ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP東京散歩・東京近郊の旅 ≫ 東京荻窪 クレープとガレットの専門店「コム デ ジュルノー」で休日ランチ♪

東京荻窪 クレープとガレットの専門店「コム デ ジュルノー」で休日ランチ♪

今年2016年の目標・・・

というほど大袈裟ではありませんが、それは偏見なく食べること。

外食歴も、半世紀近くになってくると、だいたいこんなものだろう・・・なんて
思い込みが激しくなってくることは、周囲のお年寄りを見て感じます。

また、冷凍食品、インスタント食品、レトルト食品、コンビニ弁当を食べない、
頑固なお年寄りは多いです。私も食べませんが、最近、忙しさのあまり口にすると、
これが企業努力のせいか、とても美味しく進化してます。

わが家では、今年、電子レンジを買いました。電子レンジを使うのは、
20年以上ぶりかな?これまた電子レンジの進化にも驚いています。

人間も進化しないとね。新大久保の不人気となった韓国料理屋も、
バブルが弾けて淘汰され、料理作りの原点に立ち戻ってくれたかな?
今年は、新大久保界隈にも、ちょくちょく足を運ぼうかとも思っています。



友人A子に誘われ、彼女の地元を一緒に散歩しました。
中央線沿線、久しぶりです。直線距離的には、わが家から遠くはありませんが、
杉並区まで、まさか自転車で行くほどの元気はなく、最近は足が遠のいていました。

荻窪を歩いて、つくづく私は私鉄沿線より、こちら中央線沿線界隈の方が、
水が合うと感じます。高円寺、荻窪、吉祥寺と、このあたりの空気が心地よいです。

P1230660.jpg

A子に、ガレット&シードルの食事をしようと誘われ、嬉しかったです。
そんな洒落た料理を食べようなんて誘ってくれる友人が居てくれて頼もしい。

P1230662.jpg

コム デ ジュルノーは、荻窪、ことぶき通り商店街にあるクレープとガレットの専門店。

P1230661.jpg

かつてフレンチ料理のシェフだったご主人が目指すには、
フランス・ブルターニュ地方の本格的クレープ。そして店で出すガレットは、
生地に小麦粉でなく蕎麦粉を使い、和の素材と組み合わせ、アレンジも自由。

P1230666.jpg

りんごのお酒、シードルを飲むのも久しぶり。今年は偏見なく、お酒も飲みましょう。

P1230677.jpg

A子とも長いつきあいになってきました。

私たちが韓国生活当時、味噌やお茶を持って遊びに来てくれた
友人の1人。一緒にソウルから全州に行き、浴びるほどマッコリを飲んだ仲。

私は彼女から「ソウルナビ」の存在を聞き、初めて旅行サイトなるものを知りました。
それまで、ネットで検索して旅行をする発想がゼロでしたから。

私も少しは進化したかな?

P1230669.jpg

本日のオードブルから、お肉3種。

P1230668.jpg

そして魚介3種。これを2人で取り合い、シードルをグビグビ。
シードルだけでは足りず、そのあと洋梨のお酒もいただきました。

P1230671.jpg

そして本日のガレットからこちらはB。
豚バラ肉、りんごのソテーとサラダ カマンベール

P1230674.jpg

こちらはD。
ナポリサラミと山うど、新ごぼう、モッツァレラチーズ、
マスカルポーネと焼きナスのムース添え

P1230676-1.jpg

A子は、アイルランドへの留学があり、長いこと欧州をうろついていたので、
横文字の料理には詳しいですが・・・
一方私は、ガレットなんて食べ慣れない料理なので、こういうものかと物珍しく、
そして意外にもクリームのせいか、お腹は膨れます。

クレープも食べようとA子が言うので、いただくことにしました。

P1230678.jpg

洋梨のサバイヨンと黒胡椒のソルベ

クレープも、これまた久しぶり。東京に上京した当時、
原宿で食べたのが最後ですから、もう何十年ぶり?

料理として食べると美味しいです。原宿の味とは違います。

P1230681.jpg

エスプレッソコーヒーでシメました。

P1230682.jpg

今年2016年の目標・・・

というほど大袈裟なものではありませんが、偏見なく食べ、
そして韓国以外のいろいろな場所や国へも出かけてみよう~。

そんなこと思いました。


☆コムデジュルノー (comme des journaux)
住所:東京都杉並区天沼3-30-2 1F
TEL:03-5397-8398



にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします




関連記事

Comment

素敵なお店でしたね
量を食べられなくなったのもあり目でみて楽しいお食事はなんかワクワクするものがあります
わたしも横文字はサッパリ
偏見についてはよく考えます。特にわたしの仕事というのは変化に富んでいて、子供の変化の喜びとはまた違った人生最後のその人の持つ力というのは驚くばかり。
偏見は通じません。なのに実際は偏見に縛られてるなぁと反省しきり。

今年も色んなことをお互いしましょうね(・Д・)ノ
2016.02.13Sat 15:31 ≫ 編集
レイアウトが変わった~!
いらっしゃいませ!

この辺りは、東京の別宅(=妹の家)に滞在中の私の「庭」でございます~。(昨年オフ会でお会いした時も、ここに。)

但し、朝早く&夜遅く、しか歩いていないので、このガレット屋さんは気になってはいましたが、入ったことはなかった。というより、立ち食いのクレープかと思っていました!今度、絶対、ガレットをいただいてみよう。

他にも、ちょっとしたビストロやカフェなど、沢山ありますよ!荻窪駅は反対側も充実しています。
今度ご一緒しません? なぁんて、、、

ところで、レイアウトを新しくなさいましたね、おめでとうございます。
記事の一覧がとても便利です。

オルネリョ!さんがチョ・ジヌン氏(私がホ・ジュノさんと共に愛してやまない方)のことを次々と書いてくださるので、嬉しすぎて目が回りそうな、
Svetlanaより。
2016.02.14Sun 11:02 ≫ 編集
Re: いとっぺさんへ
いとっぺさんへ
今度、年寄りについての考察談義でもしますか(^_^;)
私は、子供の頃、祖母(血縁関係なし)と同居しておりましたので、
ある程度の免疫はありますが・・・核家族だった亭主は、
いろいろ戸惑うことが多いようです。
年を取ると、経験が豊富なだけに、思い込みで判断することが多くなり、
自分も、そろそろそういう域に近くなったかもと、反省しきり。
未知なるものは、もちろん、過去、不味かった料理も、
あらためて食べてみようかと思っております。
最近、初めて天ぷら蕎麦が美味しいと思ったように、
嗜好も変わりますしね^^
2016.02.15Mon 08:27 ≫ 編集
Re: Svetlanaさんへ
Svetlana さんへ
昔、吉祥寺に5年ほど暮らしていたので、
荻窪も知らない街でもなかったのですが、変わりましたね!
前のおっしゃっていた猿島に行きたいです。春に行きましょう^^
テンプレートも、知らない間に、どんどん新作が出ていました。
こちらも進化しています。まるで違うブログみたいです。
2016.02.15Mon 08:32 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL