ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP2016年1月 やっぱり良かったハワイの旅♪ ≫ Hawaii ♥ 「ハワイ火山国立公園」トーマス・ジャガー博物館の展望台からキラウエア・イキ展望台へ

Hawaii ♥ 「ハワイ火山国立公園」トーマス・ジャガー博物館の展望台からキラウエア・イキ展望台へ

「ハワイのハワイ島に行ってキラウエア火山を自分の目で見てみたい!」

出発間際に、そう思ったのは、2011年3月、ハワイ・キラウエア火山のプウ・オオ火口において、
ここ30年では最大級の噴火が起き、そのニュースを伝える映像が頭に残っていたからです。

摂氏1094度に達する溶岩流の幅は140メートル。1000度以上の熱を持つ溶岩が火柱を立てたあと、
時速9メートルのスピードで流れ、道路や住宅街を分断し、ハワイをジリジリと焼いていました。
想像を超える地球のエネルギーとパワー。まさに地球は生きている。

「すんげ~~~!」

ニュース映像を見て、不謹慎ですが、ヒロミゴーの楽曲「GOLDFINGER '99 」が、頭に被ります。

「あ~~ち~ち~っあ~ち~燃えてるんだろうか~」

野蛮な火山を見て不埒な気分になるだろうか~。そうだ~地球の欲望のサインを見に行こう~。
キラウエア火山にレッツらゴーです。



ハワイ火山国立公園へと到着です。腰も思わずベトつく欲望の権化キラウエア火山見学です。

P1220778.jpg

しかし火口を眺めると、ヨコシマな気持ちは、静かに消え、神聖な気持ちになりました。
ハレマウマウ火口に棲む火の女神ペレの前では、地球の営みに、ただ謙虚になるだけです。

P1220779.jpg

キラウエアは活発な活動を続ける標高1247メートルの火山。
その一帯は、ハワイ火山国立公園(Hawaii Volcanoes National Park)として、
1916年に設立され、1987年にはユネスコの世界遺産に登録されました。

私たちは、トーマス・ジャガー博物館にある展望台から、
噴煙を上げるハレマウマウの火口を見学。その直径約900m深さ80m。

ここに立つ私は無(む)。ふるえるような感動と同時に無の心境になりました。


P1220791.jpg

さて火口の見学ですが、キラウエア火山のハレマウマウ火口を眺望できる場所は、
周辺に幾つかありますが、一番近くで火口を見ることができるのが、ハレマウマウ展望台。
しかし現在、そちらは閉鎖中とのこと。

ハレマウマウ展望台( Halemaumau Crater )から、間近に見える、
火口の底に溜まっているマグマの光が反射して見える
赤く光る火映(かえい)という現象を、一度は見てみたいものです。

実は、ハレマウマウ火口を見学するなら、時間は夜間が断然オススメだそうです。
昼間は白い噴煙しか見られませんが、日が暮れると、闇に光る赤い光を見ることができ、
赤い噴煙が風に流されている様子は神秘的とういう話。

ハワイ島は日帰り訪問ではなく機会があれば、是非是非、泊まりで訪ねたい島です。

公園一帯、見どころが多いですが、山は生きもの。火の女神ペレは気まぐれで、
火山の状況は刻々変わります。個人で動くのであれば、先ずはキラウエア・ビジター・センターを目指し、
そこでトイレ休憩、そして道路やエリアの閉鎖状況など、公園内の最新情報と
女神の顔色を、確認したほうが良いかもしれません。



☆ハワイ火山国立公園(Hawaii Volcanoes National Park)
住所:Hawaii Volcanoes National Park, HI 96718
面積:1,309 km²
TEL:808-985-6000
キラウエア最新噴火情報:http://hvo.wr.usgs.gov/
ハレマウマウ火口のライブ映像:http://hvo.wr.usgs.gov/cams/KIcam/





神聖な気持ちのまま私たちは、ハワイ火山国立公園のトーマス・ジャガー博物館から、
車で約5分のキラウエア・イキ展望台 ( Kilauea Iki Overlook)へと移動しました。

ハワイ語で 「iki」とは「小さい」という意味。
つまり 「Kilauea Iki Crater」とは「キラウエアの小さい火口」です。

P1220801.jpg

キラウエア火山、車で少し移動するだけですが、その姿の変化は面白い。

ここ、キラウエア・イキ展望台からは、プウ・プアイやカルデラ、ハレマウマウ火口、
そしてマウナロアまでもを見渡すことができます。

しかし何といっても、キラウエア・イキ・クレーターが1番の見所ではないでしょうか~。

P1220802.jpg

見える広い運動場のような火口の底、キラウエア・イキ・クレーターですが、
1959年11月14日の大噴火で、溶岩が流れて出来た溶岩湖が冷えて固まったもの。

ところでハワイ語で 「iki」とは「小さい」という意味ですが、ぜんぜん小さくありません。
それだけキラウエア火山一帯が広大過ぎて、私の常識を超える広さということでしょうか。

話は戻り、1959年、噴火の火柱は500mを超える大規模の火山活動だったそうです。
しかし現在では、クレーターの中央部を横切るように歩く、その距離6.4km、所要時間約3時間の
キラウエア・イキ・トレイルが、ハイカーに人気となっているそうです。

たしかに時間があれば、冷えた溶岩の上をのんびりと歩いてみたいです。

P1220798.jpg

オルネリョ!さんの注目は、この看板の注意書き。

P1220804.jpg

ガイドさんに聞くと、ここからドローンを飛ばす不埒な観光客が絶えないということ。
「あ~~ち~ち~っあ~ち~それは太陽がさせたことだよみんな太陽が」
なんて言い訳でもするのでしょうか・・・。

火の女神ペレを怒らせると、大変な災難が身に降りかかるという言い伝えがあり、
ハワイ火山国立公園一帯からは、石や砂など、持ち帰ってはいけないそうです。


☆キラウエア・イキ展望台 ( Kilauea Iki Overlook)
住所:Hawaii Volcanoes National Park, Volcano, Hawaii
※キラウエア・ビジター・センター(Kilauea Visitor Center)から車で約5分
TEL:808-985-6000





にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします





関連記事

Comment

ハワイ
まだハワイ行ったことないんですよ
みんなハマるから自分も行ったら
絶対ハマってしまうと思う
だから行かないようにしてます(笑)
2016.06.20Mon 23:07 ≫ 編集
Re: 豊年満作さんへ
豊年満作さんへ
韓国旅行に慣れ過ぎてしまい、韓国は、
新宿か渋谷に出かける程度の気持ちになっていました(^_^;)
ハワイは、海外旅行の気持ちになります。
ハワイは良いです・・・何しろ景色がきれいです(爆)
2016.06.22Wed 08:38 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL