ワッタカッタ!さんのBLOG

水平視点の韓国ウォッチと大好きな旅行の記録 ときどきぼやきも・・・
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月
TOP未分類 ≫ NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で使われるペン立て♪英国アンティーク「mason's (メイソンズ」

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で使われるペン立て♪英国アンティーク「mason's (メイソンズ」

最近購入してPCの向こう、私のデスクに置いてある、癒しの壺。

P1250048.jpg

常子のデスクのように素敵ではありませんが、少し気分が良くなりました。

えっ?常子って誰ですって?

現在放送中であるNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の「とと姉」こと主人公の「常子」のこと。

http://www.nhk.or.jp/totone-chan/

P1250030.jpg

雑誌「暮しの手帖」を創刊した大橋鎮子さんをモデルとした、NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」。

常子は戦後、銀座に事務所を構え、会社内の雰囲気は昭和の香りがして、とても落ち着きがあり、
朝のドラマの視聴は、会社内のインテリアから小道具と、隅々まで楽しませていただいています。

P1250033.jpg

そんな朝ですが、常子の会社のデスクの上にあるペン立てがとても気になり、とうとう入手しました。

ドラマではペン立てとして使用されていますが、こちらは、
イギリスの名窯である「mason's(メイソンズ)」の茶壷。紅茶の茶葉入れ、キャニスターです。

P1250034.jpg

「mason's(メイソンズ)」は、イギリス・ロンドンで1796年に創業。
創業者のマイルズ・メイソンが陶磁器輸入業をおこし、後に工場を作って製造も開始。

創業者の息子であるチャールズ·ジェームズ·メイソンが、1813年に、
「ironstone china」の特許を取得すると、「mason's(メイソンズ)」の食器は、
美しく硬くて丈夫ということで、高価で壊れやすい中国からの輸入食器に変わり、
日常使う食器として、広くイングランド全体で使用されるようになりました。

しかし1968年、同様にイギリスで硬質陶器を扱うウェッジウッドグループに吸収され、
現在では生産がされておらず、「mason's(メイソンズ)」のバックスタンプがある陶磁器は、
大変希少なもので、陶磁器のコレクターにも人気だとか。

1968年で製造が終わっていますので、この陶磁器も、もしかして50年くらいは経っているかも?

P1250046.jpg

こちらの壺のサイズ、高さが約12cm、幅が約12.5cmあるので、お花を生けても可愛~。
(お花は、我家の仏壇から、撮影のため、ちょこっと借りました^^)

しかし、フラワーベースとして使用する場合は、貫入(時代特有のヒビ)に水が沁みないように、
茶壷の中には細い小さなグラスを入れて使います。

P1250040.jpg

イギリスのトランスファーウェアは、日本の陶磁器ともよく馴染みます。

左の時代物の皿は、1908年の創業の洋食器メーカーである日本硬質陶器、
現在の社名ニッコーの人気シリーズ、ウィローパターンで、ビンテージアンティークになります。

こちらのウィローパターンには、女性が描かれており、
「こりゃ~珍しいわ~」と、思わず購入した2枚のうちの1枚。
イギリスアンティークの「mason's (メイソンズ)」の陶磁器と並べても、異質な感じはしません。
どちらも、描かれる絵のモチーフが中国生まれだからでしょうか。

P1250043.jpg

「mason's(メイソンズ)」の茶壷、キャニスターに描かれる蝶と、そして花は、
梅と、牡丹か芍薬の花ではないでしょうか。朝ドラの中で、このピンクの花の壺を見て、
私は一目惚れしました。

この花と蝶のモチーフのシリーズ名は「Manchu(マンチュ)」というそうです。
「Manchu」とは中国・満州のこと。イギリス人が見た満州とはいかに?

いろいろと想像が膨らむイギリス、英国「mason's(メイソンズ)」の茶壷。
日本の陶磁器、イギリスの陶磁器と、どちらもストーリーがあって、とても楽しいです。



にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


クリックお願いします


長い長いトンネルの中から、そろそろ出て来れそうかな・・・私・・・


関連記事

Comment

ワッタカッタさん、こんにちは。このブログが気に入り、遡って読んでいます。ワッタカッタさんの記事、オルネリョさんの記事、両方好きです。
今度、鶴橋にいく予定なので、食べ物の名前を参考にさせてもらいます。シッケというのを飲んでみたいですね。
今のワッタカッタさんに合うかもしれない詩を贈ります。

希望


夕ぐれはしずかに

おそってくるのに

不幸や悲しみの

事件は

列車や電車の

トンネルのように

とつぜん不意に

自分たちを

闇のなかに放り込んでしまうが

我慢していればよいのだ


一点

小さな銀貨のような光が

みるみるぐんぐん

拡がって迎えにくる筈だ



負けるな

(杉山平一 希望)
2016.08.19Fri 03:00 ≫ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.08.29Mon 11:35 ≫ 編集
Re: コメントくださった方
コメントくださった方


まず僕からコメントさせてください。
僕の今の空気感をわかってくださって、ありがとうございます。
僕はものすごく怒っています。呆れています。
そういう感じなんです。

先日カミさんとは「わかる人はわかるんだね」
そんな会話をしましたです。

2016.09.02Fri 05:43 ≫ 編集

Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL