じ。


日本でのOAを是非ともご期待下さい!



おまけ

Baidu IME_2016-2-6_22-59-18

女児誘拐殺人事件の犯人役で出演(1~2話のみ)した女優さん(オ・ヨナ[오연아])、
ものすごくインパクトがありました。
取り調べの時にキム・ヘスへ笑いながら囁いたセリフ…

아직 못 찾은거구나~확실한 증거...
あじん もっ ちゃじゅんごぐな~ ふぁくしらん ちゅんご
まだ見つけていないんだ~、確実な証拠

鳥肌もの&迫真の演技でした~。





ドラマOSTの第一弾。Busker Buskerのメンバー、チャン・ボムジュンが歌う
“회상(回想)”も良か塩梅。NAVER MUSICで6位(2/6現在)にランクイン中。



にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
   にほんブログ村

ブログランキング参加しています。「テ~バク(대박)」にクリックして応援してね^^




関連記事

Comment

最近のドラマはケーブルに限りますな。なんて言いたくなるくらいおもしろいですよね、ケーブルドラマ。
チョ・ジヌンは「過去を問わないで」でなさけないみかけだおしのガードマン役?で初めてみました。とても愛らしくてこの時からなんか気になって好きな役者さんです。このあとは男気ある役がほとんどみたいですから愛らしいがピンとこないとおもいますが(^_^;)
映画「ベテラン」といい実際にあった事件を元に上手に作品にしているのが近頃の流行なんでしょうか?あまり外れはないようです。
2016.02.06Sat 22:33 ≫ 編集
ジヌン氏~!!! オルネリョ!さんがジヌン氏への愛に目覚めてくださって(?)数年前からのファンである私は嬉しいです。現在、痩せMAXじゃないでしょうか~? ムヒュル@根の深い木、の時でさえ、こんなに頬骨がこけてはいなかったような。。。「ぽっちゃり」は封印でしょうか?(もう1回ぐらい見たい、でも体に悪そうだからあまり太って欲しくないような気も。)
いとっぺさん、そうです、ジヌン氏の愛らしさって特別ですよねー、、、私が見た作品は殆ど「情けない」系だったような、、、マヌケだったり、すぐ死んじゃったり。「また死ぬのかな」と思ってると確実にお亡くなりに。一昨年の「太陽がいっぱい」だったかな?アレはひどかった。(話そのものが。)
それが、あのオルネリョ!さんをして「存在感すごすぎ」と言わしめる人になるとは!
キム・ヘスお姐さまの隣でポスターにおさまる俳優になるとは!
(ホ・ジュノさんの新作がないので、ジヌン氏にover肩入れ)
あと2週間ぐらいしたら(たぶん)ヒマになるので、私もこの番組を漢字字幕で見てみよう!
ご紹介ありがとうございました~
一昨年、済州島へ行った時、お土産やさんで「誰のファンですか?」と聞かれ「チョ・ジヌン」と答えたら、お姉さんに「えっ、なぜ?」と聞かれた私でした。
(最近のジヌン氏に匹敵する方といえば、イ・ソンミンさんでしょうかね。未生にも出てる。)
2016.02.07Sun 00:36 ≫ 編集
Re: いとっぺ さま
いとっぺ さま

NAVERでそのドラマ調べても、彼の名前出てこないし、
イ・ジヌンのNAVERプロフィールでもそのドラマ名は出てきません。
ということは、主役、準主役とかでなく、端役だったのですか?
そんな時から、注目していたとは、アッパレ。

このドラマの彼は、武術にたけ、チョットおバカさんだけど
正義感だけは人一倍で、融通性はZERO。
言葉よりも行動だけでしか自分を表現できない
交番勤務あがりの刑事役。

大げさかもしれませんが、
昔、ソン・ガンホを映画で見たときの感覚に近いかもです。
その役の人に完全になりきっちゃって、
見てるこちらが、演技がウマイ&ヘタとか
そんなことを一切考えさせない水準とでもいいましょうか。

応答せよシリーズから始まる「80年&90年代復古主義」の一端では?
消費にお金を使う40代~50代の世代に、この時代のネタが受けているからこそ、
スポンサーも番組にお金出すのだと思います。





2016.02.07Sun 19:10 ≫ 編集
Re: Svetlana さま
Svetlana さま

僕の中でのジヌン氏は「無骨な男」と記憶されることでしょう。

韓国人を相手にマニアックな名前を出しても
ただの変わり者としか見てもらえませんから、
今度は無難な名前(チャン・ドンゴンとか)を口にした方がヨカです。

イ・ソンミンは、時代劇じゃなくて、早く現代劇に戻ってきて欲しいです。
2016.02.07Sun 19:30 ≫ 編集
To オルラッタネリョッタ!さん
> 僕の中でのジヌン氏は「無骨な男」と記憶されることでしょう。

男性の目には「無骨」に映るらしいですね。どんな役をやっても、女性には「どこかカワイイ」と見える。(友達もそう言ってます。)「シグナル」を見るのが、ますます楽しみです。

> 韓国人を相手にマニアックな名前を出しても
> ただの変わり者としか見てもらえませんから、
> 今度は無難な名前(チャン・ドンゴンとか)を口にした方がヨカです。

このアドバイスをいただいてからずっと、今度そんな機会があったら、何て言おうかと考えています。チャン・ドンゴンなんて、美男子すぎてちょっと、、、

「誰のファン?」と韓国の人に聞かれて、、、

「ホ・ジュノ」と答えた時は「彼が何歳か知ってるのか?」と驚かれ(しかし、そう言った人とジュノさんは同い年だった=1964年生まれ)、

「キム・ビョンセ」と答えたら(その時見ていたドラマ「맏이 」の彼がすごく良かったから、最初の10話ぐらいは本当に面白かった)、「彼はまだ独身ですよ!」と言われました~

一度、「ハ・ジョンウ」と言ったことがあって(たまたま彼の名前が浮かんだから)、そうしたら、化粧品売り場のお姉さんが「×××という映画が公開になるから、来月の○日に△△△へ行けば本人に会えますよ!」と教えてくれてビックリしました。


2016.02.11Thu 11:28 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL