ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP2016年1月 やっぱり良かったハワイの旅♪ ≫ Hawaii ♥ ハワイの旅の3日目はチャイナタウンの小さな店で皮蛋瘦肉粥と牛筋腩汤粉の朝食からスタート!

Hawaii ♥ ハワイの旅の3日目はチャイナタウンの小さな店で皮蛋瘦肉粥と牛筋腩汤粉の朝食からスタート!

ここから1月ハワイの旅は3日目に入ります。



この日の朝ごはんは、中国式のお粥が食べたいと旅友さんが言い出し、
店はすでに決まっている様子、前日、チャイナタウンを歩いた時間、
ランチタイムに、地元のお客さんで混雑していた「林記粥粉麵 (Lam's Kitchen)」に入ります。

私は、店の入口に出ていた看板メニューらしき、牛筋の煮込みが乗った米麺すなわち「粉」、
牛筋腩汤粉(広東語:ノウガンナムト~ンファン)にしました。
中国野菜、カイランも乗って、ハワイに居ながら、香港の朝ごはんみたいです。

P1220169.jpg

ハワイの朝、耳に入って来るのは広東語。異国で迎えた朝という気分でいっぱいになります。

店は、マウナケア・ストリートと、ノース・ベレターニア・ストリートの角で、
チャイナタウン・カルチュラル・プラザ側に位置しています。

P1220165.jpg

ハワイで外食に飽きるということがありません。和食から中華、タイ・ベトナム料理と、
その選択肢が多く、また移民を多く受け入れてきた歴史があるので、どれも美味しいです。

P1220166.jpg

小さい店で、メニューは粉・麺料理とお粥が中心で、値段は$6~7です。
ハワイにおいて、この単品価格はお安いと思います。

ところで、あとから入って来た、常連らしきお客さんが注文した、
腸粉(広東語:チョンファン / 北京語 チャンフォン)が、めちゃくちゃ美味しそうで、
お粥や粉料理にしたのは、失敗したかなと思いました。腸粉とは、
米粉で作る中国式クレープというのか、ふにゃふにゃトロトロした点心です。

P1220167.jpg

お茶はサービス。

お茶の味は、正直に書くと、それほど美味しくはありませんが、
ハワイで飲む烏龍茶は、また格別かもしれません。

P1220171.jpg

スパイス、八角の香りが立つ、この牛すじの煮込みが乗った麺、牛筋腩汤粉が私は好き。

新記の三宿本店でも、今夜は行こうかな。香港麺で有名は東京の店ですが、
私たちオープン時から通っています。香港には気軽に行けませんが世田谷には行けます。

P1220178.jpg

粉が(麺はもっと細い形状)がちょっと柔らかめです。もっと私は固くてもいいいな~。
スープも出汁がちょっと薄いですが、ハワイでこの値段で食べられるのなら上等かも?

P1220175.jpg

旅友さんは、ピータンと鶏肉の粥、皮蛋瘦肉粥(広東語:ペイダーンサウヨッチョッ)です。
量が、とてつもなく多いので2~3人で食べるべきかも?軽くスルスルスル~と、胃袋に入ります。

P1220168.jpg

こちらの店の醤油は、アロハ醤油ではなく、キッコーマン。
そしてチリソースはSRIRACHA HOT CHILI SAUCE。

P1220170-1.jpg

お酢は、やはり黒酢ではなく、近所の、レジェンド・シーフードレストラン同様に、
こちらも赤酢でした。ハワイのチャイナタウンは、赤酢が主流なのでしょうか~?

P1220160.jpg

ご近所の店では、中国のデザート、亀ゼリーも食べられます。

中国人の友人が、生卵を食べる日本人が信じられない、気持ちが悪いと、
さんざん言っていましたが、彼女の口から亀ゼリーが美味しいと聞いたとき、
信じられない、亀をゼリーにして食べるなんて、気持ちが悪いと言った私です。

本当に気持ちが悪くなって、いまだに亀ゼリーは食べることができません(^_^;)



☆林記 粥粉麺 (Lam's Kitchen)
TEL:808-536-6222
Instagram ⇒ 




にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします



クリックお願いします!!




関連記事

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL